「プログラミングを学びたいからTechAcademy(テックアカデミー)の受講を考えているけど評判はどうなんだろう?」

テックアカデミーの受講を考えており、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

プログラミングスクールの費用も安くないので、後悔しないプログラミングスクール選びをしたいですよね。

そこ今回の記事では、テックアカデミーの評判について実体験を元に解説していきます。

具体的には

  • テックアカデミーのメリット
  • テックアカデミーのデメリット
  • テックアカデミーの料金
  • テックアカデミーを受講する前にやっておきたいこと

の順番に重要なポイントをご紹介します。

テックアカデミーの受講を考えている方の参考になれば幸いです。

TechAcademy(テックアカデミー)のメリットは2つ

テックアカデミーのメリットは2つです。

  • メンター制度で受講生をサポート
  • 教材がアップデートされていく

それぞれみていきましょう。

1.メンター制度で受講生をサポート

テックアカデミーを体験して感じた1つ目のメリットは、メンター制度で受講生をサポートしてくれることです。

メンター制度では、週2回30分オンラインで面談をします。受講したコースの期間中は、同じメンターが担当してくれるため安心してプログラミングに関する相談ができます。

オンライン面談では

  • プログラミング学習での疑問点
  • 次回の面談までにどこまで学習を進めるか
  • プログラミングを学んで何がしたいのか

などを相談できます。

学習を進めていく中での疑問点はチャットでも質問できます。しかし、初心者の方であればどうやって質問したらいいかもわからないこともあります。

質問するのが難しい時に、対面で質問できるメンター制度はプログラミング初心者には心強いサポートです。

2.教材がアップデートされていく

テックアカデミーの2つ目のメリットは、教材がアップデートされていくことです。

テックアカデミーは受講後も継続して教材を閲覧することが可能です。さらに、教材がアップデートされていくため、最新の情報になる上によりわかりやすくなっていきます。

もし復習したいと思った時に、最新の教材で学べるのは嬉しいポイントです。

ここまでテックアカデミーのメリットについてご紹介してきました。

テックアカデミーもちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。

続いて、テックアカデミーのデメリットについてご紹介します。

TechAcademy(テックアカデミー)のデメリットは2つ

テックアカデミーのデメリットは2つです。

  • メンターのレベルにばらつきがある
  • すぐに案件獲得できるレベルにはならない

それぞれみていきましょう。

1.メンターのレベルにばらつきがある

テックアカデミーを体験して感じたデメリットの1つ目は、メンターのレベルにばらつきがあることです。

私は、WebデザインコースとWordPressコースの2つを受講しました。それぞれのコースでメンターは異なり、正直メンターのレベルの差を感じてしまいました。

具体的には、

  • プログラミングの知識の差
  • 傾聴力など面談のスキルの差

がありました。

メンターは、担当するコースや受講生との相性もあるので一概には言えませんが、どのメンターがくるのかわからないというのは正直デメリットだと感じます。

2.すぐに案件獲得できるレベルにはならない

テックアカデミーを体験して感じたデメリットの2つ目は、受講後すぐに案件を獲得できるレベルにはならないことです。

これは私がテックアカデミーへの期待値を上げすぎていたのも原因なのですが、受講後すぐにバリバリでエンジニアとしてやっていくほどのレベルにはなりません。

プログラミングスクールは短期間で効率よく学ぶことはできます。しかし、すぐにプログラミングスキルが身につくわけではありません

プログラミングスキルを身につけるためにも、継続してプログラミング学習を続けられる環境づくりを行うことがおすすめです。

ここまでテックアカデミーのメリット・デメリットをご紹介しました。改めて整理します。

■テックアカデミーのメリット

  • メンター制度で受講生をサポート
  • 教材がアップデートされていく

■テックアカデミーのデメリット

  • メンターのレベルにばらつきがある
  • すぐに案件獲得できるレベルにはならない

続いては、テックアカデミーの料金についてご紹介します。

TechAcademy(テックアカデミー)の料金・コース

テックアカデミーの料金は、以下の条件によって異なります。

  • 受講するコース
  • 受講期間
  • 複数のコースを受講するか(複数受講した場合はセット割あり)
  • 学生か社会人か

最も料金が安いコースで、「はじめてのプログラミングコース(4週間)89,000円」です。

テックアカデミーのコースは豊富にあり、カテゴリー別に分かれています。

  • プログラミング
  • デザイン
  • マネジメント
  • オフィス
  • トレーニング

カテゴリーの中にも、様々なコースが用意されています。

もしどのコースを受講したらいいか迷う場合は、テックアカデミーのチャットサポートで相談するのがおすすめです。

テックアカデミーのチャットサポートで相談後、無料体験で雰囲気を知ってから受講を検討してみてください。

ここまでテックアカデミーの料金やコースをご紹介しました。

続いては、私がテックアカデミーを受講後に「事前にやっておけばよかった!」と後悔したことをご紹介します。

TechAcademy(テックアカデミー)を受講する前にやっておきたい2つ

テックアカデミーを受講する前にやっておきたいことは、2つです。

  • プログラミング学習を続ける環境を作っておく
  • 受講前にプログラミングを独学しておく

それぞれみていきましょう。

1.プログラミング学習を続けられる環境を作っておく

テックアカデミーを受講する前にやっておきたい1つ目は、プログラミング学習を続けられる環境を作っておくことです。

テックアカデミー受講期間中は、「お金も払ってるしメンターもサポートしてくれるから頑張るぞ!」と頑張れます。

しかし、受講が終わるとそのままプログラミング学習からフェードアウトしてしまいます。

そうならないためにも、プログラミング学習を続けられる環境を事前に作っておくことがおすすめです。

例えば、

  • いつでも相談できるメンターを探せるサービス「MENTA」でメンターを見つけておく
  • 一緒にプログラミング学習を続ける仲間をSNS等で見つける

があります。

どうしても環境に左右されてしまうため、意識してプログラミング学習を続けられる環境を作ってみてください。

2.受講前にプログラミングを独学しておく

テックアカデミーを受講する前にやっておきたい2つ目は、受講前にプログラミングを独学しておくことです。

「なぜテックアカデミーでプログラミング学ぶのに受講前にわざわざ独学するの?」

と疑問に持たれる方もいるかと思います。

受講前に最低限のプログラミング学習を進めておくことで、テックアカデミーの受講中はより進んだプログラミングスキルを身につけることができるからです。

テックアカデミーの受講期間をより充実した時間にするためにも、事前に独学しておくことがおすすめです。

TechAcademy(テックアカデミー)はステップアップのために活用するのがおすすめ

今回の記事の内容をまとめます。

  • メンター制度で受講生の学習をサポートしてくれる
  • 教材がアップデートされるため常に最新の教材で学ぶことができる
  • 受講前に独学しておくと受講期間をより充実した時間にできる

テックアカデミーは、自分の目的を達成するためのステップアップとして活用するのがおすすめです。

テックアカデミーの受講を考えている方の参考になれば幸いです。

TechAcademy