写真が趣味のみなさん、「写真を売ってみたい」と考えたことはありませんか?

 

多くの人が写真が好きで、趣味にしていますが、写真でお金を稼ぐとなると、「出来たらいいね」「どうせ無理」「プロにしかできない」と最初から諦めてしまいます。

確かに写真だけで生計を立てるのは難しいでしょう。

ですが、やり方さえ知っていれば、副業として写真で稼ぐことは意外と誰でもできます。

せっかく趣味として写真を続けているのなら、それでお金を稼いでみませんか?

 

今回は、写真を副業にするために必要なポイントと、具体的に写真で稼ぐ方法を解説します。

写真好きで副業を考えている方は、ぜひこの記事を読んで、自分の撮った写真で収入を得ることに挑戦みてください。

写真を副業にするためには3つの準備が必要

当然ですが、なんとなくやっているだけでは写真で稼ぐことはできません。

技術も大事ですが、それ以上に明確に意識しておくべきポイントがあります。

  1. 強みを明確にする
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 値付けをする

この3つを準備することが非常に大切です。

ひとつずつ詳しく説明していきます。

強みを明確にする

まずは、自分の「強み」を明確に定めましょう。

技術うんぬんというよりも、押し出したいポイントと考えてください。

 

注意してほしいのが、「なんでも撮れますよ」は強みにならないという点です。

「なんでも撮ります」と言っているカメラマンはたくさんいます。

その中で一番になるのは相当な技術や経験が必要で、いきなり始めても難しいでしょう。

なので、はじめは狭い分野に絞ってその中で有名になりましょう。

 

わかりやすい例だと、

  • 人物撮影
  • 商品撮影
  • 料理写真

などと被写体のジャンルで良いでしょう。

その中でもさらに、

  • クールな雰囲気の女性の人物撮影が得意
  • 白を基調としたおしゃれな雰囲気の商品写真が得意
  • つくった人の温もりを感じるような料理写真が得意

などと言ったような、より狭い範囲での「強み」を見つけていきましょう。

強みなんてなかなか決まらないよ!」と思う人は、どんな写真を撮っているのが一番楽しいかでokです。技術はあとから付いてきます。

ポートフォリオを作成する

2つ目に、どんな写真を撮ってきたのかを見せるためのポートフォリオを作成してみましょう。

気をつけるべきなのは、写真のクオリティではなく定めた強みを意識してポートフォリオ用の写真を選ぶこと。

統一感があることで、見た人が「この人はこういう写真が得意なんだな」とわかりやすくするためです。

 

「ポートフォリオ作成なんて難しそう…」

と感じた方は、難しく考えずにポートフォリオ専用のinstagramアカウントを作れば大丈夫です。

現代ではinstagramも立派なポートフォリオとして機能するので安心してください。

値付けをする

写真を副業にしたいと思っている方の最大の難関はここです。

自分の写真は自分で値付けする必要があります。価格のつけられていない写真は誰も買えません。

初めてだと感覚は掴みにくいですが、難しく考えずに、まずは売りたい金額かつギリギリ誰か買う人がいそうなくらいでいいでしょう。

まだ仕事としてやったことがなくて不安な人は、「SNSやブログへの実績にさせてください」と、安い金額で撮影して実績を積んでいくのもありです。

 

具体的な価格の設定は自分の時給がいくら欲しいかを考え、かかる時間で料金を決めるのが無難です。

例えば、七五三撮影をするとします。時給2000円くらい欲しいとすれば、

・撮影時間:時給2000円×2時間=4,000円
・写真整理&レタッチ:時給2000円×2時間=4,000円
合計:8,000円

となります。自分のポートフォリオなどに、七五三撮影約2時間で8,000円で承りますと明記してしまいましょう。

写真を副業として稼ぐ方法2つ

ここからは具体的に副業として写真で稼ぐ代表的な2つの方法を紹介します。

  1. 出張撮影
  2. ストックフォトで写真を販売

の2つです。

自分に向いていると思う方を選んで実践してみましょう。

1.出張撮影

個人的に撮影の依頼を受けて、撮影地へ行って依頼された撮影を行います。

出張撮影にも様々な種類があります。

  • イベント風景
  • 店内撮影
  • ブツ撮り
  • プロフィール写真撮影
  • 家族写真撮影
  • 七五三撮影

ここで意識したいのは、自分の強みや好きな撮影に絞ると良いということです。専門性を持つと言ってもいいでしょう。1つの分野に特化していた方が、撮影の依頼が来やすいです。

はじめのうちは知り合いで写真撮影を求めていそうな人から仕事をもらっても構いません。

また、ブログでもSNSでもいいですが、「自分の出張撮影の依頼ページ」を作っておきましょう。その中で撮影内容、時間、料金、連絡方法、過去の作例、などを明記しておくこと。

これがないと、もしあなたに出張撮影を頼みたい人がいても、どこから依頼すればいいのかわからず諦めてしまう可能性があります。

必ずわかりやすい場所に、自分の出張撮影依頼ページを作っておきましょう。

2.ストックフォトで写真を売る

ストックフォトと呼ばれるサービスがあります。

ストックフォト(Stock Photo)とは、頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材のこと。もしくは、写真を含むそのほかマルチメディア素材のこと。その中から、予算に応じて広告・出版等の制作会社が目的に合った素材を選び、使用料を支払うことで利用できる。
(引用:Wikipedia

このストックフォトを通して、誰でも撮った写真を販売することができるのです。

ですが各メディアなどがお金を出して買うものなので、当然なんとなく撮った写真は売れません。「どのような写真が売れるのか」を考える必要があります。

例えば、多くのメディアでよく利用される写真としては

  • スーツやパソコンなどのビジネス系
  • 食べ物や料理の写真
  • モデルが様々な表情をしている写真

などが挙げられます。

最終的には自分でどんな写真に需要があるのか、どんな写真が売れやすいのかを考えていくことが重要です。

ストックフォトの有名どころとしては

あたりでしょう。これ以外にもたくさんのストックフォトが存在するので、まずはチェックしてみてください。

副業の写真に関する発信を行い、仕事を獲得しよう

写真を副業としてやっていく上で是非それについて発信をしてみてください。

ブログやSNSなど好きな媒体を選んで、発信を続けていくことで、やがてSNSから仕事の依頼がきたり、ブログが撮影依頼の窓口になったりします。

撮影の仕事が欲しいのであれば、まずは出張撮影を行っていることを1人でも多くの人に認知してもらう必要があります。

誰にも知られていなければ、いくら待っていても写真が仕事になることはありません。

まずは自分から積極的に発信していきましょう。

関連記事:フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説

好きを仕事に!写真を副業として稼ごう

「写真が好き!」という人は多くいます。

ですが、それで副業として稼ごうとする人がほとんどいないのは、非常にもったいないです。

写真はしっかりと取り組めば、比較的誰でも稼ぎやすい副業。しかも多くの人は、すでに趣味として続けてきているため十分な技術を持っています。

また、この記事を読んで写真でお金を稼ぐ方法はわかったでしょう。あとはあなた自身が行動するだけ。

 

好きな写真撮影をしているだけで、お金を得られて、収入が増えたら、今よりもずっと幸せな生活になるとは思いませんか?

まずは一歩踏み出して始めてみましょう!