これからライティングを始めてみようと考えているあなた。

いざ書き出してみようと思うと、どうしていいか分からず、なかなか書き出せないという経験がありませんか?

どんな風に記事を書き進めればいいのか
記事によって書き方を色々と変えなくちゃいけないんでしょう?
何を意識して書けばいいの?

ライティングには「ライティングスキル」と呼ばれるものがあるように、良い文書を書くためのコツがあるのです。

今回は、そのコツを3つ初心者の方でもマネできるように、具体的に解説します。

このコツをおさえておくことで以下のメリットがあります。

  • 文章の展開に悩まずに、イライラしなくて済む
  • 評論からインタビューまで、幅広く記事の型を知ることができる
  • ライティングで最も意識すべきことが分かり、文章に自信が持てる

初心者ライターの方は、ぜひ一度ご覧ください!

ライティングの書き方で守るべき3つのコツ

ライティングで守るべきポイントは以下3点。

  1. ターゲット選定
  2. 結果から伝える
  3. より具体的に伝える

それぞれ解説していきます。

ターゲットを選定する

ターゲット選定とは、執筆した記事を誰に向けて書くのかを決めるということです。

この作業が最も重要だといっても過言ではありません。

なぜなら、いい文章とはたった一人に深く刺さるものだからです。

1人に深く刺さる文章は、結果多くの人の共感を得ることができます。

誰に届ける」を明確にすれば、どんな風に書けばいいかの基準が生まれます。

「どんな風に書いたら面白いと感じてもらえるか」「どう表現したらもっと分かりやすいと感じてもらえるか」など、ターゲットを基準に文章を書いていくことができるのです。

特にターゲットを決めずに、執筆をしてしまうと、ただ情報を並べただけのつまらない文章になってしまいます。

文章は結果から伝える

読者が知りたいこと、つまり結果を文章の初めに伝えることも重要です。

Webの場合は特に、読者は飽きっぽく最後まで記事を読む人はほとんどいません。

タイトルや見出しだけを見て、あとはサーっと流し読みする人が大半です。

そのため、先に結論を書くことで、2行目、3行目と読んでもらえます。

Webの読者は「落ち着きのない中学生」と例えられることさえあります。

それだけ「自分の文章は読まれてない」と意識し、結論から始まるわかりやすい文章を書きましょう。

結果をさらに具体的に伝える

読者に答えを伝えたら、さらに答えについて詳しく説明をしましょう。

ただ答えだけを伝えても、残念ながら読者には響きません。

なぜなら、答えだけでは情報に信用がないからです。

答えに対して裏付けとなる理由があることで、読者に対して本当に価値のある情報になります。

ここで例文を1つ、まずはダメな例から。

「新宿駅前にオープンしたパンケーキ屋さんはとても美味しいのでおすすめです!」

これでは、新宿にあることや新店であることは分かりますが、肝心のパンケーキが「なぜ」美味しいのかが伝わりません。

この「なぜ」を読者は知りたがっているのです。

なので、このパンケーキについて「さらに具体的に」情報を伝えてあげましょう。

「先日、新宿駅前にパンケーキ屋さんがオープンしました!」

「美味しさの秘密は、もちっとした独特の食感を生み出すための特製のブレンド生地!他にも○○や○○が…!」

 

こちらの方が、パンケーキ屋さんを知りたい読者にとって、役に立つ内容になっていますよね。

「パンケーキ屋さんができました!」という結果に対して、パンケーキの情報を捕捉することで、さらに情報に価値を持たすことができます。

 

良い文章とは読み終わったあとに「読んでよかった」と思ってもらえるものです。

ご紹介した3つポイントを押さえれば、初心者でも迷わずに記事を書き進めることができます。

初心者でも知っておくべき記事の種類

ライティング初心者のために、すぐに参考にできる型をご紹介します。

型は全部で4つ。

  1. プレスリリース型
  2. 論評型
  3. 報道型
  4. インタビュー型

それぞれ解説していきます。

プレスリリース型

この型は、報道陣に対して向けて書く文章です。

新たな商品やサービスを作った際に、認知してもらうための詳細を記載します。

より多くのターゲットへ魅力を伝えることが目的です。

プレスリリースを書く際は、届けたいターゲット、取り上げて欲しいメディア、理想の広まり方などを考えるとさらに書きやすくなります。

論評型

自分の意見を述べたいテーマについて批評するのが論評です。

テーマに対して他者の意見を述べ、それを踏まえて自身の意見を述べるようにします。

その際、取り上げるテーマの解説や述べる意見は、読者が納得できるよう具体的な執筆を意識しましょう。

ただ述べただけでは、情報に信用がなく内容そのものに価値を感じてもらうことができません。

報道型

報道型は不特定多数の多くの人へ届ける文章のため、分かりやすく優しい文章で書く必要があります。

ニュースや新聞記事などの場合は、何よりも誤りのない正確な情報でなくてはいけません。

その為、裏付けのある情報であることはもちろん、誤りがあった場合は早急に改善する必要があります。

文章には、5W1Hの要素を含めて、情報を順序良く正確に届けられるよう意識しましょう。

原則として、執筆者個人の意見や思想は、報道型の場合は反映させてはいけません。

インタビュー型

インタビュー記事は、一方的に質問攻めにするのではなく、会話のように答えを聞き出していけるよう意識しましょう。

記事の内容も、Q&Aの箇条書きのような単調な書き方ではなく、会話形式で書けると読者はとても読みやすくなります。

記事の冒頭で、ゲストの紹介と、インタビューをした目的を読者に伝えましょう。

これを読むと何が得られるのか、という結果を先に伝えることで、興味のある読者を本文へと誘導するのです。

会話形式にすることで、ストーリー性も生まれ、よりゲストの想いや意図を読者に伝えることができます。

まとめ

記事を書く際のポイントは3つです。

  1. 記事を読んで欲しいターゲット(読者)を決めること
  2. 読者が知りたいことから先に書くこと
  3. 内容は分かりやすく具体的に書くこと

これらを意識して書くことができれば、伝えたいことを届けることはできます。

そこからさらに読み進めてもらうためには、文章のリズムと言われるものや、文章の書き方などで工夫していく必要があります。

一流と呼ばれるライターでも、0から文章を構成することは難しいとされ、オリジナルの型を長年の経験から編み出しているのです。

まずはマネから始めて、徐々に慣れていくようにしましょう。

その繰り返しで、ライティングスキルは着実についていきます。