SE(システムエンジニア)の業界では、会社に属さずにフリーランスとして独立や起業を目指す人が多いと言われています。

SEの仕事は大きな設備が必要なく、個人でもできる仕事が多いので、比較的独立しやすいからでしょう。

しかし、実際に独立した人の話を聞くと「ある意味、会社員の時の方が楽だった」「やるべきことがとても増えて大変」という声も聞きます。

今回は、そんなフリーランスSEのキツイと思われるポイントと独立する前に注意すべき点を解説していきます。

フリーランスSEのリスクとは


独立のメリットばかりに気を取られて、フリーランスの大変さを知らずに会社を退職してしまうと、リスクやデメリットに目が向かない場合があります。

「私には会社員の方が合っていた」とならないように、フリーランスSEのリスクについても心得ておきましょう。

SEの仕事以外の仕事が増える

会社員時代にはやらずに済んでいたことも、フリーランスSEになるとやらなくてはなりません。

その代表的なものが、営業や経営・会計についてです。

コードを書いたりプログラミングだけしているのでは新たな仕事はもらえないので、営業の方法についても学ばざるを得ません。

同様に、会計についてや法律に関することも知らなかったでは済まされないので、それに関する知識もつける必要があります。

報酬の未払いの可能性

独立してから頑張って自分で営業をして、大口の案件を取ってきたとしても、その報酬を支払ってもらえなければ意味がありません。

実際、一定数のフリーランスSEが経験してしまうのが、報酬の未払いです。

仕事を引き受ける最初の段階で、しっかりと細かい契約内容まで詰めておいて、トラブルになるような種を摘んでおきましょう。

報酬未払いの対策とは

報酬未払いを防ぐ対策としては、まず契約書を交わすことです。

もし契約書を書くのがむずかしい場合は、口頭だけで終わらせずに、なにかしらの書面かメールなどの形に残るものに残しておきましょう。

それでも未払いがおきてしまった時は、クライアントに内容証明を送ったり、少額提訴などの処置も考えておくといいかもしれません。

会社が保証してくれている給料も、フリーランスの場合はすべて自分で管理しなくてはならないのです。

会社員としての福利厚生がなくなる

いままで会社から支給されていた通勤費や住宅や家賃の手当・社会保険といった各種福利厚生がなくなってしまいます。

なので、上記のものはフリーランスとして得た報酬の中から工面しなければなりません。

新しい資格の取得のための勉強やスキルを上げていくための教育制度などもないので、その機会も自らで作っていかなければなりません。

関連記事:フリーランスは健康保険をどうするべき?保険料を安くする方法はあるか?

関連記事:フリーランスは年金をどうするべきか?今は良くても将来を考えると対策すべき

オフが取りにくい

フリーランスの場合、自分で決まった休日を決めない限り、毎日仕事漬けになってしまう可能性もあります。

仕事の量や納期の調整なども、代わりに見てくれる人がいないので、全て自分でコントロールする必要があります。

睡眠時間や健康面でのバランスも考えて、しっかりとオンとオフのバランスを取る必要があります。

SEで独立するために必要なスキル

フリーランスのSEとして、独立する前の段階で一人立ちしてやっていける力を身につけておかなければなりません。

具体的にどんなスキルが必要なのか、下記に紹介してきます。

言語プログラムなどの開発経験

エンジニアとして即戦力となるようなプログラミング技術を持っていることはもちろんのこと、開発経験はほぼ必ず必要になります。

こちらが持っているカードとして、いろんな場面・環境で対応しできるスキルを持っておくことが大事です。

OSやミドルウェアの種類を問わず仕事ができるのか、システムの設計や言語も何種類も対応できるのか、プログラムを書くとしたら、どのくらいのレベルまで書きあげれるのか。

全体の傾向として、フリーランスのSEの募集案件で多いのが、PHP、Java、Linux、C/C++、MySQLなどのスキルです。

これらの該当する言語・環境を用いた上で、数年間(1〜3年間くらいの)の開発の経験は独立する上で必須と言えるかもしれません。

豊富な仕事の実績

数あるエンジニアの中から自分に仕事を振ってもらえる確率を上げるには、豊富な仕事の実績を積んでおくことが、最も大事なことの一つです。

スキルはしっかりあっても実際の仕事の実績を積んでいない人は、免許があっても車を運転できないことと同じなので、実際の車の運転経験があることの方が大事です。

「このくらいの値段を支払ってでも、このフリーランスSEに仕事を頼みたい」と思ってもらえるような実績を積んでおきましょう。

仕事を取るための営業力

エンジニアとして培ってきた技術・能力をクライアントに紹介するのに必要なのが営業力です。

「私はこんなことができます」「過去にこんな業績を積み重ねてきました」という実績がたくさんあっても、それをうまくクライアントに相手に伝えることができなければ「このエンジニアに仕事を任せよう」とは思ってもらえません。

もし今の自分に営業力が足りないと感じたならば、営業を本職にしている人に素直に営業のコツやテクニックを教わってみるのもありです。

営業力に近いものとして、横のつながりを増やす人脈を広げることも大事な営業要素の一つです。

独立して挑む決断をしたならば、営業マンも顔負けの営業スキルを身につける努力もしてみましょう。

SEの案件を見つけるサイト

近年では、新しく仕事を得るためにSE以外の仕事においてもクラウドソーシングの仕事が増えています。

在宅型の案件を探したい人は、クラウドワークスなどにおけるクラウドソーシングサービスも視野にいれておいた方がいいでしょう。

それ以外に、フリーランス専門のエージェントも存在するので、こういうものを利用することも大事な選択肢の一つです。

 

参照:SEフリーランスの働き方と事前に準備すべきこと

まとめ

ここまでSEが独立する前に注意すべきことについて解説してきました。

フリーランス・独立をためらう人の多くのケースとして、エンジニア以外の営業活動や経理など、SEの業務以外の仕事にちゃんとできるだろうか?と不安を抱えている人が多いと聞きます。

しかし、はじめからなんでもできる人はいないので安心してください。

職人気質のプログラマーの人も、頭の中で少しでも独立を意識したということは、会社員では物足りない何かを感じていたからでしょう。

上に取り挙げてきたことに注意をして、独立を成功の道へと導いていきましょう。