税理士には、税理士事務所で働く「勤務税理士」と個人で開業して働く「独立税理士」がいます。

企業の経理から、個人事業主の確定申告、個人の相続税や贈与税の問題までお世話になることが多い存在です。

税理士になりたいと思っている人の中には、将来は税理士として独立したいと思っている人も多い業界だと思います。

ここでは独立税理士、いわゆるフリーランス税理士がどのように働いているかを解説していきます。

フリーランスの税理士を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスの税理士の仕事とは?

フリーランスの税理士といっても、仕事内容は勤務税理士と変わらない部分もありますが、フリーランスならではの働き方もあります。

また、勤務税理士と違い定年退職もフリーランスの税理士にはありません。

健康である限り、税理士の仕事を続けていけるのはフリーランスならではです。

それに、報酬単価も自分で設定できるため、勤務税理士時代よりも独立後の方が収入が上がったという人も多いです。

それでは実際に、フリーランス税理士にはどんな仕事や働き方があるのかを紹介していきます。

会社の経理業務

いわゆる企業の顧問税理士です。

大きな会社には経理部があり、社内の経理業務を担当するのが一般的です。

しかし、中小企業や個人事業主の場合は、経理担当を雇うよりもコストがおさえられる為、税理士に依頼することが多いです。

そのため1人で何社も請け負い、仕事をすることになります。

仕事内容としては、税務代理、税務書類作成、税務相談などです。

確定申告代理人

もちろん企業だけではなく、個人からの依頼も受けます。

海外在住者で日本で不動産所得がある人は日本で確定申告が必要となる為、代理として税理士に依頼することもあります。

また、フリーランスとして働いている人も税理士に確定申告を依頼することが多いです。

フリーランスの税理士として働いていこうと思っている人は、こういった個人の顧客の対応もしっかりすることをおすすめします。

そうすると、その顧客繋がりで別の人を紹介してくれることもあるからです。

その為には、実績だけではなくコミュニケーション能力も必要となってきます。

税務相談

確定申告の依頼だけではなく、企業や個人事業主からの節税対策などの相談も税理士には多く寄せられます。

対面での相談はもちろん、最近ではスカイプやチャットなどで税務相談をする税理士も増えています。

税務相談自体は無料で行う税理士が多いですが、親身になって対応することで新規顧客獲得に繋がるため、大事な業務のひとつと言っても良いでしょう。

書籍出版

独立後に書籍出版をする税理士も数多くいます。

「自分の本を出している」と聞くと、「この税理士はすごい人だ!」という印象を相手に与えることができます。

新規顧客への営業の際、書籍出版の実績は信頼の獲得に繋がり、成約率も上がってくるのです。

書籍に自分の顔写真を入れた帯をつければ名刺代わりにもなるので、営業ツールとして書籍出版をするのもひとつの方法です。

書籍出版と聞くと、ハードルが高いと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし自費出版であれば在庫を抱えずに済みますし、電子書籍であれば比較的簡単に販売ができます。

書籍の内容も、税金に関してのものからブログの内容を本にするという人もいて様々です。

セミナー講師

勤務税理士だと働き方に制限がかかってしまいますが、フリーランスとして働く独立税理士の場合、税理士の仕事の合間にセミナー講師をする人も数多くいます。

確定申告や相続税などはもちろん、最近では仮想通貨の税金対策のセミーナーも人気となっています。

自分の得意分野を作っておくと、セミナー講師の依頼を受けやすくなります。

ブログを開設して自分がどんな実績がある税理士なのか、どんな内容の税理業務が得意なのかを発信していくと、そこから仕事の依頼が舞い込むこともあります。

税務ができると有利

現在税理士に関わらず、フリーランスとして働く人は増加傾向にあります。

それに伴い、税理士のニーズはこれからも増えていくのではないでしょうか。

税理士になるには資格が必要ですが、税理士補助の仕事であれば資格はいりません。

税理士補助として、税理士の仕事を近くで見つつ業務を覚え、それと並行して税務の勉強を進めていくと良いでしょう。

実際に税理士補助をしながら税理士を目指している人はたくさんいます。

まとめ

独立してフリーランスの税理士として働いていくには、これまでの実績ももちろん大事ですが営業力やコミュニケーション能力、信頼が重要なポイントになってきます。

フリーランスとして独立後、顧客がつくまでは大変かもしれません。

しかし、税金関係の知識は知らない人の方が多く、特に確定申告や相続税・贈与税などに関しては毎年たくさんの人が頭を抱える問題でもあります。

そのため、ある程度の顧客がついてしまえば収入面では安定しやすいと言われています。

勤務税理士と違い、仕事を選ぶこともできるので自分の得意分野の業務で収入を得ることが可能です。

独立をした方が収入がアップすると言われている業界でもありますので、今後フリーランス税理士の働き方に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。