今回の記事では、Webライターとして月収20万を達成するための実践的な3ステップについてご紹介します。

「文字単価も低いし、文章を書くスピードも上がらない」

Webライティングを副業として始めた方だと、このようなイメージを持ってしまいますよね。

パソコン一台あればWebライティングは出来るため、ハードルが低くなっています。

しかし、始めるためのハードルが低い分、稼げないからとすぐに辞めてしまう方も多くいます。

稼げるライターになるためには、以下の3つのステップが重要です。

  1. 仕事を獲得するための準備
  2. 記事を書くスピードを上げる
  3. 単価交渉を行う

この3ステップを行うことで、Webライターとして月収20万円を達成することができます。

ステップ1.準備編・仕事を獲得するための方法

まずWebライティングのお仕事を獲得するためには、最初の準備が必要になります。

準備として、あなたのプロフィールと企業に送る提案文の2つを考えましょう。

プロフィールで自分が何者かを伝える

プロフィールでは、「自分が何者か」がきちんと伝わるプロフィール文を用意しましょう。

仕事を発注してくれる企業は、まずあなたが何者かを知ってから、仕事を発注します。

仕事を発注する企業が知りたい点は以下のような質問になります。

  • どんなジャンルを書くことができるのか?
  • これまでどのような記事を書いてきたのか?
  • これまでの経歴は?
  • どれくらいの作業時間を割くことができるのか?

この質問の答えを元にプロフィール文章を作成しましょう。

「これまで記事書いたことないし、得意ジャンルも特にない」という方でも、見せ方を変えることで企業に対してメリットを伝えることができます。

例えば、初心者で仕事があまりないWebライターであれば、時間に余裕があるということなので「大量納品可能です」という強みがあります。

このようにプロフィールを書くことで、たくさんの記事を納品して欲しいと考える企業の役に立つことができます。

あなたのこれまでの経歴や状況をいかに企業に役立てることができるかを考えてプロフィール文章を作成しましょう。

提案文でWebメディアの役に立つことを証明

プロフィール文を作成したら、次に企業に送る提案文を考えましょう。

提案文を考える時に、大切なポイントは2つです。

  • Webメディアのゴールを考える
  • ゴールに対して自分が役に立つことを伝える

Webメディアのゴールを考える

Webメディアを運営する企業のゴールを考える必要があります。

企業によって、Webメディアを運営する理由は変わってきます。

例えば、海外旅行のお得な情報を発信して、航空券を購入してもらうことが目的のWebメディアがあります。

Webライターは、企業が運営するWebメディアのゴールを考えて記事を作成することが大切です。

ただキーワードや構成を渡されて記事を書くライターよりも、webメディアの意図を考えて記事を書くライターの方がお仕事につながりやすくなります。

ゴールに対して自分が役に立つことを考える

Webメディアのゴールを考えたら、次にそのゴールに対して自分がどのように役に立つのかを伝える必要があります。

先ほどの例で出した、海外旅行をお得に行くため情報を発信しているメディアで考えてみましょう。

もしあなたが旅行好きで、これまで海外旅行に行った経験があるなら「お得に行くための方法を知っている」と伝えることで、あなたがWebメディアのゴールに役に立つことができます。

企業の目的を達成するために、Webメディアのゴールを考えて、自分の有益性を伝えましょう。

ステップ2.実践編・記事を書いていく

Webメディアを運営している企業から実際に仕事をいただけるようになったら、実際に記事を作成して納品を行います。

記事を作成するにあたって、重要なポイントは以下の3つになります。

  • 検索意図、ターゲット
  • 記事構成
  • リード文、タイトル

それぞれについてみていきましょう。

キーワードの検索意図、ターゲットを考える

記事作成と聞くと、真っ先に文章を書き始めるかも知れませんが、まずは執筆を依頼されたキーワードの検索意図やターゲットとなる人物像を考えましょう。

例えば、海外旅行に行きたいと考える方でも、ターゲットが違うことで伝えることが全く変わってきます。

バックパッカーでいろんな国を回りたい方と、新婚旅行でゆっくりリゾート地で過ごしたいと考えている方では伝える内容が変わってきますよね。

キーワードの検索意図と、ターゲットをあらかじめ考えて記事を作成しましょう。

ライティングの形となる記事構成

キーワードの検索意図、ターゲットがわかったところで、実際に執筆作業を行なっていきます。

Webライティングで重要なことは結論から書いていくことです。

理由としては、Webメディアの読者の約8割がスマホユーザーで、電車での移動しながら、テレビを見ながら、などのながら読みが多くなっているからです。

スマホユーザーは、ながら読みのため、すべての文章を読んでくれません。そのため、最初に結論を伝えて「この記事は自分が欲しい情報が載っているんだ」と思ってもらうことが重要になります。

