今回の記事では「Webライターとして月収30万円を達成するために必要な3つのこと」についてご紹介します。

「Webライターとして月に10~20万稼げるようになったが、よりステップアップしたい」

Webライティングで独立したいと考えている方であれば、よりステップアップしたいですよね。

しかし、実際にどのようにステップアップしていけばいいかわからずに伸び悩んでしまう方も多くいます。

ライターとしてステップアップをしていきたいなら、以下の3つを意識しましょう。

  1. 作業量を増やす
  2. 得意ジャンルで書く
  3. 単価の低い案件は断る

Webライターとして必要なこの3つを実践することで、月収30万円を稼げるようになります。

作業量を増やす

ある程度稼げるようになってくると、作業量を上げて稼ぐよりも、記事や文字単価を上げて稼ぎたいと考えてしまいますよね。

もちろん単価を上げることも大切ですが、改めて作業量を増やすことに注力しましょう。

Webライターとして稼いでいる方たちは、圧倒的に作業量が多いです。

例えば、文字単価1円だとしても、1ヶ月で30万文字書くことができれば月収30万を稼ぐことは可能です。

1ヶ月で30万文字だとしても、1日1万字なので、達成できない数字ではありません。

Webライティングに慣れてくる時期にこそ、自分の限界を決めずに改めて作業量を増やしていきましょう

作業量を増やすために

作業量を増やすためには、日々の目標設定と作業効率を高めることが重要です。

目標設定では、1ヶ月の目標金額を設定し、あなたの文字単価であればどれだけの文字数を書く必要があるかを算出します。

文字数を算出した後で、1週間単位、1日単位でどれだけの数字を達成する必要があるのかを目標として設定しましょう。

次に、作業効率を高めるためには記事執筆にどれだけの時間がかかっているかを把握します。

記事執筆と言っても、リサーチ作業、執筆作業、入稿作業など様々な作業があります。まずは、それぞれの作業に対して、どれだけ時間がかかっているかを測ります。

その後、それぞれの作業を一つ一つ効率化することができないかを考えていきましょう。

得意ジャンルで書く

作業量を増やしつつ、あなたの得意ジャンルで記事を書いていきましょう

Webライターとして記事を執筆していると、書きやすいジャンルや自分自身の得意ジャンルが見つかってきます。

得意なジャンルで書くことで執筆スピードも上がりますし、専門性も高まります。

執筆スピードが上がることで、結果として作業量を増やすことにつながるため、得意ジャンルで書くことを意識しましょう。

得意ジャンルの案件を増やすために

得意ジャンルで書くためには、得意ジャンルの案件を獲得しなければなりません。

そのために行いたいことは、以下の2つになります。

  1. ブログで仕事依頼ページ作成
  2. Webメディアに応募

それぞれについてみていきましょう。

ブログで仕事依頼ページ作成

得意ジャンルの案件を増やすために、ブログで仕事依頼ページを作成しましょう。

「自分の書きたい案件がない」と言われている方で、自分の仕事依頼のページをきちんと作っている方は少ないです。

仕事依頼ページでは、以下の内容を記載しておきましょう。

  1. 得意なジャンル
  2. これまでの執筆記事
  3. 単価
  4. 連絡先

あなたがどのジャンルについて書くことができるのか、その実績となる記事を記載します。

また、あなたの記事単価や文字単価を記載しておきましょう。

Webライターとして日が浅い方で「自分の単価を決められない」と悩む方が多いです。

決められない方は、自分が記事を書くのにかかる時間を計算し、時給としていくら欲しいかを考えることで、単価を決めることができます。

仕事依頼ページを作成したら、TwitterやFacebookなどのSNSに投稿しましょう。

フォロワーが少ない方でも、知り合いの方から依頼されるパターンが多くあります。

今自分がどのようなことをやっているのかの近況も含めて、投稿してみることをおすすめします。

Webメディアに応募

あなたの得意ジャンルについてのWebメディアを運営している企業に応募しましょう。

探し方としては、2つあります。

  1. クラウドソーシングで得意ジャンル名を検索する
  2. Googleで「得意ジャンル名+ライター募集」で検索する

多くのWebライターの方は、クラウドソーシングを活用して案件を獲得しているかと思います。

ジャンル名で検索をかけると、そのジャンルに関するライターを募集している案件を発見できます。

クラウドソーシングで探した後は、Googleで「得意ジャンル名+ライター募集」で検索しましょう。

検索すると、Webメディアのライター募集のページが出てきます。出てきたWebメディアに対して、応募します。

クラウドソーシングよりも比較的単価は高めになっているので、提案に慣れてきた方は直接応募してみましょう。

単価の低い案件は断る

稼ぐライターになるためには、単価の低い案件に対して断る勇気を持つことが重要です。

ここでの単価の低い案件とは、あなたの作業工数での単価のことです。

例えば、文字単価1円で記事執筆だけの案件と、同じ文字単価1円で記事執筆に加えて画像選定まで必要な案件では、後者の案件の方が単価の低い案件になります。

案件を断る勇気を持つためには、1社のクライアントに依存するのではなく、複数のクライアントと仕事をする必要があります。

複数のクライアントと仕事をすることで、もし1つのクライアントからの条件が悪くなった場合に断ることができます。

断ることで空いた時間を使って、新たな案件に提案を行い、クライアント先を増やしていきましょう。

そうすることで、あなたにとって条件の良い案件が増え、結果的に執筆スピードと単価が上がるため、Webライターとしてより稼ぐことが可能です。

まとめ

今回の記事では、Webライターとして月収30万を達成するために必要な3つについてご紹介しました。

  1. 作業量を増やす
  2. 得意ジャンルで書く
  3. 単価の低い案件は断る

この3つのポイントを実践していくことで、Webライターとして月収30万円を達成することができます。

 

▽ライターとして稼ぐノウハウをこちらの記事でも公開しています▽