社会人からでもプログラミングを学ぶことはできるかな?
社会人がプログラミングスクールに通う際の注意点は?

プログラミングが注目を集めており、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

せっかくプログラミングを学ぶのであれば、効率よく学びたいですよね。

そこで、この記事では社会人がプログラミングスクールでプログラミングを学ぶ際の注意点などについて解説していきます。

具体的には、

  • 学習時間の確保
  • 社会人がプログラミングスクールを選ぶ基準
  • IT業界へ転職を考えている方向けのスクール

の順番に重要なポイントのみをご紹介します。

社会人でこれからプログラミングスクールに通おうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

社会人がプログラミングスクールに通うには学習時間の確保が重要

社会人の方は、プログラミングの学習時間を確保できるかどうかが重要です

プログラミングスクールがどれだけ素晴らしい講師やカリキュラムを準備していたとしても、受講生が学習時間を確保して学ばなければプログラミングスキルを身につけることができないからです。

例えば、「プログラミングスクールに1ヶ月通ったけど、会社の繁忙期と重なって全くプログラミング学習の時間を確保できなかった」となれば、非常にもったいないです。

そのため、プログラミングスクールに通おうと考えている社会人の方は、学習時間を確保しましょう。

では、具体的にどれくらいの時間を学習時間として確保する必要があるのでしょうか?

詳しく解説していきます。

プログラミングスクールでの学習時間として目安は200時間

一般的に、プログラミングスクールでの学習時間の目安は200時間で設定されています。

エンジニアとして転職できるレベルで学習時間200時間が目安です。

そのため、200時間をどの期間で確保できるかでプログラミングスクールに通う期間も変わってきます。

例えば、1日3時間プログラミング学習の時間を確保できるのであれば、

200時間÷3時間=約67日

となるので、約2ヶ月の受講期間で学ぶことが可能です。

1日、1週間でどれだけの学習時間を確保できるかで、スクールの受講期間を決めましょう。

続いて、社会人の方がプログラミングスクールを選ぶための基準について解説していきます。

プログラミングを学ぶ目的によってスクールを選ぶ基準が変わる

プログラミングスクールは、スクールごとに特徴があるため、プログラミングを学ぶ目的によって選ぶ基準が変わってきます。

例えば、

  • 未経験からエンジニアとしての転職をサポートするプログラミングスクール
  • オリジナルサービスの開発をサポートするプログラミングスクール
  • プログラミングだけでなく、英語も合わせて学ぶことができるプログラミングスクール

とスクールの特徴も様々です。

改めて、プログラミングを学ぶ目的は何なのかを自分の中で整理しておくことで、プログラミングスクールを選ぶ際に役立ちます。

エンジニアとして転職を考えている方は、特に転職サポートがあるスクールを選びましょう。

その理由について解説していきます。

転職を考えている場合は転職サポートがあるスクールを選ぶ

エンジニアとして転職を考えている方が転職サポートがあるスクールを選んだ方が良い理由は、業界知識をもとに転職サポートを受けることができるからです。

「エンジニア」と一言で言っても、幅広く

  • フロンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • ネットワークエンジニア

この他にも様々な種類があります。

転職サポートがあるプログラミングスクールでは、求人の情報だけでなく、どのエンジニアとしてキャリアアップしていきたいのかなどのサポートを受けることができます。

そのため、エンジニアとして転職を考えている方は、転職サポートのあるプログラミングスクールを選びましょう。

続いて、具体的にどのようにプログラミングスクールを選べば良いかについて解説していきます。

無料体験に参加してプログラミングスクールを選ぼう

まずは気になるプログラミングスクールの無料体験に参加することがオススメです。

無料体験に参加することで、プログラミングスクールの受講のスタイルや雰囲気を知ることができます。

実際に無料体験に参加してみて、

  • 質問しやすい環境かどうか
  • 講義形式は自分にあっているか
  • 通学は可能か(できない場合はオンライン)
  • 自分のプログラミングを学ぶ目的を達成できるか

を確認しましょう。

プログラミングスクールの受講料も安い金額ではないので、しっかりと見極めることが重要です。

続いては、社会人のあなたにおすすめなプログラミングスクールを2つご紹介します。

オンラインで受講できて週2回のメンタリングがある「TechAcademy(テックアカデミー)」

TechAcademy(テックアカデミー)は、オンラインで受講できるプログラミングスクールです。

オンラインで受講できるため、あなたの好きなタイミングで受講できます。

例えば、

  • 地方に在住しており近くに通えるプログラミングスクールがない
  • 社会人でフルタイムで働いており、通学して学ぶ時間がない

このような状況であれば、オンラインで受講できた方がよりプログラミングを学ぶことが可能です。

また、オンラインで受講できる上に、週2回のメンタリングがテックアカデミーでは用意されています。

週2回ビデオ通話でメンターに質問できる

週2回のメンタリングは、30分程度メンターにビデオ通話でプログラミングに関する質問が自由にできます。

もちろんチャット上でいつでも質問可能なのですが、やはり対面で気軽に聞ける方が初心者の方も質問しやすいです。

また、プログラミングに関する質問だけでなく、「次のメンタリングまでにはここまで進めておきましょう」といったプログラミング学習の進捗のペースをコントロールしてくれます。

TechAcademy(テックアカデミー)はオンラインで学ぶことができ、初心者の方をサポートしてくれるメンタリング制度が用意されているプログラミングスクールです。

続いて、「通学してプログラミングを学びたい!」と考える社会人の方におすすめなプログラミングスクールをご紹介します。

東京・大阪・愛知で受講できる「TECH::CAMP」

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、東京・大阪・愛知で計8箇所に教室を構えているプログラミングスクールです。

実際に教室に通って受講することで、分からないことをすぐに講師に聞くことができるため、初心者の方でも安心してプログラミングを学ぶことができます。

また、教室で学ぶだけでなく、オンラインでも受講が可能です。教室に通いながらオンラインでも学習することで、より効率的にプログラミング学習に取り組むことが可能です。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の無料説明会では、受講される方の目的にあった学習プランをカウンセリングしてもらうことができるため、「何を学べばいいのか分からない」という方は、ぜひ参加してみましょう。

続いて、プログラミングスクールの受講前にやっておくべきことについて解説していきます。

独学で最低限の知識を身につけて受講しよう

プログラミングスクールに受講する前に独学で最低限の知識を身につけて受講しましょう。

最低限のプログラミング知識を身につけておくことで、プログラミングスクール受講期間中はより発展した内容を学ぶことができます。

無料で学ぶことができるプログラミングサイトがあるので、そちらでhtml/cssあたりの知識は身につけておきましょう。

下記2つのプログラミングサイトが初心者の方でも学びやすくオススメです。

社会人がプログラミングスクールに通うなら学習時間の確保が必要

今回の記事の内容をまとめます。

  • プログラミング学習時間の確保が必要
  • エンジニアとして転職するためのスキルを身につけるためには200時間が目安
  • 目的に合わせてプログラミングスクールを選ぼう
  • 通う前に独学で最低限の知識を身につけよう

プログラミングスキルは、今後もIT技術の発展が見込まれており、より需要が増えていくスキルです。

これからプログラミングスクールの受講を考えている社会人の方は、ぜひ参考にしてください。

社会人の方におすすめなプログラミングスクールは以下の2つです。