長年に渡って高い家賃を払い続けるよりも、いっそのことマイホームを買いたい。

でもフリーランスだからあきらめている、フリーランスは住宅ローンが組めないと思っている方もいるかと思います。

しかしフリーランスでもローンを組むことができた人もいます。

本ページではフリーランスでもローンを組む方法を解説していきます。

フリーランスでもローンを組む方法

なぜフリーランスは住宅ローンの審査に不利なのでしょうか。それは会社員のように安定した収入が毎月あるわけではないからです。

何かあったときにきちんと返済することができるのかと、金融機関はフリーランスに厳しくなります。

ではどうすればフリーランスでもローンを組むことができるのでしょうか。

月々の収入を安定させる

ローンを組むには、月々の収入を安定させることが重要です。

一例として月額40万円の所得が3年程度安定してあれば、審査に通りやすくなるようです。

フリーランスは毎月一定の仕事をしていなければ、安定した収入を得ることができません。

ローン会社は収入のない月や少ない月は返済能力がないと判断します。

ローンを近い将来組む予定があるならば、できるだけ長い期間安定した収入を得るようにしましょう。

審査に通りやすくなる所得は住宅ローンを組みたい金額によって変動します。購入したい住宅物件のおおよその見積もりを出して、自身の所得と照らし合わせてみましょう。審査に通りそうか大体の判断をすることができます。

年収購入できる物件
400万円2,000万円
400万円2,500万円
400万円3,000万円
400万円3,600万円
400万円4,100万円
1,000万円5,700万円

参照:HOME’S/35年ローン・頭金500万円の場合の目安

フリーランスや自営業者の場合、経費を使って所得を落とし所得税を下げる税金対策が可能ですが、税金対策をしすぎると額面上の収入が少なくなってしまいます。

実際は平均的な会社員の収入以上に自由に使えるお金があるフリーランサーでも、税金対策によって額面上はフリーター以下の収入となっていることは少なくありません。

関連記事:課税所得って何?誰でもわかるように解説

社会的信用を得る

フリーランスがローンを組むとき大切なポイントは、就業の形ではなく社会的信用がすでにあるかどうかという点です。

この社会的信用とは、クレジットカードの利用実績において延滞がないか無計画に借金を重ねていないか、年収の3割以上の借り入れをしていないかということを指します。

ローンを組む審査担当者にとってが一番重要なポイントは「きちんと月々の返済を行ってくれる人かどうか」です。フリーランスや自営業であっても、過去3〜5年間に安定した所得があれば、そこまで心配する必要はありません。

安定した所得を一定期間まだ得られていない人や、すでに借金の返済額が多いという人は、まず自身の社会的信用を積み上げることからはじめましょう。

確定申告の3回目以降が狙い目

フリーランスが住宅ローンを組む場合、基本的に、確定申告書3期分と納税証明書を提出しなければいけません。

その理由は、3期分の中で収入がなかった期間や確定申告漏れがないのかを確認するためです。

確定申告時期後に延滞税を支払って申告している人は、確定申告時期にきちんと申告している人よりも、審査が不利になってしまうので注意が必要です。

ただし、例外として確定申告1期分でも住宅ローンを組める場合があります。

それは、頭金で住宅購入時にかかる費用の2/3程度を出せる人 or 収入の金額が多く安定的に口座に大きい額が入っている人の場合です。

中古物件も視野にいれよう

住宅の購入というと新築の物件を考えがちですが、新築の戸建てや新築マンション購入を検討した場合、その維持費の支払いがきちんと計算に入っているかどうかも重要なポイントになります。

市場の平均と比較してそれ相応かどうか、それより少なめの人は、中古物件で条件の良い物件を探すのもひとつの方法です。

ただし、中古物件を購入後にリフォームする場合の費用は、住宅ローンではカバーできないことがあります。

そのため、不動産の担当者とはどこまでリフォーム済みなのかしっかり打合せしておくことが重要です。

購入したい物件を決める時、予算の設定は「借りられる金額の総額から決める」よりも「月々に支払える金額の積み上げ」から計算するのがお勧めです。

フリーランスには基本的にボーナスがないので、会社員よりも繰り上げ返済などは難しくなり、月々の支払額を多少多めに設定しないと返済期間が伸びる傾向にあります。

また「毎月の家賃程度でマンションが購入できる!」という広告がありますが、これには修繕積立費や共益費・火災保険などの各種保険料などが含まれていない場合がほとんどです。

思わぬ出費が必要になることも考えられるので、月々の支払いできる設定金額には、これらに対する貯蓄も含めておきましょう。

金融機関の信用を得るコツとは

住宅ローンを組む方法として、フラット35や民間金融機関の住宅ローンなどの選択肢がありますが、もしフリーランスとしての事業やお金の流れを理解している金融機関があれば、その金融機関の住宅ローンを検討することをお勧めします。

それほど金利が変わらない金融機関と比較した時に、長期取引がある金融機関の方が、契約に繋がりやすくなるからです。

その理由は、お金の流れが見えているため、金融機関側も支払いイメージを具体化できてより信頼して融資ができるからです。

まだそういう金融機関と繋がっていない場合や、購入までに少し期間があるのであれば、ぜひ長期取引したい金融機関を見つけて、信用を得ておきましょう。

 

参照:住宅ローン:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

メインバンクを設定する

仕事の報酬の受け取りに長期間同じ銀行を使っていると、それが実績となってその銀行のローン審査が甘くなります。

また銀行が発行しているクレジットカードを使っている場合もその銀行で利用実績として評価されます。

住宅ローンの融資を受けたいと考えている銀行の口座を自身のメインバンクにして、普段から実績を作っておきましょう。

地方の金融機関では、地元企業や自営業者へ手助けを行ったり、地域貢献するという名目で、それぞれの就労条件などに合わせてさまざまなローンや支払い状況の選定などを親身に行ってくれるケースが多くあります。

プラスの良い利用実績を積み上げる

ここでいうプラスの利用実績とは、定期預金のことを指します。

いきなり「お金を貸してください」といっても、どのくらいの事業実績があるか分からない段階では、銀行側は融資を渋るケースが多いでしょう。

しかし貯蓄する余裕があるくらい事業がうまくいっている場合、それが評価され審査に通りやすくなります。

預ける金額も、月々5万円や10万円単位のまとまった金額を貯蓄するのが理想です。

事故情報を作らない

個人信用情報機関に事故情報を作らないことが大切です。

個人信用情報機関はクレジットカードの支払い状況、ローンの借り入れ状況などを記録していて、銀行はその情報を照会し審査の材料にしています。

クレジットカード支払いの延滞、レンタルショップでの料金の滞納、携帯電話の分割払いなど、一度でも延滞や滞納があると、最低24ヶ月は個人信用情報機関に記録されてしまいます。

延滞や滞納のことを「事故」といい、事故情報はローン審査の際に不利になります。特に3ヶ月以上にわたる長期の事故情報は審査に響くので、できるだけ事故情報を作らないようにしましょう。

まとめ

ここまで、フリーランスがローンを組む方法を解説してきました。

銀行から信用されるには「所得を増やす」「税金や年金をしっかり払う」「頭金を貯金する」ことの3点が大切です。

収入が安定して、マイホームの夢が現実に近づいてきていると感じたら、金融機関や住宅ローンの専門家・不動産会社のスタッフに相談してみましょう。

彼らは専門家であるだけに、最大のハードルである住宅ローン審査をクリアするための必要なアドバイスをくれます。

フリーランスにとって高嶺の花であった住宅の購入も、しっかりと実績を上げていけば、決して遠い夢ではありません。