フリーランスfan

フリーランサーになりたい人やすでに活躍している人のための情報サイト

ライターで50万稼げるの?一歩抜け出したライターになる方法を解説

「Webライターとして活動しているけど、50万稼ぐことは可能なのかな」

Webライターは始めるためのハードルが低く、継続していけば生活費分を稼ぐことは難しくありません。

しかし、Webライターとして50万円稼ぐためには戦略が必要になります。

今回の記事では、Webライターとして50万稼いで一歩抜け出したライターになるための方法を解説していきます。

先にポイントを紹介すると以下の3点が重要です。

  1. 専門分野を持つ
  2. 外注する
  3. 上流工程の作業を行う

 

専門分野を持つ

50万円以上稼稼ぐWebライターになるためには、専門分野を持つことが重要です。

専門分野を持つことで、他のWebライターとの差別化になり、記事単価を上げることが可能です。

また、専門分野を持つことで、記事単価が上がるだけでなく、執筆スピードを上げることができます。

記事単価を上げていくと同時に、あなたの作業効率を上げていくことが大切です。

例えば、これまで3000文字書くのに2時間かかっていたものを、1時間で書けるようになれば、時給換算で倍になります。

専門分野を持つことで、記事を作成するための手順の一つであるリサーチの時間を減らすことができ、作業効率を上げることに繋がります。

外注する

より稼げるWebライターになるためには、外注化できないかを常に考えておきましょう

外注化することで仕事の利益率は下がりますが、自分の作業時間が圧倒的に減ります。

例えば、これまで1記事書くのに1時間かかっていたものを外注化し、記事の編集のみの作業を10分で行えるようになることで、時給が跳ね上がります。

Webライターは慢性的に人手不足なため、クライアントのニーズに応えた記事を納品し続けると、自分一人の作業量では納品することが難しいほど仕事を依頼してもらえます。

新たに仕事を依頼してもらう時に単価交渉を行うことで、高単価で仕事を獲得することができます。

高単価で仕事を獲得することで、他の人に依頼が可能になることで、対応できる仕事の幅が広がります。

外注化するときの注意点

外注化するときの注意点としては、2つあります。

  1. マニュアルが必要になる
  2. 分かり合うまで時間がかかる

それぞれについてみていきましょう。

マニュアルが必要になる

外注化を行うときは、マニュアルが必要です。

ライティングはWebライターのタイプやこれまで書いてきた記事の種類によって、大きく変わってきます。

そのため、記事の品質を一定にするためにもマニュアルを作成しましょう。

マニュアルを作成することで、外注化しやすくなるだけでなく、自分のこれまでのWebライティングに関する知識が整理されます。

分かり合うまで時間がかかる

外注化を行うときの2つ目の注意点としては、外注先のライターさんと分かり合うまで時間がかかるということです。

マニュアルを作成したからといって、すぐに理解してもらうことは困難です。

外注化を始めたばかりのときは、意図が伝わらずに編集作業の負担が大きくなってしまうことがあります。

そのため、最初から高い水準の記事を求めるのではなく、徐々にお互いの仕事のやり方を理解して進めていきましょう。

外注化は大変なことも多いですが、発注者側を経験することができます。

その経験があることで、改めてライターとして仕事をする際に、発注者の意図を汲み取ることができ、スムーズに仕事を行うことが可能です。

上流工程の作業を行う

稼いでいるWebライターは、ライティングの仕事だけでなく、記事構成の作成や編集作業、サイトのコンセプト作りなどの運営の仕事も行っている方が多いです。

クライアントの意図を汲み取った記事を納品し続けることで、上流工程の作業を依頼されるようになります。

上流工程の作業を行うことができるようになれば、発注側と受注側といった関係性でなく、共に仕事を進めていくパートナーとなり、より多くの仕事を依頼されます。

また、上流工程の作業にいけばいくほど、仕事の単価も上がります。

上流工程の仕事を獲得するために

上流工程の仕事を獲得するためには、クライアントの意図を汲み取ることが重要です。

具体的には、クライアントのWebメディアのゴールを理解して記事を執筆しましょう。

そうすることで、クライアントから理解しているライターして認知されます。

信頼関係を築いた上で、こちらから記事執筆だけでなく、記事構成や編集作業なども対応している旨を伝えましょう。

Webライターよりも、ディレクターのポジションが慢性的に人手不足となっているので、依頼したいと考えているクライアントは多くいます。

まとめ

今回の記事では、Webライターとして50万稼いで一歩抜け出したライターになるための方法をご紹介しました。

  1. 専門分野を持つ
  2. 外注する
  3. 上流工程の作業を行う

Webライターとして50万円以上稼げるようになることで、上流工程の仕事を依頼されるようになったり、Webライティングの講師など、より幅広く活動することができます。

 

▽ライターとして稼ぐノウハウをこちらの記事でも公開しています▽

コメントを残す