結論から書いていくという前提のもと、メディアのタイプや記事によって変わりますが、大まかな記事の構成は以下のようになります。

タイトル
リード文見出し
本文見出し
本文まとめ

最初に見出しを書き出し、見出しを読んだだけで内容が伝わるようにしましょう。

スマホユーザーは、前述の通りすべての文章を読んでくれないので、結論の次に見出しを読んだだけで記事の内容が伝わるように書きます。

見出しを書き出し、内容を補足するために本文を書いていきます。

文章を読んでもらうためのタイトル、リード文

Webライティングの記事構成についてご紹介しました。

次に、検索流入で入ってきたユーザーに文章をしっかり読んでもらうためのタイトルとリード文の書き方についてご紹介します。

タイトルの付け方

タイトルの付け方で抑えておきたいポイントは「読み手にとって役立つことがわかるかどうか」です。

スマホユーザーは、検索エンジンで検索した時にタイトルで自分にとって役立つ情報があるかどうかでクリックするかを決めます。

そのため、タイトルには役立つ情報が載っていることを伝える必要があります。

例えば、海外旅行にお得に行きたい方向けであれば、

『海外旅行に激安で行くための方法◯選』

というような、海外旅行に安く行くための方法が載っているんだなということが伝わるようなタイトルにする必要があります。

リード文

文章を全て読んでもらうためには、記事を読み始めた最初のリード文で読者を惹きつける必要があります。

そのためには、リード文でタイトルで伝えた役立つ情報についての期待に応えることができるんだという内容を伝えましょう。

具体的には、以下の流れになります。

・記事の全体像
・読者の悩み
・解決策
・メリット

例えば、先ほどの例で出した海外旅行を安く行くための方法の記事を紹介するリード文は以下のようになります。

記事の全体像:この記事では、安く海外旅行に行くための方法◯選をご紹介します。

読者の悩み:海外旅行に行きたいと思っても、航空券など旅費がかかってしまい、費用が高いですよね。

解決策:しかし、お得な格安航空券を使うことで、航空券代を下げることができます。

メリット:航空券代を下げることで、海外旅行にかかる費用を安く抑えることができます。

読者を惹きつけることで、より文章を詳しく読んでもらえるようになります。

ステップ3.応用編・より稼げるライターになるために

ここまで、仕事を獲得して記事を納品するステップについてご紹介しました。

次のステップとして、より稼げるライターになるために単価を上げる・高単価の案件を獲得する方法についてご紹介します。

単価交渉して記事単価アップ

単価を上げるためには、クライアントに対して単価の交渉をする必要があります。

そのためには、単価を上げるメリットをクライアントに伝えましょう。

上げるためのメリットは、クライアントによって変わります

例えば、

  • 優先的にスケジュールを確保する
  • 画像を挿入する
  • 文献を使って調べる

など、クライアントが単価を上げるメリットを具体的に提案しましょう。

高単価案件を獲得するために

案件を獲得し、記事の納品を続けていると自ずとライターとしてのスキルが上がっていきます。

  • 執筆スピード
  • ターゲット、検索意図
  • Webメディアのゴール

納品を続けてこれらのスキルを身につけていくことで、発注者目線での提案や記事作成を行えるようになるため、文字単価3円以上の高単価の案件にも提案が通りやすくなっていきます。

高単価案件だからといって、尻込みせずに自信を持って提案を行っていきましょう。

まとめ

今回の記事では、Webライターとして月収20万を達成するための実践的な3ステップについてご紹介しました。

  1. 仕事を獲得するための準備
  2. 記事を書くスピードを上げる
  3. 単価交渉を行う

この3ステップを続けていくことで、Webライターとして月収20万円を達成することができます。

この記事を読んだ後は、早速実践して月収20万円を目指していきましょう。