フリーランス作曲家になるためには作曲家のプロとして多くの方から評価を受けることが大切です。

しかし、どんな音楽が流行るのか、そしてどんな評価を受けるのかは時代によってバラバラです。

クリエイティブな業界だからこそ、作曲家になるのはとても大変なことでしょう。

それでもフリーランス作曲家を目指すのであれば「業界で有名になること」はとても重要なことです。

そんな今回は、フリーランス作曲家になりたいと考えてる人にむけて、フリーランス作曲家の仕事やフリーランス作曲家として有名になる方法を紹介していきます。

フリーランス作曲家の仕事とは?

フリーランス作曲家の仕事は音楽制作です。

作曲家はメディア業界や広告業界、エンタメ業界など、関わる業界が幅広いので、依頼される仕事は千差万別です。

例としてこれらの仕事を行なっています。

  1. 映画の楽曲制作
  2. CMのBGM制作
  3. 結婚会場の音楽制作
  4. 市区町村の音楽制作
  5. エンターテインメント・舞台会場の楽曲制作

依頼される業界や内容によって制作物は異なります。

そんな作曲家がフリーランスとして活動していくためには2つのパターンがあります。

  1. プロダクションに所属する
  2. 人の繋がりで仕事を引き受ける

それぞれ解説します。

音楽制作プロダクションに所属する

1つ目は「音楽制作プロダクションに所属する」ことです。

プロダクションに所属するメリットは以下2点です。

  1. プロダクションから仕事をもらえる
  2. プロダクションによって税金処理をしてくれる

フリーランスは基本的に自分で仕事獲得しなければいけませんが、所属していると仕事が定期的にもらえます。

また、プロダクションによっては税金処理をしてくれるのでとてもありがたいですよね。

人の繋がりで仕事を引き受ける

2つ目として「人の繋がりで仕事を引き受ける」ことです。

フリーランスなので、人の繋がりから楽曲制作の仕事を依頼されることもあります。

プロダクションを挟まない分、自分の裁量で報酬の設定ができるので、プロダクションよりも報酬が比較的大きいです。

まだ実績のない作曲家はまずは人の繋がりから仕事を引き受け、実績を積み上げると将来的に大きな仕事を獲得でしょう。

フリーランス作曲家を目指すなら有名になろう

フリーランス作曲家を目指すのであれば「有名になること」はとても重要です。

なぜなら、作曲家はクリエイティブな仕事なので、仕事の評価によって今後の仕事が左右されます。

未経験だとしてもSNSで話題を集めて有名になれば、仕事が舞い込むでしょう。

フリーランス作曲家として有名になる方法は主に3つです。

  1. レコード会社のオーディションで優勝する
  2. インターネット上で話題を集める
  3. プロダクションに所属し、大量に作曲する

それぞれ解説します。

レコード会社の楽曲オーディションで優勝する

1つ目は「レコード会社の楽曲オーディションで優勝する」ことです。

レコード会社ではアーティストたちの楽曲作成時にオーディション形式で楽曲募集をしています。

このオーディションは未経験の作曲家でも応募可能なので、楽曲を作って応募するとチャンスが広がります。

オーディションを行っているのはこれらのレコード会社です。

など、他にもレコード会社があるので探してみてください。

レコード会社のオーディションで優勝すると、仕事依頼があるでしょう。

インターネット上で話題を集める

2つ目は「インターネット上で話題を集める」ことです。

インターネットで自分の音楽を公開し、多くの人にシェアしてもらい認知度をあげる方法です。

音楽配信ツールはさまざまあり、これらが有名です。

それぞれに優位性はなく、すべての配信ツールで自分の楽曲を多くの人に伝えることがとても重要です。

また、これ以外にもTwitterやInstagramなどのSNSで発信し、多くの人にシェアしてもらう仕組みを作るのも重要です。

SNSで話題を生み、シンガーソングライターとしてデビューした人もいます。例えばこの2人です。

制作した楽曲がどの層にウケるのかは、公開してみないとわかりません。

インターネット上に公開し、多くの人の耳に届ける仕組みを作りましょう。

プロダクションに所属して作曲する

3つ目は「プロダクションに所属して作曲する」ことです。

プロダクションに所属し作曲することで、プロダクションやクライアントに気に入ってもらえる曲を生み出しましょう。

気に入ってもらえると、第1段階としてプロダクションからたくさんの楽曲依頼をもらえます。

プロダクションからたくさん依頼をもらえると、

  • さまざまな楽曲を手がけられる
  • さまざまなクライアントと関われる

など、作曲家としてスキルアップに繋がる経験ができます。

そして第2段階としてプロダクションを越えてクライアント間で評価をもらうと、クライアントに直接指名で依頼されるでしょう。

プロダクションから独立しても生き残っていける人脈形成にもなります。

プロダクションに所属するのも難しい

プロダクションに所属するのは簡単ではありません。

作曲家は実力社会なので、実力・センスを持った人でなければプロダクションの所属は難しいでしょう。

プロダクションに所属する方法としては以下3つが主流です。

  1. デモテープ・CDをプロダクションに送りまくる
  2. ライブ活動で音楽関係者と繋がる
  3. オーディションに参加する

未経験者に対しては楽曲のセンスを見られるので、所属するのも簡単ではありませんよね。

作曲家を採用している主な音楽プロダクションは以下です。

  • avex
  • Victor music
  • sony music
  • 日本テレビ音楽

曲はその時の流行も関わってくるので、どんな曲がプロダクション側にヒットするかわかりません。

所属できると断言できませんが、所属するためにやるべきことは常に自分の楽曲をアピールし続けることではないでしょうか。

フリーランス作曲家は苦労必至

フリーランス作曲家の仕事やフリーランス作曲家として有名になる方法を紹介してきました。

有名になる方法を紹介しましたが、全ての人が有名になれるとは限りません。

有名になるまでの道のりはとても大変かもしれませんが、有名になると活躍できる世界が広がります。

今回紹介した方法を参考に活躍していってください。