最近流行りのYoutubeですが、会社員の副業でやれるかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか?

多くの人が日常的に利用している動画配信サービスであるYoutubeですが、もしYoutubeを利用して副業として収入を得られたらいいですよね。

結論を言うと、会社員でもYoutubeで稼ぐことは可能です。

今回は、Youtubeで稼ぐための方法や、実際に始めるための手順再生回数を伸ばすコツを説明します。

Youtubeで副業を始めてみたい人はぜひ参考にしてみてください。

Youtubeでどうやって稼ぐの?広告収入がメイン

そもそもYoutubeで稼ぐ方法には何があるのでしょうか?

  • アドセンス広告
  • スポンサー広告

の2種類が一般的です。

アドセンス広告は自動で貼られる広告!

Youtubeを見始めるときに、動画の開始前や途中に、関係ない広告が流れますよね?それがアドセンス広告です。

これらの広告を張っていることで、Youtubeで動画をあげている人は、広告主からお金がもらえます。

金額にして、1PV=0.1円と言われることが多いです。

基本的には広告を設定しておくだけでいいので簡単ですね。

有名になれば商品紹介などのスポンサー広告も!

また、Youtuberとしてある程度有名になれば、企業から直接広告案件が貰えることもあります。

商品紹介などの動画がこれらの案件に当たります。商品を紹介する動画を1本あげることで、企業から直接広告費を貰えるのです。

案件の金額は、チャンネル登録者数や、動画の再生回数によって変わってきます。

Youtubeの副業はどれくらい稼げるの?PV数次第では月数万円稼げるように!

副業としてやっていく上で、非常に気になるのが「いくら稼げるのか」という点でしょう。

スポンサー広告は案件によってひらきが出やすいので、アドセンス広告のみで一旦考えてみます。

1再生につき、0.1円稼げるのであれば、

  • 1万回再生:10,000 × 0.1 = 1,000円
  • 10万回再生:100,000 × 0.1 = 10,000円
  • 100万回再生:1,000,000 × 0.1 = 100,000円

このようになります。

え、100万回再生とか無理でしょ…

と思うかもしれませんが、1ヶ月のあなたのチャンネル全体で合計100万回再生されればいいのです。

つまり、毎日動画を投稿するとすれば、

1,000,000 ÷ 30 = 約3.3万

ひとつの動画につき約3万回の再生です。少し現実的に思えてきませんか?

Youtubeのいいところは過去の動画は蓄積されていくので、どんどん収入は増えていくという点です。

つまり、継続して動画をあげ続けることが何よりも大切ですね。

Youtubeで動画をアップするための3ステップ

では、実際に動画をYoutubeにアップするための手順を説明します。

  1. 配信する内容を決める
  2. 機材を揃えて動画撮影
  3. 動画を編集してアップロード

まずは、これだけです。

①配信する内容を決める

まずはじめに大切なのが、内容・ジャンルを決めることです。現在のYoutuebで人気なのが、

  • お笑い(エンタメ)
  • メイク
  • 料理
  • DIY
  • 英語などの動画学習
  • 音楽

などでしょうか。

もちろんこれらの人気ジャンルに挑戦するのもありですし、まだみんながやっていないジャンルのYoutubeでの第一人者を狙うのもありです。

また大切なのは、狙うジャンルを決めたら、ブラさずにその動画を作り続けるということでしょう。

②機材を揃えて動画撮影

ジャンルを決めたらまずは動画を撮ってみましょう。

機材に関しては、一眼カメラ、デジタルカメラが用意できればいいですが、iPhoneXなどのカメラが高性能なスマホを持っていればそれでも大丈夫です。

カメラを固定するための三脚は必須なので用意してください。

機材への投資資金がないうちは、機材にこだわりすぎずに撮影してみることの方が大切です。

必要に応じて機材を購入していきましょう。

③動画を編集してアップロード

次に撮影した動画を編集します。

この際にパソコンと動画編集ソフトの2つが必要です。

編集ソフトは、はじめはiMovieやWindowsムービーメーカーなどのフリーソフトでも良いですが、パソコンのスペックはある程度必要です。

動画編集は非常に重い作業なので、CPUがiCore5以上、メモリは8GB以上のパソコンを用意するようにした方がいいでしょう。

 

