IT企業などの会社内で働くSE(システムエンジニア)の仕事。

実は、多くの会社員SEが憧れているのが、フリーランスとしてのSEです。

イメージとしてですが、一つの企業で同じ仕事をしているSEよりも、フリーランスのSEの人の方が自由に働ける印象があります。

しかし、期待を膨らませて安易に飛びついてしまってはいけません。

今回は、実際にSEとして独立する前に必要な準備や情報について解説していきます。

フリーランスのSEの働き方

今までずっと会社員のSEとして働いてきた人には、フリーランスのSEがどんな風に働いているのか、あまり想像がつかないかもしれません。

主な働き方とすると、下記の二つがメインになります。

出向型が主流

仕事をもらう企業の中に入って、出向社員のような形で仕事をする勤務方法です。

多くの場合は、その単発の仕事ごとに業務委託の契約で仕事をもらう形になります。

契約時に決めた単価によって給料が決まるため、会社員SEの時よりも金額的な交渉術つけておく必要があります。

在宅でもできる

在宅型は、自宅か事務所で仕事をする仕事の形態です。

いわゆるSOHOと呼ばれるものですが、企業から決められた期日までに仕事を納品する形になります。

仕事としてはプログラミング関連のものが主流になり、その案件の仕様書を受け取ってプログラミングをおこない、試作・テストを進めていく形が多くあります。

この場合、自宅や事務所の仕事の環境における情報漏洩に気を付けなければなりません。

企業としての大事なデータや顧客情報などを持ち出して行うことは、企業からすると大きなリスクを伴うので、全体の割合としては、やはりその会社に出向して仕事を行うものが主流となります。

フリーランスSEになる前に必要なこと

独立してフリーランスのSEになるためには、一通りの実務経験が必要になります。

プログラミングに関することはもちろんのこと、システム分析や維持・メンテナンス等々、独立する前に最低でも2〜5年の実務経験は必要となるでしょう。

その他、会社に在籍しているうちに必要なことを下記に列挙していきます。

既存の仕事の繋がりを大切に

フリーランスのSEが仕事を獲得するための方法として、会社員時代の既存の顧客からの仕事の継続や紹介があります。

実際、この割合は全体の半数ほどに及ぶというデータもあります。

既存の契約主・顧客からの仕事をきちんとこなしていれば、そこから周りへの口コミや他会社への紹介が広がっていく可能性が増えます。

そのために会社員として組織に属しているうちに、SEの仕事のパフォーマンスを最大に高めておくことが大事です。

フリーランスになってから受け持つ仕事は同じだとしても、組織でもらっていた仕事の金額と、フリーランスのSEになったときに契約の金額や条件を向上させるために、いまある既存のつながりを大事にしておくことが重要です。

少し苦手な仕事も選ぶ必要性

フリーランスのSEになると、自分の興味のある分野や得意とするプログラミング言語の中から、やりたい仕事を選べるようになります。

しかし、得意なジャンルの仕事や言語プログラム仕事ばかりを選んでいると、移り変わりの激しいIT業界の最新の情報に取り残されてしまう恐れがあります。

そうならないために、自分が不得意だと感じる分野の仕事もできるだけ果敢に挑戦していくことも必要です。

コミュニケーションのスキル

フリーランスのSEになると、会社員のときよりも対人関係が薄れる傾向にあります。

決まった上下関係の人たちと共に仕事を進めなければならない会社員とはちがって、出向型とはいえフリーランスのSEは与えられた契約の業務さえやっていれば、必要以上に直属の上司にゴマをすったり、無益な夜の飲み会に参加しなくてもいいからです。

それ以外の部分で契約している会社から評価をもらっているからこそ、フリーランスのSEは成立しています。

日本の会社組織の傾向として、同じ会社の仲間には厳しくいっても「あの人は別の会社だから」という意識があると、必要以上に距離を近づいてきません。

交渉術を高める必要性

その代わり、契約における交渉術のスキルは長けていないといけません。

技術職の人はどうしても口下手になってしまいがちですが、あちらの都合ばかりの条件に押されて大事な契約金額の交渉の時に言い負かされてしまうと、ときには割に合わない仕事となってしまうこともあります。

対策として、プライベートにおける対人関係の会話のキャッチボール・コミュニケーションをしっかり取って、仕事の交渉時の話術に磨きをかけておきましょう。

クレジットカードの作成

フリーランスになると、会社員時代には考える必要のなかった外からの信用・信頼が落ちてしまいます。

組織に属していない分、カード会社や金融機関の立場からすると、フリーランスは安定した収入が期待できない人という見られ方になってしまうからです。

もちろん、そういう一生涯そういう見られ方をされるということではなく、あくまでそういう傾向にあるということですが、フリーランスになって慌ててカード会社の審査に一喜一憂するよりも会社員時代に作っておいた方が得策といえます。

 

参照:フリーランスはクレジットカードの審査は通るか

住宅や車のローンを組んでおく

これもクレジットカードと同じく、会社員のうちにローンを組んでおきましょう。

その理由は、まず会社という後ろ盾がないことと、金融機関からするともし何かあったときにちゃんと返済してもらえるのかという大きな懸念材料となり、審査が不利になってしまうからです。

 

参照:フリーランスはローンの審査は通るのか

フリーランスSE向けの案件サイト

近年では、新しく仕事を得るためにSE以外の仕事においてもクラウドソーシングの仕事が増えています。

在宅型の案件を探したい人は、クラウドワークスなどにおけるクラウドソーシングサービスも視野にいれておいた方がいいでしょう。

それ以外に、フリーランス専門のエージェントも存在するので、これを利用することも重要な選択肢です。

メリットとしては、個人では取りにくい大企業の仕事の案件や高い単価の案件を見つけやすいことが挙げられます。

他には、第三者としてのエージェントのキャリアコンサルタントが、客観的にSEとしての技術力や判断を下してもらえたり、契約を明確化できるなどの利点があります。

下記のエージェントのうち一つだけに絞る必要はないので、複数ものを登録をしておくと良いでしょう。

 

・フリーエンジニアのIT求人・案件情報サイト【レバテックフリーランス】

・フリーランス ITエンジニアの案件・求人情報サイトは【geechs job(ギークススジョブ)】

・フリーランスの案件・求人は【PE-BAN(ピーバン)】

まとめ

ここまでフリーランスSEの独立に関することを解説してきました。

ずっと会社員だったSEの人がフリーランスSEになることは、人生においての一大決心です。

ITエンジニアとしてもっと高い評価を得て高い収入を狙うことは、ある意味当然のことでもあるので、フリーランスSEで挑戦してみたいという人はこれから増えてくるでしょう。

市場を見渡してみると、近年盛り上がっているSNSやスマホのアプリなど、フリーランスのSEでも仕事を見つけられる環境は整ってきています。

ここに挙げてきたことに気を付けて、ぜひフリーランスのSEの技術に磨きをかけておきましょう。