ウェディングプランナーと言えば、結婚式場やブライダル会社に所属し、新郎新婦の結婚式や披露宴のお手伝いをする仕事です。

しかし、特定の会社に所属していると企業の範囲でしか提案することができず、新郎新婦にとって最適なプランニングができない、と悩んでいるプランナーもいることでしょう。

フリーランスのウェディングプランナーになれば、新郎新婦に合った最適なプランを提案できます。

結婚式場の始まりから終わりまで全てを担うので、責任は大きいですがやりがいのある仕事でしょう。

今回はフリーランスウェディングプランナーの仕事求められるスキルについて解説していきます。

フリーランスのウェディングプランナーの仕事とは?

そもそも、フリーランスウェディングプランナーの仕事は大きく分けて3つあります。

  1. 挙式プランのヒアリングと提案
  2. 結婚式の企画
  3. 結婚式の運営

それぞれ解説していきます。

挙式プランのヒアリングと提案

結婚式をあげるカップルは自分の目で式場を見て、比較し、どこの式場で結婚式をあげるのかを決定します。

ウェディングプランナーとして、どのような条件で式場を決めているのか、どのくらいの予算で結婚式を考えているのか、をヒアリングしましょう。

フリーランスの場合には個人契約をしている式場プランの提案をすることもあります。プランに合わない場合にはプランナーが直接式場にアポイントを取る必要があります。

結婚式の企画

カップルは結婚式に参加した経験はあるかもしれませんが、式を挙げるのは初めてです。プランナーが寄り添って結婚式の企画を打ち合わせしましょう。

カップルと一緒に打ち合わせするのは以下の項目。

  • 式場の決定
  • 日取りの決定
  • 招待状・招待客選び
  • 料理の決定

カップルと一緒に話すのは上記4項目までですが、プランナー自身は

  • 式場の確認
  • 式場の日付を予約
  • 司会者の選定
  • 音響・照明の委託
  • 料理の手配
  • 現場音響・照明、司会者、料理人たちとの打ち合わせ
  • リハーサル

など、結婚式の大枠から詳細まで、決めなければいけないことや準備しなければいけないことがたくさんあります。

フリーランスの場合には、とくに初めての式場での音響や照明の位置などわからないことばかりなので、式場の方と連携し、素晴らしい企画を作りましょう。

結婚式の運営

ウェディングプランナーの仕事は結婚式が終わるまで続きます。これはフリーランスでも、企業に勤めていてもやることは変わりません。

当日の運営の仕事は以下。

  • 式場準備の確認
  • タイムスケジュール管理
  • 各人スタッフのマネジメント
  • 式場の片付け

結婚式当日はタイムスケジュールを含め、細かいところまで気を配る必要があります。

普段使い慣れていない式場であれば、リハーサルの際にトイレの位置や式場のレイアウトを全て把握しておきしょう。

フリーランスウェディングプランナーになるには?

ウェディングプランナーとして独立するためには、一度ブライダル会社に就職するのが1番でしょう。

理由は簡単で、ブライダル知識のないウェディングプランナーにカップルが直接依頼する可能性は低く、収入が得にくいからです。

また、ブライダル経験があっても独立して低収入になっているウェディングプランナーも多いです。

ブライダルの知識がないプランナーはダメ!

プランナーはさまざまな新郎・新婦にあった様々なプランを提案する必要があります。

新郎・新婦は初めての結婚式にどのようなプランがあるのか提案されるのも楽しみにしている面もあります。

相手の要望を汲み取り最適なプランを提供するためにはブライダル未経験は厳しいでしょう。

フリーランスウェディングプランナーの収入源

フリーランスウェディングプランナーの収入源が2種類あります。

  1. ブライダル会社と業務契約料
  2. カップルからの依頼料

独立直後はカップルから直接依頼されることは少ないので、ブライダル会社と業務契約料として報酬をいただけます。

フリーランスウェディングプランナーの多くは、以前所属していた企業や関わりのある式場と契約している場合が多いです。

ただ、繁忙期や閑散期によって仕事量が増減し、報酬も安定しません。

ブライダル会社から業務契約料をもらいながら、カップルに直接依頼されるよう営業活動に取り組みましょう。

ウェディングプランナー紹介会社に登録

ウェディングプランナーとして直接カップルと契約するのは、難しいです。

大きな会社と異なり個人の場合は新郎新婦に認知されず、検討してもらうことにすら行き着かないケースが多いのです。

IWPAではフリーランスで活動しているウェディングプランナーを新郎・新婦に直接紹介しています。

紹介されるためにはIWPAパートナー契約の登録をしておくと直接依頼される可能性が高くなるでしょう。

また、ブライダルの仕事に資格は必要ありませんが、信頼を簡単に得る方法として資格を取るなど気づいてもらえる対策や、直接契約を得られる対策をしましょう。

フリーランスウェディングプランナーに求められるスキル

新郎・新婦にとって最高の瞬間を提供する仕事だからこそ、求められるスキルは以下2つです。

  1. プロデュース力
  2. マネジメント・コミュニケーション力

プロデュース力

プロデュース力はフリーランスウェディングプランナーとして個性を発揮できるポイントです。

現在、新郎・新婦の価値観が多様化しているため、結婚式場もさまざまなものがあります。

結婚式場の知見が広がれば、新郎・新婦の価値観に合ったプランを提案できます。

また、条件や価値観に合う結婚式場を提案するだけでなく、結婚式当日の演出も考えたプランを提供することによって、フリーランスとしてのあなたの価値が高くなるでしょう。

マネジメント・コミュニケーション力

結婚式を成功させるためにはマネジメント・コミュニケーション力が必要不可欠です。

司会者、料理人、演出技術者、他スタッフなど、さまざまな人が関わって結婚式を最高のものにしています。

これはフリーランスに限ったことではありませんが、とくにフリーランスは所属していないため常に同じスタッフで式場を運営しません。

だから、フリーランスとして独立するなら自信を持って現場を回せるスキルを身につけておきましょう。

まとめ

ウェディングプランナーは人の最高の瞬間を近くで手伝いをする仕事です。

フリーランスとして独立したばかりでは直接新郎・新婦に依頼されることは少ないかもしれません。

しかし、着実にあなたが提供する価値を高めれば、直接新郎・新婦から依頼が来るでしょう。