フリーランスとしてホームページ・サイト制作の案件を獲得したら、まずやらなければいけないのが見積もり作成です。

会社員だと自分で見積もりを作ることはあまりないので、どうやって作ればよいのか戸惑いますよね。

サイト制作の相場が分からない
見積もりの基準が知りたい

といった悩みを抱えるフリーランス初心者は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホームページ・サイト制作の見積もり作成方法と、価格の算出方法をご紹介します。

初めての見積もり作成で悩んだときは、ぜひ参考にしてみてください。

サイト制作の見積もりは案件次第

初めてだと「相場はどれくらいなんだろう」と気になりますが、サイト制作の見積もりは案件によって異なります

クライアントの要望に応じてどれくらいの作業工数がかかるかわからないので、サイト制作の見積もりに相場はありません。

どのくらいの規模の制作になるのか、見積もりを提示する前にサイト制作に必要な情報をヒアリングしていきましょう。

ヒアリングした情報によってかかる作業工数を計算し、見積もりを出します。

見積もり作成で抑えておくべき3つのポイント

見積もりをする前に、クライアントからどのような規模の制作になるのかヒアリングは必要です。

ヒアリングも含め、サイト制作の見積もり作成で必要な3つのポイントを知っておきましょう。

抑えておくべき3つのポイントはこれらです。

  1. 見積もり作成で必要な情報を知る
  2. 2種類の見積もり方法を知る
  3. サイト制作の内訳を知る

それぞれ紹介していきます。

見積もり作成で必要な情報

ヒアリングでは、以下の情報を聞き出しましょう。

  • 新規作成・リニューアル作成
  • ホームページの種類
  • 作成するページ数
  • 顧客管理データの要不要
  • スマホ対応
  • ログイン機能
  • ホームページ上での決済導入
  • 納品希望日

新規かリニューアルかによって、かかる作業工数は大きく異なります。

リニューアルなら既にあるサイトの情報を元に制作できますが、新規なら情報が全くないので0からのスタートになります。

スマホ対応にする場合は、スマホ画面でのデザインを考えたりレスポンシブデザインにしたりと手間暇も2倍です。

納品希望日があまりに短い場合は、他の案件との兼ね合いで追加料金をいただくことを検討しても良いでしょう。

これらの他にも、オプションを付けようと思えばまだまだあります。

2種類の見積もり方法

それでは、実際に見積もりを出していきましょう。

見積もりには、以下の2種類があります。

  1. ページ単価
  2. 工数(人日)単価

主流なのは、2つ目の工数(人日)単価での見積もり計算です。後ほど工数単価での計算方法の例を紹介します。

サイト制作の内訳

サイト制作をする上で必要な情報をヒアリングできたら、作成する作業量を細かく算出していきます。

サイト制作で費用として計上できるのはこれらです。

  1. ディレクション費用
  2. デザイン制作費用
  3. フロントエンド開発費用
  4. バッグエンド開発費用
  5. ブラウザ検証費用

それぞれさらに細かく解説するために次のセクションで説明します。

サイト制作の見積もり内訳

ディレクション費

ディレクション費は、スムーズにサイト制作を計画・進行するための費用です。

見逃しがちですが、クライアントとの打ち合わせや連絡対応にも時間と手間がかかっているので費用が必要です。

  • 打ち合わせ(ヒアリング)
  • 提案資料の作成
  • プランニング・コンセプト設計など
  • 仕様策定(サーバ構成やブラウザ仕様など)
  • プロジェクトマネジメント管理

デザイン制作費

デザイン制作費は、サイト全体やロゴ等のデザインにかかる費用です。

サイトのデザインによってその会社のイメージは大きく変わります。

家に例えると「設計図」としての役割を果たす、とても重要な要素です。

  • トップページデザイン制作
  • 下層ページデザイン制作
  • ロゴ制作
  • イラスト制作

フロントエンド開発費

フロントエンド開発費は、デザインしたものを実際にサイトにして動きをつけるための費用です。

デザインした「設計図」に沿って、建築していく作業です。

  • HTMLマークアップ
  • CSS実装
  • JavaScript、アニメーションの実装
  • システム設計

バッグエンド開発費

バッグエンド開発費は、サイトのシステムを開発したり、オプション機能をつけたりするための費用です。

家に例えると「土地」の部分をしっかりと作るフェーズです。

  • システム設計
  • システム開発(プログラム開発)
  • さまざまなオプション機能開発
  • サーバー構築

テスト検証費

テスト検証費は、出来上がったサイトに問題がないかテスト検証するための費用です。

サイトができたら、クライアントが希望するブラウザに対応しているのかの確認を行います。

問題なく表示・動作することが確認できたら、完了です。

見積もり作成の計算方法

見積もり作成で作成に必要な情報をヒアリングしていき、クライアントの要望にあったサイトのイメージがはっきりしたところで見積もり計算に入っていきます。

サイト制作の内訳で示したように様々な費用別に工数がかかるため、その作業にどれくらいの作業工数がかかるのかについて算出していきましょう。

ここでは、工数単価計算で見積もりしていきます。

見積もり作成で知るべき計算例

人日単価が8,000円だとした時の見積もりを計算していきます。

「それぞれの工程にかかる日数×1人日8,000円」が見積もり額です。

ヒアリングに必要な日数が2日×1人日= 16,000円になります。

ロゴ制作に必要な日数が3日×1人日=24,000円になります。

サイトデザインに必要な日数が3日×1人日=24,000円になります。

上記のように工程ごとにかかる費用を計算していき、合計金額を出しましょう。

見積もり作成にヒアリングは必須

今回は、ホームページ・サイト制作の見積もり作成方法と価格の算出方法についてご紹介しました。

  • サイト制作の見積もりは案件によって異なる
  • クライアントのヒアリングで、見積もり作成で必要な情報を知る
  • サイト制作の内訳を知る
  • 工数単価計算では、「かかる日数×人日単価」が見積もり額

結論としては、見積もり作成はクライアントとのヒアリングで「どのようなサイトを作りたいか」を細かく聞かなければできません。

ヒアリングをしっかりとして、作りたいサイトと、それにかかる時間を細かく計算した上で見積もりを作成しましょう。