「退職日は決まったけど、フリーランスになる前に何をやるべきなのか分からない」

と思っている人向けに、フリーランスになる前にやるべきことをまとめました。

会社員のうちにやっておくべき事や、フリーランスとして活動するための準備などを分かりやすく解説します。

これからフリーランスになろうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの契約

クレジットカードを作る際の審査は、社会的信用度が重要視されます。

一般的に個人で活動をしているフリーランスは社会的信用度が低い為、クレジットカードの審査に落ちるということが多々あります。

しかし、会社員の場合月収が少なくても「企業に属している」というだけで、社会的信用度はフリーランスと比べ物にならないくらい高いのです。

極端な話月収1000万円の1年目のフリーランスよりも、月収20万円の1年目の会社員の方が社会的信用度が大きいです。

今後必要だと思うクレジットカードは、会社員のうちに作っておくようにしましょう。

学生の頃はクレジットカードを使わなかった人でも、社会人になりクレジットカードの使用に慣れてくると、複数枚クレジットカードを持つようになります。

「会社をやめてフリーランスになるから、使わないカードは解約しておこう」

と解約をしてしまうのではなく、フリーランスになってからもしばらくは今あるカードを保持することをおすすめします。

会社員時代は簡単に作れたクレジットカードもフリーランスにとっては審査の壁は高いことを覚えておきましょう。

フリーランサーのクレジットカードの重要性

これは少し余談になりますが、フリーランスの場合実は会社員よいもクレジットカードが必須になってきます。

理由は大きく二つあり、一つは資金繰りの面です。

会社員の場合、給料が毎月必ず振り込まれてきますが、フリーランスの場合は仕事の納品が完了し、売上が立ってから翌月以降に入金されるというケースが多いです。

そのため受注した仕事を完遂させるための経費は現金の場合、前払いする必要が出てきます。

クレジットカードであれば引き落としが後から来るのでクライアントからの入金後に経費の支払いをすることができます。

 

2つ目は帳簿付けが簡単にできることです。

人気のある会計ソフト(弥生やマネーフォワード、フリー等)の多くはクレジットカード会社と連携しており、必要経費をそのまま自動で転記することができます。

事業用としてクレカを作っておいて、経費の支払いをすべてカードで行えば帳簿付けする手間が省けるわけです。

賃貸契約や引越しも済ませておく

賃貸契約や引越しも会社員のうちに済ませるようにしましょう。

  • 事務所として使う部屋を借りたい
  • 自宅兼仕事部屋を作れる家を借りたい
  • もう少し家賃の安い家に引っ越したい

と思っている人は特に会社を辞める前に賃貸契約を済ませることをおすすめします。

「会社を辞めてからゆっくり家探しをしよう」と考えていると、先述した通り社会的信用度が低いフリーランスは賃貸契約ができない場合があります。

関連記事:フリーランスは賃貸マンション、アパートを借りられるか

引越しは会社を辞めてからでも大丈夫ですが、フリーランスになってすぐに仕事を始められる環境を整えておくことは大事です。

また、20代の人はシェアハウスもおすすめです。

賃貸契約よりも審査がゆるく、家賃も安い上にフリーランスが多く住むシェアハウスもあります。

人脈を広げてコネを作る

会社員時代には有無を言わずとも与えられていた仕事も、フリーランスになると自分で仕事を見つけクライアントと契約をする必要があります。

その時に大事なのが、人脈とコネです。

もともと会社員時代にプログラマーやSEとして働いていた人なら、独立する話を仕事関係者に予めしておけば、そのツテで仕事を貰える可能性が高いです。

フリーランスの職種にもよりますが具体的な人脈の広げ方は、セミナーや勉強会に参加をして他の参加者や講師と繋がりを作ったりすることです。

コワーキングスペースも活用しよう

web系で活動をしたいならばコワーキングスペースの利用も効果的です。

コワーキングスペースには既にフリーランスとして活動している人達がたくさんいるので、その人達から仕事の情報をもらったり、仕事を紹介して貰える可能性があります。

また、オンラインサロンへ参加することも人脈作りには最適です。

オンラインサロンとはFacebookなどネット上でグループを作り、仕事の情報交換やスキルアップの方法、オフラインでの交流会など同じ目標をもつフリーランサー達とたくさん知り合うことができます。

そして SNSの利用も大事です。

ツイッターやFacebook、インスタグラムなどのSNSでフリーランスになったことや、仕事を募集していることを発信することで、「知り合いがHP作れる人探してるんだよね」など、声をかけて貰える可能性があるからです。

在職中にクラウドソーシングに慣れて実績を増やす

デザイナーやライター、プログラマーなどweb系フリーランスを目指している人は、クラウドソーシングを利用しようと考えているのではないでしょうか。

クラウドソーシングはクラウドワークスや、ランサーズが有名ですがどちらも格安案件〜高単価案件まで様々です。

フリーランスとして独立するならば安い仕事ばかり受けていては生活費を稼ぐことは難しいので、高単価の案件を狙いたいものです。

しかしクラウドソーシングを始めたばかりの頃は、実績がないのでどうしても案件が取りづらいです。

提案自体に慣れていなかったり、案件探しに時間がかかってしまい時間を消耗してしまうことも。

せっかく会社を辞め独立したのに、これでは思うように仕事が取れず稼げないという状況に陥ってしまいます。

そうならない為にも、会社員のうちから少しずつクラウドソーシングを始めて、簡単な案件をこなし実績を作っておくことが大事です。

クラウドソーシングで実績を作っておけば、商談の際に実績をアピールすることができます。

会社員のうちにできるから始めてみましょう。

資格取得やスクールへ通う

デザインやプログラミング、お店開業の為の資格が必要な場合は早めに資格取得の勉強やスクールへ通い始めましょう。

仕事を辞めてからではないと時間が取れずスクールに通えない場合は、説明会などに参加し、どこのスクールに通うのかを決めておくことをおすすめします。

会社を辞めるタイミングで資格が取れれば、すぐに次のステップに進むことができます。

スクールを決めておけば、退職後すぐに勉強に取り組むことができるので、無駄な時間を費やさなくて済むのです。

ある程度の事業計画をしよう

会社を辞め、「今日からフリーランスだ!」と意気込んだは良いものの、仕事が思うように進まない・・・

収入が安定せずバイトと掛け持ち・・・ということがないように、ある程度の計画は立てておきましょう。

退職日が決まったら会社員のうちにやっておくべきことや、フリーランスになってからの月収目標、その額を稼ぐには仕事をどれだけこなさないといけないのか・・・など事業計画を立てることも大事です。

「独立後3ヶ月で月収20万稼げなかったら再就職する」など自分の中で区切りをつけるのも一つの方法です。

まとめ

以上が会社を辞めフリーランスになる前にやるべきことになります。

中でも、人脈作りというのはフリーランスとして活動する上で最も重要とも言えます。

人脈やコネを作って仕事を得ることも大事ですが、フリーランスは基本的に個人での活動となるので、時には孤独感を感じたり収入が安定せず焦りや仕事に対するモチベーションが下がったりする時があります。

そんな時に、同じ目標を持つフリーランスの仲間がいるというのはとても大きな支えとなります。

会社を辞める前から、フリーランスの集まる場へ積極的に顔を出して人脈を作り、自分のやる気を高める事もやるべきことの1つと言ってもいいでしょう。