副業で赤字になったけど確定申告は必要?

副業に取り組んでおり、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

確定申告を忘れて追加の税金を支払う事態は避けたいですよね。

そこで、今回の記事では副業で赤字が出た場合の確定申告について解説していきます。

具体的には、

  • 確定申告が必要なのは所得が20万円以上の場合
  • 赤字でも確定申告するのがおすすめ
  • 副業が赤字で確定申告すると会社にバレる可能性も

の順番にご紹介します。

副業で赤字が出て、どのようにしたらいいのか迷っている方の参考になれば幸いです。

確定申告が必要なのは所得が20万円以上になった場合

確定申告が必要なのは、所得が20万円以上の場合です。そのため、副業が赤字の場合は確定申告しなくても大丈夫です。

確定申告での所得とは、「収入=稼いだ金額」ではなく「所得=収入ー経費」なので注意しましょう。

例えば、副業での収入が50万円あったとしても経費が40万円だった場合

所得(10万円)=収入(50万円)ー経費(40万円)

となるので、確定申告の必要はありません。所得が20万円を超えたら、必ず確定申告を行いましょう。

副業での確定申告については、関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:副業したら確定申告が必要か?確定申告がいる副業とは

青色申告の場合は確定申告した方がお得!赤字を3年繰り越せる

副業の所得が赤字だと確定申告の必要はありませんが、青色申告の方は確定申告するのがおすすめです。理由としては、青色申告の方は赤字を3年繰り越せるからです。

赤字を繰り越せることで、今年は赤字だとしても来年以降利益が出た場合に相殺できるので税金面で非常にメリットがあります。

例えば、平成30年度の確定申告で150万円の損失が発生しており、平成31年度の確定申告で300万円の所得が出ていたケースだと、

300万円ー150万円=150万円

となるため、平成31年度の課税対象金額は150万円になります。

300万円と150万円だと税率が変わるため節税効果が高まります。

  • 195万円以下:税率5%
  • 196万円以上330万円以下:税率10%

注意点として、赤字を3年繰り越せるのは青色申告者のみです。白色申告では一部の赤字しか繰り越すことができません。

青色申告と白色申告の違いについては、関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:青色申告と白色申告はどっちにすればいい?違いを解説!

副業を赤字で提出すると、会社が支払う特別徴収分の住民税が減るためバレる可能性が高まる

副業を確定申告で赤字で提出すると、会社に副業がバレる可能性が高まります。

なぜなら、副業の赤字の計算分で支払う住民税の金額が減ってしまうからです。事業所得は会社の給与所得と合算で計算でき、支払う住民税の金額が減ってしまいます。

「副業分の住民税は普通徴収を選べば、会社にはバレないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、副業分の住民税を自分で支払う普通徴収を選んだとしても、赤字であれば支払う住民税がありません。むしろ給与所得の住民税まで減ってしまいます。

給与所得の分の住民税は、特別徴収分は会社の給料から天引きとなります。そのため副業を赤字で申告している場合、会社が通常支払う住民税よりも税金が減っているので怪しまれて副業がバレてしまう可能性が高まってしまいます。

副業を赤字で提出すると会社にバレてしまう可能性が高まるため、会社にバレたくない方は注意しましょう。

副業が会社にバレないための対策を関連記事で紹介していますので、会社にバレたくない方はぜひ読んでみてください。

関連記事:副業がバレないためには住民税を自分で支払おう!住民税以外で会社にバレるパターンも解説

給与所得の節税目的で副業を赤字にするのはNG

給与所得にかかる税金を節税したいからと、副業を赤字で申告するのは絶対にやめましょう。給与所得と損益通算し、還付金を目的とした赤字申告は認められません。

もし赤字にするために経費として認められないプライベートな支出を含めていたりすると、追徴課税で通常より税金を多く支払う必要があります。

手間も増える上に、本来払う必要のなかった税金まで支払わなければなりません。

「どこまで経費として認めていいのかわからない」

と疑問を持った方に向けて、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:フリーランスの経費は「売上に必要だったか」が基準|認められる経費の範囲を紹介

副業で赤字が続く場合は、やり方を考え直す必要がある

そもそも副業で赤字が続く場合の副業の選び方や副業のやり方に問題がある可能性が高いです。副業で赤字が続く場合は、副業の種類ややり方を考え直すきっかけとなります。

副業のおすすめな選び方は、

  • スキルアップにつながるか
  • 初期費用がかからないか
  • 稼ぎやすいか
  • 将来性はあるか

を基準にするのがおすすめです。

上記の基準で選んだ副業でおすすめなのが、

  • ライティング
  • ブログ・アフィリエイト
  • プログラミング

の3つです。副業でうまくいった場合、Web業界への転職の可能性も広がるのでキャリアアップにもつながります。

おすすめな副業に関しては、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:副業をおすすめランキングで紹介!選び方や税金対策も解説

正しく確定申告を行おう

今回の記事の内容をまとめます。

  • 確定申告が必要なのは所得が20万円を超えてから
  • 青色申告だと赤字を3年繰り越せる
  • 副業を赤字で提出すると会社にバレる可能性が高まる
  • 節税目的で副業を赤字で提出するのはNG
  • 赤字が続く副業は改めて考え直そう

副業は、スキルアップや収入を増やすだけでなく、税金や確定申告について詳しくなるきっかけにもなります。副業で所得が20万円を超えたら、確定申告を必ず行いましょう。