ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスには様々な案件があります。

その中でもライティングだけで月10万円を稼ぐには、どうすればいいでしょうか。

本ページではその具体的な方法を解説します。

Webライティングとは

ライティングとは文章を書くことですが、Webライティングでは良質な記事を書き、検索エンジンに適切に評価されることが重要です。

検索エンジンに評価され適切な検索順位に表示されることで、その記事を必要としているユーザーに有益な情報を届けることができます。

その為にWebライティングでは

・ターゲットが明確であること
・目的が明確であること
・タイトルが適切であること
・文章や構成が分かりやすく簡潔であること
・情報が有益であること

などが重要です。

ライティングで月10万円稼ぐ方法

クラウドソーシングを始めたばかりの方は、ひとまずタスク形式の仕事をしてみようと単価の低い案件を受けがちです。

しかし単価の低いタスク形式の案件だけで月10万円を稼ぐのはかなり難しいと言えるでしょう。

タスク・コンペは選ばすプロジェクト形式に絞る

10万円の壁を超えるには、プロジェクト形式の案件に絞ることをおすすめします。

タスク形式の案件は誰でも受けられる仕事なので、単価が非常に低いものばかりです。

コンペ形式の場合は納品するものを先に作ってから選考されるので、採用されなければお金になりません。

以上の理由から、プロジェクト形式の案件にのみ専念した方がいいでしょう。

プロフィールに得意なジャンルを書く

プロジェクト形式では、採用されなければお金になりません。

プロフィール欄は、できるだけ得意なジャンルを書いて埋めておきましょう。そうすることで採用される可能性が高くなります。

こんなことを書いて本当に需要があるだろうか?と心配せずに、とにかくたくさんのことを書いておきましょう。

得意なジャンルがあまり浮かばない人は、好きなことを得意なことに置き換えてもいいでしょう。検索ワード上で引っかかるかもしれないので、書けば書くほど有利です。

プロフィール欄の内容は経験や実績を問われるわけではありません。「自分はこういうことができます」というアピール材料として、得意な分野や好きなことを羅列しておきましょう。

毎日の作業時間を3,4時間を確保する

プロレベルのライティングへの近道は、ひたすら書き続けることです。

そのために、1日あたりの作業時間を毎日3,4時間を確保することが理想です。

文字数でいうと、1日5,000-10,000文字程度になります。

数字だけ見ると「こんなに時間を割けるか分からないし文字数も書けるか分からない」と思うかもしれませんが、慣れてくれば自然と書くスピードは上がります。

目標の文字数に到達すれば必ずしも毎日3,4時間作業する必要はありません。

週に5日ライティングできるとしたら、1日当たりの目標額は5,000円で月10万円を達成できる計算になります。

数字や数値で目標を明確にすると、自然とやる気も出てくるものです。

0.5円以下の仕事は受けない

月に10万円を稼ぐとしたら、単価が悪い案件を受けてはいけません。

文字単価が最低でも0.5円以上の案件を(できれば1円以上が理想)毎月20-40件程度確保しましょう。

時給1000円以上になる案件を、複数のクライアントから常にキープしている状態が理想的です。

書く環境を整える

作業しやすい環境を整えることは、ライティングをする上で重要です。

集中力を阻害するものがあればあるほど、記事を書くスピードと作業効率が下がってしまいます。

自然音や生活音を鳴らせる「Noisli」

静かすぎる空間ではなく、自然音や生活音を聞きながら書き進めたい人におすすめなのがNoisliです。

Noisliは16種類の自然音や生活音を自分で選ぶことができます。複数の音を組み合わせ、それぞれの音量を調整することもできます。

無音で作業し続けることに飽きてきたり、音楽やラジオに集中力を奪われてしまうときは、Noisliを流しながら作業してみてはいかがでしょうか。

Noisli

https://www.noisli.com/

時間をカウントしてくれる「Classroom Timer」

ひとつの記事にどのくらいの時間をかけているか把握することは、ライティングをしていく上で重要です。

Classroom Timerはカウントダウン形式、カウントアップ形式で時間を計算することができる便利なツールです。

Classroom Timerはツールバー上に時間を表示させることができ、一目で何分何秒作業しているのか確認できます。

短時間でできるだけ多くの記事が書けるように、作業効率を上げていきましょう。

Classroom Timer

https://itunes.apple.com/jp/app/classroom-timer/id953159152?mt=12

まとめ

ここまでライティングで月10万円稼ぐ方法について解説してきました。

ライティングは特別なスキルがなくとも、だれでもはじめられる仕事の一つです。

強いていえば、スムーズなブラインドタッチができる人であれば、仕事のスピードが上がるでしょう。

早く上手な文章が書けるようになりたいと焦ってしまうかもしれませんが、まずは着実に数をこなしていきましょう。

気づいたころには、その人独自の文章力や文才といったものが備わっているものです。