「個人事業主になったはいいけれど、なかなか事業が上手くいかず収入が安定しない…」

そんな方は、副業を始めてみるのがおすすめです。

副業をすると、収入をアップしつつスキルや仕事の幅を広げることができます。

副業といってもたくさんの種類があるので、「個人事業主が副業するならどんな仕事がいい?」と悩む方も多いですよね。

そこで今回は、個人事業主におすすめな副業仕事の獲得方法副業のコツをご紹介します。

副業に取り組む個人事業主の理由は様々

働き方改革によって多くの会社で副業が解禁されたり、複数の仕事に取り組む「パラレルワーカー」という働き方が注目されたり、働き方は多様化してきています。

個人事業主の中でも、本業だけでなく副業にも取り組む人が増えてきています。

その理由は「仕事やスキルの幅を広げたい」「本業だけでは生計を立てるのが厳しい」など、人によって様々です。

個人事業主がもっと自分らしく、自由に働くためのひとつの選択肢として副業はおすすめです。

個人事業主が副業するなら本業を活かせるものがおすすめ

個人事業主が副業をするなら、本業を活かせるものが良いでしょう。

本業と上手く組み合わせることでスキルアップしたり思わぬところから仕事が舞い込んできたりと、相乗効果も期待できます。

個人事業主が本業を生かして取り組みやすい副業をご紹介します。

本業の情報発信に加えて、Webスキルが身につく「ブログ」

ブログは、個人事業主におすすめの副業です。

自分のブログを立ち上げることで、サイト設計やカスタマイズの基本的な知識や記事執筆など、Webスキルを身に着けることができます。

副業としてブログをするメリットは、ストック型の資産となることです。

一度書いたブログ記事は、紹介した商品を読者が購入したり、多くの人が読んだりすることで自動的にお金を生み出してくれます。

空き時間にコツコツ記事を積み重ねることで、資産をつくることができます。

本業の知識やスキルをブログのネタにして、本業の情報発信にも繋がります。

読者からの信頼度も高く、価値のある情報を提供できるブログになるでしょう。

 

また、ブログは宣伝ツールとしても使えます。

チラシやCMで宣伝すると多額のお金がかかりますが、ブログはインターネット環境さえあれば無料で始められます。

有料のドメインやサーバーを利用すると少しお金はかかりますが、ドメインは年間1,000円程度、サーバー代は月額500円程度と大した額ではありません。

もし収入にならなくてもダメージにはならないので、リスクが少ない分気軽に始めやすいです。

ブログで注意したいのは、お金になるまでには時間がかかることもあること。

人によっては2~3年かかることもあります。

今すぐ収入を増やしたいという人には不向きで、本業で生活費は十分稼げている人向けの副業です。

関連記事:ブログは副業として始めやすい!稼ぐための3ステップも紹介

即金性が高く、普遍的なスキル「ライティング」

今すぐにお金が必要なら、即金性が高いライティングがおすすめです。

日本語で分かりやすい文章を書ければ、未経験者でもすぐに稼げるようになります。

仕事を依頼したい人と受注したい人をオンラインで繋ぐ「クラウドソーシング」を活用して案件を獲得しましょう。

クラウドソーシングを通して受注・納品すれば、最短で半月後には報酬を得ることができます。

クラウドソーシングにはたくさんの案件があり、未経験者でもできるようなものも数多くあります。

本業の分野についてのライティング案件なら、本業としての活動をアピールすることで獲得しやすいです。

ライティングでは、読まれる文章を書くために執筆前に徹底したリサーチを行います。

リサーチで得た情報を分かりやすく文章にすることで、自分の知識を広げることもできます。

本業以外でも、勉強したい分野、興味のある分野に関する案件を選ぶのもひとつの手です。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

副業を継続するには時間の確保が必須

副業で収入を得るためには、継続することが大切です。

本業をこなしながら副業を継続していくには、ある程度の時間の確保が課題となってきます。

とはいえ、副業に夢中になって本業に支障が出ては本末転倒です。

本業と両立しつつ副業の時間を確保するために取り組んでほしいのがタスク管理。

おすすめは、日や週ごとのToDoリストを先回りして作ることです。

前日夜に翌日のリスト、毎週末に翌週のリストを作りましょう。

本業・副業それぞれにおいてやるべきことを前もって明確にすることで、抜け落ちやミスを防ぎ、効率的に仕事を進められます。

本業後に「最低これだけは副業をする」と時間の目標を設定すると、毎日の習慣として副業に取り組むことができるでしょう。

副業の確定申告も本業と合わせて行えばOK

個人事業主にとって避けては通れない確定申告。副業の収入に関してももちろん確定申告が必要です。

しかしわざわざ別で行う必要はなく、副業の確定申告も本業と合わせて行うことができます。

副業で得た収入や使った経費も、本業と同様にきちんと把握しておきましょう。

確定申告では、本業も副業も合算して計算します。

関連記事:副業の税金とは|年末調整と確定申告どっちも必要

本業と副業のダブルワークで収入とスキルを伸ばそう

今回は、個人事業主におすすめの副業と、副業のコツをご紹介しました。

  • 個人事業主の副業には、本業を活かせるものがおすすめ
  • ブログは本業の情報発信やWebスキル習得に役立つ
  • ライティングはすぐに稼げて本業の知識も生かせる
  • 副業を継続するには時間の確保が必須
  • 確定申告は本業・副業合わせて行えばOK

個人事業主は、収入が不安定になりがちですよね。

「クライアントから突然切られて収入が一気に減った!」なんて事態もよくあること。

副業に取り組んで収入の柱を増やすことで、リスクを軽減することができます。

本業の知識やスキルを活かしつつ、更なるスキルの習得や仕事の幅を広げることにも繋がります。

本業とうまく両立して掛け合わせながら、収入とスキルを伸ばしてください。