「案件が獲得できない」

「スキルアップしたいけど、具体的に何をしたらいいかわからない」

Webライターとして活動している方で、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

フリーランスや副業としてWebライターを始めた方であれば、誰かに教えてもらうことは難しいため、自分で案件を獲得し、スキルアップしていかなければなりません。

しかし、独学であっても有益なサイトや書籍を読んで実践することでスキルを身につけることは可能です。

そこで今回の記事では、ライターとして稼ぐためのスキルアップにつながる書籍やWebサイトを紹介していきます。

クラウドソーシングサイトへの登録は必須

ライターとして稼ぐためには、案件を獲得しなければなりません。

そのためには、案件が募集されているクラウドソーシングサイトへの登録は必須です。

クラウドソーシングサイトへ登録し、案件を探しましょう。また、案件を獲得するためには、提案力も必要となります。

関連記事:フリーランスで仕事探しをするなら、提案力が必要。その理由を解説

案件を獲得していきたいWebライターは、以下2つのクラウドソーシングサイトは必ず登録しましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

それぞれのクラウドソーシングサイトの特徴をご紹介します。

案件数が豊富なクラウドワークス

クラウドワークスは、案件数が豊富に募集されていることが特徴です。

案件数が豊富に募集されているため、得意なジャンルの案件を見つけることができます。

まだ得意ジャンルや書きやすいジャンルが見つかっていない人は、クラウドワークスで書けそうなジャンルに数多く提案しましょう。

クラウドワークス

案件が探しやすいランサーズ

ランサーズは、案件が探しやすいのが特徴です。

文字単価や文字数、作業範囲などから案件を探すことができるため、自分に合った案件を見つけやすいです。

自分にとっての適切な文字単価や文字数がわかっている人は、ランサーズに登録して自分に合った案件へ提案しましょう。

ランサーズ

ライティングスキルを身につけることが重要

Webライターとして稼いでいくためには、大前提として案件を獲得することが重要です。

案件を獲得した後のステップとして、クライアントに満足してもらうためにライティングスキルを高めることが必須です。

ライティングスキルとしてまずは、文章力を身につけましょう。

文章力を身につけるためには、以下の書籍がオススメです。

沈黙のWebライティングは、初心者でも読みやすいようにストーリー仕立ての本です。

文章力だけでなく、Webライターとして知っておきたいSEOの知識も学ぶことができます。

新しい文章力の教室は、文章を書く際の構成などが詳しく解説されており、記事を書いていく上で必要な知識が学べます。

上記の2冊を読み込むことで、Webライターとしての基礎となる文章力が身につきます。

書籍と合わせてWebサイトも参考にする

ライティングスキルを身につけるためには、書籍と合わせてWebサイトも参考にしましょう。

Web上には、無料で有益な情報を発信しているWebサイトがあります。

動画教材サービスを展開するスクーが、クラウドワークス会員限定でライティングに関するスキルアップ動画を配信しています。

クラウドワークスで活躍するために、知識やスキルを動画でわかりやすく解説しているため、スキルアップしたいWebライターはぜひ活用しましょう。

納品しつつ、添削を受けるのが最短

ここまで、Webライターとして稼ぐために登録しておきたいサイトや参考になる書籍、サイトをご紹介してきました。

しかし、ライターとしてスキルを身につけるためには、クライアントに納品しつつ、添削を受けるのが最短ルートです。

クライアントへ記事を納品しつつ、足りないスキルをここまでで紹介した書籍やサイトで学んでいくことがおすすめです。

インプットばかりに偏ってしまわないように作業量を増やしていきましょう。

Webライターとして稼ぐためのステップ

改めて、Webライターとして稼ぐためのステップを確認しておきましょう。

ステップは、以下の順番です。

  • クラウドソーシングを利用する
  • 執筆スピードをあげる
  • 得意ジャンルに絞る

それぞれ解説します。

クラウドソーシングを利用する

前述しましたが、Webライターはクラウドソーシングを利用しましょう。

クラウドソーシングを利用しての稼ぎ方は、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

執筆スピードをあげる

案件を獲得できるようになったら、次に執筆スピードをあげることが重要です。

執筆スピードが上がることで、1時間当たりに執筆できる文字数が増え、納品できる記事数が増えます。そのことで、結果的に稼げる金額を増やすことが可能です。

関連記事では、執筆スピードをあげることに加え、単価をあげるための交渉方法についても解説しています。

関連記事:Webライターとして月収20万を達成するための実践的な3ステップ

得意ジャンルに絞る

案件を獲得し、納品を続けてライティングに慣れたきたら、次のステップとしてあなたの得意ジャンルに絞って記事単価を上げていきましょう。

得意ジャンルに絞って記事執筆をすることで、ジャンルの知識が増えてより専門性のある記事が書くことができます。

専門性が高まると、あなたにしか書けない記事が書けるようになるため、記事単価を上げていくことにつながります。

関連記事:ライターで月収30万を達成するために必要な3つのこと

まとめ

今回の記事では、ライターとしてのスキルアップにつながる書籍やWebサイトについてご紹介しました。

Webライターとしてのスキルアップしていくロードマップを描くことができたでしょうか。

独学でもスキルアップしていくことは可能です。

スキルアップしつつ、作業量を増やして稼げるWebライターになりましょう。