編集の際に意識するポイントは以下の2点です。

  • 視聴者が見やすいかどうか
  • 視聴者が飽きないかどうか

動画を見やすくするようにテロップを入れたり、飽きないように余分なところは極力カットして短く仕上げましょう。

他の人気なYoutube動画がどのように編集されているか、何を意識しているかなどを研究するのも勉強になります。

あくまで自分目線ではなく、視聴者が見たときにどう思うかを考えながら動画を作成するようにしてくださいね。

動画をアップロードする前に、最後にもう一度最後に見返してチェックする癖をつけるのがおすすめです。

Youtubeで再生回数を伸ばす2つの方法

では、Youtubeで再生回数を伸ばすためにはどのようなことを意識すればいいでしょうか。

ここでは再生回数を伸ばすために必要な2つの方法を紹介します。

  1. 関連動画を増やしてチャンネルのファンになってもらう
  2. SNSを活用し、多くの人にリーチする

まずはこの2つを意識して動画を増やしていきましょう。

1.関連動画を増やして、チャンネルのファンになってもらう

関連動画を増やすこと。つまりチャンネル内の動画のジャンルの統一性を大切にしてください。

たとえば、車の紹介をするのであれば、基本的に全く関係のない動画はあげず、車関連の動画のみに絞りましょう。

そうすると次第にチャンネルにファンがつきます。

車の情報を見たいからあのチャンネルの動画を見よう!

と思ってくれる人が増えれば、それだけ再生回数も伸びますし、チャンネル登録者も増えていきます。

2.SNSを活用し、多くの人にリーチしよう

また、チャンネルを開設したばかりの時は、動画を見てくれる人なんてほとんどいませんし、そもそも検索で上位に上がってくることはないでしょう。

そこでTwitter・instagramなどのSNSを利用してYoutubeへの集客を行うのがおすすめです。

自分の普段使っているアカウントでもいいですし、新しくYoutubeチャンネル用のアカウントを作成しても大丈夫です。

このSNSアカウントで自分のアップロードした動画を紹介することで、Yotubeにいる人だけではなく、より多くの人に動画をリーチさせることが可能になります。

特にチャンネル登録者の少ない初期は、SNSを利用することで、再生回数の伸びが全然変わってくるので、ぜひ合わせて利用してみてください。

顔出しNGでも大丈夫!?副業としてYoutubeをやってて会社にバレたくない!

結論からいうと、顔出しをしなければバレる心配はありません。

もちろん、会社の就業規則に則って副業を行なうのが基本ですが、それでも会社にYoutuebの副業がバレたくない人は多いでしょう。

よく「顔出ししなくちゃ伸びないんじゃないの?」という人がいますが、それは間違いです。

確かに顔出しした方が個性や人間味は出しやすいでしょうが、実際に顔出ししなくても再生回数が伸びている事例はたくさんあります。

例えば、あらゆるものから包丁を作るという不思議なチャンネル「圧倒的不審者の極み!」は、一切顔を出していませんが、

  • 最高動画再生数2500万回
  • チャンネル登録者200万以上

という実績を誇っています。しかも運営者は普通の会社員だそうです。

このように実際に顔出しなしでも、Youtubeの副業で成功している事例はあるので、気にせずにはじめてみてください。

Youtubeを副業にして稼ごう

Youtubeで稼ぐのは、世間で思われているほど簡単ではありません。

ですが、もし自分の好きなコンテンツを動画で発信したいと思うのであれば、それを継続してアップし続けることで副業として稼ぐことは可能です。

しかも現在の日本のトップYoutuberは年収1億円超えとされるほど、夢のある副業でもあります。

副業としてYoutubeをはじめたい!

そう思ったら、まずはチャンネルを開設してみてはいかがでしょうか?