「営業マン」と聞くと、企業に所属して働いているイメージが強いですが、実は「フリーランスの営業マン」も存在します。

営業は物を売ることが仕事です。どこの企業も自社の商品を売り上げないと収益は入ってきません。

しかし、技術色の強い企業など、自社で営業を抱えていないところもたくさんあります。

だからこそ、商品を売れる営業マンは必要とされる人材なのです。

今回の記事ではフリーランスの営業マンについて、メリットは何か?どんな仕事をしているのか?どのように仕事を獲得しているのか?について解説していきます。

フリーランスの営業の仕事とは?

フリーランスの営業マンは自らの営業能力を生かし、組織に所属しないでクライアントのために営業活動をします。

売る商材はクライアントによって変わりますが、フリーランスの営業マンだから自分で好きな商材を選ぶことができます。人によって得意分野があるため、どのような商材があるのか把握しましょう。

例としてwebサイト制作や生命保険、ネット回線、人材派遣の営業などの営業商材を紹介していきます。

Webサイト制作の営業

webサイト制作の営業はwebサイト制作の流れを把握している方におすすめです。

web関連が詳しくなければ、契約後にサイト制作を行う人への引き継ぎが上手くいかず、クリエイティブ側が仕事を取り組めないといった状況にもなりかねません。

設立間もないwebサイト制作会社などは営業をあまり得意としていない場合が多く、営業を雇う余裕もないためフリーランスの営業マンに需要がありますね。

生命保険の営業

保険関連、特に生命保険は業界でも営業マンの離職率は高く、売りにくいことで有名ですよね。

フリーランスの営業は企業でも売りにくい商材を扱うことで会社員よりも優遇された報酬が与えられます。

またフリーランスは成果報酬型なので、契約数によってかなりの報酬がもらえるでしょう。

ネット回線の営業

ネット回線の営業もまた売れにくい業界の一つです。しかし、その分高額報酬で業務を請け負うことができます。

ネット回線はプランやオプション、通信速度など細かい情報や複雑なことが多いこと、さまざまな企業がネット回線事業に参入しているためそれらの比較をすることも必要ですね。

人材派遣の営業

人材派遣もまた企業で営業の離職率が高いことで有名です。

人材業界では営業の力が大きく試されている事業が多く、クライアントと良好な関係を築ければ人材派遣以外にも採用支援や転職支援などさまざまな方面で活躍することが出来るでしょう。

 

フリーランスの営業は自身の営業能力で会社の売れない商品を売ることが仕事です。

1人代理店のような形になり、時間の拘束もなく自由に自分のスタイルで売ることが出来るので、幅が広い仕事ですね。

案件の獲得ってどうやるの?

フリーランスの営業の案件獲得方法は大きく分けて2つの方法があります。

  1. 代理店契約
  2. 営業職のクラウドソーシングサイト

案件の獲得は代理店契約をするか、もしくはクラウドソーシングを利用するケースが多いです。

代理店契約では商材を取り扱っているクライアントと一対一の代理店契約を結びます。商材の利益の〇〇%のような契約によってクライアントから支払われる報酬が決まります。

代理店契約や業務委託を探す場合にはアントレnetが便利です。

 

クラウドソーシングは仕事を依頼したい企業と働きたい個人をつなげるプラットフォームで、商材のジャンルはさまざまです。

単発の仕事もあれば、クライアントと長期的にお付き合いがある仕事もあるので、さまざまな仕事が舞い込んでくるクラウドソーシングをチェックしておくことも大切ですね。

営業職専門のクラウドソーシングサイトだとkakutokuが有名です。

フリーランスの営業のメリット

これまでフリーランスの営業の仕事や案件の獲得などを解説してきました。

最後にフリーランスの営業になるメリットを紹介していきます。フリーランスの営業になるメリットは以下4つあります。

  1. 自由に商材を選ぶことが出来る
  2. 自分の時間をコントロールできる
  3. 自分の営業スタイルで営業ができる
  4. 営業力を活かせば報酬に上限がない

それぞれ解説していきます。

自由に商材を選べる

フリーランスの営業マンは会社員の営業職と違い、自分の扱う商材を選べます

会社員の場合には会社の商品を売らなくてはいけないので、どう見ても売れないような商品も販売しなくていけないため契約につなげるのが難しかったはずです。

フリーランスであれば自分が売りたいと思った商品を自信を持って営業することができるので、取り組みやすい営業スタイルになるでしょう。

時間をコントロールできる

フリーランスの営業マンは自分の時間をコントロールできることがメリットです。

企業に所属していれば、多くの場合平日の日中に出勤しなければいけません。また、営業職では顧客の都合に合わせて土日や祝日に商談をするなど、時間外労働している方は少なくないでしょう。

これらを考えた場合、フリーランスであれば仕事の都合に合わせて、自ら休む時間を柔軟に決めることができます。

自分の営業スタイルで営業できる

営業スタイルに縛りがないことはフリーランスの営業マンならではのメリットです。

会社に所属している場合、契約に関係ないことでも会社の規則に合わせたスタイルで営業をしなくてはいけないことがありますよね。

フリーランスであれば売れることを真摯に考えるので、セミナーで教わった営業スキルをそのまま実践できたり、自分のアイディアをそのまま反映することも可能です。

フリーランスの営業は報酬上限がない

フリーランスの営業はクライアント契約が成果報酬制であるため、成果によって報酬が上がり続けます

会社員の営業マンは一定の給料しかもらえない上に、優秀な成績を残せても大幅に給料が上がることはありません。

フリーランスの報酬では営業成績に応じた成果報酬になるので、ノルマを達成できなければ報酬は低く、ノルマ以上の成績を出せば報酬は上がります。

会社員で働いていて、成績がいいのになかなか給料が上がらないと不満に思っている方はフリーランスとして独立してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

フリーランスの営業職について紹介してきました。

自分の得意分野の商材を選びながら、さまざまな方面で活躍できる営業職はとても魅力的な職業です。

営業として幅広く活躍していきたいと考えている方にはフリーランスとして独立し、さまざまな企業の商材を取り扱ってみてはどうでしょうか。