社会福祉士は介護が必要な高齢者や、身体的に不自由な方、児童など社会に適応しにくい方々の相談役です。

社会的意義がある仕事ですが、社会福祉士にとっては将来性や労働環境などから、キャリアを見直したいと考えている方も少なくないでしょう。

そんな社会福祉士の方はフリーランスの社会福祉士として活動してみてはどうでしょうか?

きっと、あなたが社会に提供する価値を最大限活かせるでしょう。

今回は、キャリアを見直したいと考えている社会福祉士の方に向けてフリーランスとして活動するキャリア形成について紹介していきます。

社会福祉士として働いている、もしくは社会福祉士に興味がある方はご一読ください。

フリーランス社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容はさまざまな悩みを抱えている相談者の話を聞き、どのような社会的支援ができるのかを提案することです。

日常の相談もありますが、認知症や知的障害などで判断能力がない方のサービス契約や預金等の管理も支援しています。

そして、社会福祉士が活動しているのはこれら3分野に分かれており、どの領域にも社会福祉士が必要不可欠になります。

  • 高齢者介護
  • 障害者支援
  • 児童福祉

それぞれ解説していきます。

高齢者介護

主に、老人ホームや介護施設などで働き、利用者からの相談役として勤めています。

金銭的な悩みや家族の悩み、または高齢者の家族から悩みを受けることがあるでしょう。

自分に不利益な契約でも適切な判断能力がない高齢者には代理人として支援することもできます。

障害者支援

主に、病院やリハビリ施設などで働き、利用者からの相談役として勤めています。

リハビリに関する悩みや精神面、治療の金銭的悩み、将来的な不安、生活保護受給の相談まで、人によってさまざまな悩みを相談されるでしょう。

児童福祉

主に、児童養護施設で働き、児童からの相談役として勤めています。

何らかの事情で家族とは別に暮らしている児童であるから、家庭関連や将来の相談ごと、また学校での出来事など相談されるでしょう。

社会福祉士と社会福祉関連職業との違い

ここまで社会福祉士の仕事内容を見てきましたが、社会福祉の現場では社会福祉士とその他の関連職業との違いがあやふやになっているため、同じ仕事と思っている人が少なくありません。

そこで、ここではその他社会福祉関連職業の仕事内容も見てきましょう。

社会福祉士と間違われる職業はこれらです。

  • ソーシャルワーカー
  • ケアマネージャー
  • 精神保健福祉士

社会福祉士は社会福祉全体の相談役だけでなく、行政・法務(相続や生活保護など)の支援活動を行うのが仕事です。

それに対し、ソーシャルワーカーは国家資格が必要とせず、日常の生活を援助することが仕事です。

また、ケアマネージャーは介護を専門とする介護専門支援者です。

そして、精神保健福祉士は特に精神的に疾患がある方を対象とした支援を行なっています。

とても似ている部分がある社会福祉関連の職業ですが、フリーランスになる場合には違いを明確にしておきましょう。

フリーランス社会福祉士のなり方

そもそも社会福祉士になるためには、必ず国家資格を取得しなければいけません。

国家資格取得方法はこれら4パターンです。

  1. 4年制福祉系大学の課程を修了する
  2. 福祉系短期大学を卒業後、実務1~2年経験する
  3. 4年制一般大学を卒業後、一般養成施設にて1年以上学ぶ
  4. 一般短期大学卒業後、実務経験1~2年、一般養成施設1年以上学ぶ

福祉系大学に行かずとも、働きながら資格を取得することができるので、誰でも社会福祉士を目指せますね。

独立前に必ず社会福祉施設で働こう

社会福祉士の仕事は人とコミュニケーションを取ることであり、実務経験がない社会福祉士には信用がありません。

とくに独立後のメイン業務が成年後見人業務であるため、信用がなくては仕事すらもらえないでしょう。

成年後見人制度とは 認知症,知的障害,精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援することです。

法務省

社会福祉施設で働くことで、業務を理解し、利用者との信頼関係や社会福祉施設との関係を作ってからフリーランスとして独立しましょう。

フリーランス社会福祉士独立後の流れと仕事

フリーランス社会福祉士として独立したら、まず日本社会福祉士会の名簿登録をしましょう。

義務ではありませんが、登録すれば

  • 全国規模の団体であるため、社会的信用の確保
  • 日本社会福祉回のネットワークに所属できる
  • 年1回の研修会に優先的参加

など、独立時の不安を相談できることもあり、名簿登録をした方がメリットが大きいです。

また、雇われ社会福祉士と違い、フリーランスになると活動幅は主に3つに広がります。

  1. 相談・援助・サービスなどの個人契約
  2. ケアプランニング・成年後見人委託・研修などの業務委託
  3. 企業・学校などでアドバイザー・コンサル契約

ただ、すぐに収入が安定するわけではありません。自分の始められる範囲から仕事を始めましょう。

まずは業務委託から始めよう

独立したての頃は直接仕事を依頼されることは稀で、比較的に仕事が依頼されやすい業務委託から始めましょう。

  • 前職の施設
  • 地域包括支援センター
  • 病院

など、直接挨拶回りをして仕事をもらえる関係を作ることも大切です。

その社会福祉施設で抱えている課題を自ら働きかけ、仕事をもらい、信頼を構築すること。

少しづつ信頼を獲得していけば、仕事をもらえたり、業務委託以外での活動も増えていくでしょう。

独立すれば社会意義の視野が広がる

フリーランス社会福祉士として活動していくための方法を紹介してきました。

社会福祉士は社会意義がとても高い職業です。フリーランスとして独立せず、雇われ社会福祉士でいれば収入面は安定するかもしれません。

ただ、さらに幅広く社会活動に関わりたいと考えているなら、フリーランスとして活動するのも良いでしょう。

しかし、独立はじめは仕事が少なく、信頼関係を構築するのが大変なのは確かです。

独立前は入念な準備をした上で、フリーランス社会福祉士として活動していきましょう。