プログラミングスクールに通って転職・就職できるのかな?
未経験からでも大丈夫?

IT業界へ転職・就職活動中の方で、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

IT業界は人手不足とよく聞くけど、本当に転職・就職できるか疑問に思ってしまいますよね。

結論から言うと、プログラミングスクールに通って転職・就職は可能です。

今回の記事ではプログラミングスクールに通って転職・就職する方法について解説していきます。

具体的には、

  • プログラミングスクールに通う前に確認しておくべきこと
  • 転職・就職サポートがあるプログラミングスクールの選び方
  • プログラミングスキルのアピール方法

の順番に重要なポイントのみをご紹介します。

プログラミングスクールに通って転職・就職をお考えの方は、参考にしてください。

プログラミングスクールで転職・就職は可能

プログラミングスクールに通って転職・就職は可能です。

もちろんプログラミングスクールに通うだけで転職・就職ができるのではなく、プログラミングスクールに通うことでプログラミングスキルが身につくため、転職・就職につながるという意味合いです。

IT業界は慢性的な人手不足なので、一定のプログラミングスキルがあり、成長意欲がある方であれば、転職・就職できます。

では実際にどのようにして転職・就職するのでしょうか?

具体的に解説していきます。

未経験でも求人を出している会社があるかどうかを確認

プログラミングスクールに通う前に、未経験でも求人を出している会社があるかどうかを事前に確認しましょう。

なぜなら、社内で研修制度を設けている会社もあるため、プログラミングスクールに通わずにプログラミングスキルを身につけることができるからです。

もし未経験でも求人を出している会社があれば、研修制度などを確認して応募してみましょう。

あなたが勤務したいエリアで希望する会社が見つからない場合について解説していきますね。

転職・就職サポートがあるプログラミングスクールに通おう

IT業界へ転職・就職を考えている方は、転職・就職サポートがあるプログラミングスクールに通いましょう。

転職・就職サポートがあるプログラミングスクールに通うことで、プログラミングスキルを身につけた後の転職・就職活動のサポートを受けることができます。

プログラミングスクールによっては、オリジナルのWebサービスを作ることができることを特徴としているスクールもあります。そのため、どのプログラミングスクールでも転職・就職サポートが受けられるわけではないので、注意が必要です。

プログラミングスクールによって転職・就職先が変わってくる

プログラミングスクールによって、転職・就職先は変わってきます。

理由としては、

  • 人材紹介会社や転職・就職サイトを運営している会社と提携している
  • 直接企業と提携している

の2つのパターンがあるからです。

転職サイトを運営している会社と提携している場合であれば、転職・就職ノウハウを教えてもらいながら、転職・就職サポートを受けることができます。

直生つ企業と提携している場合であれば、そのまま就職できるため、受講から転職・就職までをプログラミングスクールに任せることができます。

続いては、転職・就職サポートがあるプログラミングスクールを選ぶ基準について解説していきます。

受講スタイルも重要!オンラインか通学のどちらが合うかを確認

プログラミングスクールは、

 

  • オンラインでの講義
  • 通学による講義

の2つの受講スタイルがあります。

そのため、どちらの受講が自分に合うかを確認しましょう。

それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

オンラインのメリットは時間や場所に縛られずに受講できること

オンラインでの受講のメリットは、時間や場所に縛られずに受講ができることです。

ネット環境があれば、どこでも受講ができます。

例えば、

  • 地方に在住しており近くに通えるプログラミングスクールがない
  • 社会人としてフルタイムで働いており、通学する時間がない

方でもプログラミングを学ぶことが可能です。

デメリットとしては、強制力がないので、怠けてしまう人にはおすすめできません。

通学で学ぶ場合は対面で気軽に質問できる

通学のメリットは、対面で気軽に質問ができることです。

プログラミング学習を始めたばかりの方の中には、わからないことがあって躓いてしまい、そのままプログラミング学習をやめてしまう方がいます。

その点、通学であれば教室に講師がいるため、気軽に質問できるので躓いてもすぐに教えてもらうことができます。

通学のデメリットは、どうしても場所に縛られてしまうため、近くにプログラミングスクールがない方は通うことができないことです。

オンライン・通学のメリット・デメリットをそれぞれまとめます。

  • オンラインのメリット:場所や時間に縛られず受講が可能
  • オンラインのデメリット:強制力がないため怠けてしまう人には難しい
  • 通学のメリット:対面で気軽に質問できる
  • 通学のデメリット:近くに教室がないと通えない

続いて、転職・就職支援のあるプログラミングスクールをご紹介します。

転職・就職支援のあるプログラミングスクールを2つ紹介

転職・就職支援のあるプログラミングスクールをオンライン・通学でそれぞれご紹介します。

プログラミングスクールについてみていきます。

オンラインで受講できるTechAcademy [テックアカデミー]

TechAcademy [テックアカデミー] は、オンラインで受講できるプログラミングスクールです。

受講後すぐに転職サービス「TechAcademyキャリア」が無料で利用できるため、プログラミング学習と並行して転職活動ができます。

また、TechAcademyキャリアは、求人案件を紹介するだけでなく、コンサルタントを活用して転職・就職活動をすることが可能です。

TechAcademyの学習状況は企業やコンサルタントに共有される仕組みとなっており、学習を進めていくことがアピールにつながります。

渋谷駅から徒歩4分の好立地にあるTECH::EXPERT

TECH::EXPERTは、渋谷駅から徒歩4分の好立地にあるため、通学がしやすいプログラミングスクールです。

TECH::EXPERTは、受講生に専属のライフコーチがつき、日々の学習の進捗や疑問点の解消を行います。

そのため、受講生の学習完了率は96.4%と非常に高いのが特徴です。

また、エンジニア転職に成功しなかった場合は受講料が全額返金されるなど、サービスに自信を持って提供されています。

続いては、プログラミングスクールに通い始めたら行いたいことについて解説していきます。

プログラミングスクールに通いつつ、転職・就職活動も並行して行う

プログラミングスクールに通い始めたら、並行して転職・就職活動を行いましょう。

転職・就職活動をすることで、企業がどのようなスキルを求めているかを直接知ることができます。

さらに、早めに転職・就職先が決まることで、よりプログラミングの学習に専念することが可能です。

プログラミングスクールが受講し終わってから、転職・就職活動を行うのではなく、並行してどちらも行いましょう。

続いては、転職・就職活動でプログラミングスキルのアピール方法について解説していきます。

ポートフォリオを作成してスキルをアピール

転職・就職活動でプログラミングスキルをアピールするためには、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオを企業の採用担当者に見せることによって、どのレベルのプログラミングスキルを持っているかを伝えることができます。

どのような企業で働きたいかで作成するポートフォリオも変わってきます。

例えば、Webサイト制作会社であれば、架空の店舗のオリジナルWebサイトを制作することで、より実践的なスキルをアピールが可能です。

プログラミングスキルをアピールするためにも、ポートフォリオを作成しましょう。

スキルを身につけることと転職・就職活動は並行で

今回の記事の内容をまとめます。

  • プログラミングスクールに通って転職・就職は可能
  • スクールに通う前に未経験でも求人を出している会社があるかどうかを確認
  • プログラミングスクールは、転職・就職サポートがあるスクールへ
  • ポートフォリオを作成し、スクールに通いつつ転職・就職活動を並行して行う

未経験からIT業界へ転職・就職活動を考えている方であれば、プログラミングスクールへ通うことを検討されるかと思います。

今回の記事を参考にしつつ、IT業界へ転職してみましょう。

転職・就職サポートのあるプログラミングスクールはこちら。