仕事が終わった後時間があるから何か副業に挑戦してみたい
このまま薬剤師をやっていくだけに漠然とした不安がある

薬剤師で働いており、このような悩みをお持ちの方をいるのではないでしょうか。

いざ副業を始めようと思っても、何から始めたらいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、薬剤師の方が副業を始める際の注意点おすすめの副業を解説していきます。

具体的には、

  • 薬剤師が副業可能かどうか
  • 副業をする際の注意点
  • 薬剤師におすすめな副業

の順番に重要なポイントをご紹介します。

薬剤師でこれから副業を考えている方の参考になれば幸いです。

副業禁止かは就業規則を確認!要注意なポイントを2つ紹介

薬剤師の方が、副業禁止かどうかを確認するためにまず就業規則を確認しましょう。

就業規則では副業に関する事項として、

  • 禁止
  • 許可制
  • 自由

などが定められています。就業規則を確認した上で副業を行いましょう。禁止と記載されていても、法的に通常の副業を禁止することができません。しかし、日本の企業でオープンに副業を許可している企業は少ないため、基本的には許可制による副業のケースが多いです。

ただ、薬剤師の方の副業に関して知っておきたい注意点は以下の2つです。

  • 公務員薬剤師は副業禁止
  • 管理薬剤師は副業禁止

それぞれ詳しく解説していきます。

1.公務員薬剤師は副業禁止

公務員薬剤師として働いている方は、副業禁止です。国家公務員と地方公務員は、

  • 国家公務員:国家公務員法第103条、104条
  • 地方公務員:地方公務員法第38条-1

によってそれぞれ副業が禁止されています。

そのため、

  • 国立・県立病院等の医療機関
  • 保健所

などで働いている公務員薬剤師の方は、副業が禁止されているため注意が必要です。

2.管理薬剤師は副業禁止

管理薬剤師は、副業禁止です。

なぜなら、薬機法によって副業が禁止されているから。管理薬剤師として働いている場合は、薬事に関する実務を複数の場所で行うことが禁止されています。

ただし、薬事に関する仕事の兼業が禁止されているだけですので、薬事に関すること以外の副業であれば可能です。

例えば、

  • クラウドソーシングを活用して記事執筆
  • ブログ・アフィリエイトによる広告収入

などの副業であれば、会社で許されている範囲であれば問題ありません。

管理薬剤師で副業を考えている方は、薬事に関すること以外の副業をするのがおすすめです。

ダブルワークよりもおすすめな副業3つを紹介

薬剤師としての副業であれば、

  • 休みの日に派遣薬剤師として働く
  • 仕事が終わった後にドラッグストアで働く

などのダブルワークが手軽な副業として考えられます。

他の職場で働くことは、薬剤師としてのスキルアップにつながります。

しかし、ダブルワークよりも薬剤師のスキルを掛け合わせることができる副業がおすすめです。

具体的には、以下の3つの副業。

  • 外部講師
  • メディカルライター
  • ブログ・アフィリエイト

それぞれを詳しく解説していきます。

外部講師

薬剤師は専門知識が必要となる職種です。そのため、薬剤師として必要な知識をわかりやすく教えることができると講師として働くことができます。

例えば、

  • 看護学校の非常勤講師
  • 予備校の外部講師

などの講師の種類があります。

薬剤師としての実務経験がある方は医療知識だけでなく、実際の医療現場で働いているからこその体験を伝えることが可能です。

学生時代に塾講師などのアルバイトなどを経験した方におすすめな副業。専門知識を改めて人に伝えることで、自分自身の知識の振り返りにもつながります。

メディカルライター

薬剤師の経験や知識を活かせる職業の一つが、メディカルライターです。メディカルライターは、医療や健康に関する専門知識を執筆する業務を行います。

メディカルライターは、

  • 専門領域
  • 医学用語の知識
  • 情報の根拠となる論文読解力

などのスキルが必要です。

薬剤師の方であれば、これまでの知識や経験を活かして取り組むことができる副業なのでぜひ取り組んでみてください。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトは、薬剤師の方におすすめな副業の一つです。

理由としては、薬剤師に関する広告案件は単価が高いから。ブログ・アフィリエイトは主に成果報酬型のインターネット広告を扱うため、広告案件の単価が高いと稼ぎやすくなります。

薬剤師のアフィリエイト案件は例えば、

  • 薬剤師の転職案件
  • 薬剤師になりたい方の就職案件

などがあります。他にも、医療・健康に関する商品などの単価の高い広告案件も医療に精通する薬剤師の方であれば扱うことが可能です。

ブログ・アフィリエイトに関しては、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:ブログは副業として始めやすい!稼ぐための3ステップも紹介

ここまで薬剤師の方におすすめな副業をご紹介しました。

  • 外部講師
  • メディカルライター
  • ブログ・アフィリエイト

副業を検討している理由が「年収を上げたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

もちろん副業をすることで年収を上げることも可能ですが、本業をスキルアップして年収を上げることも可能です。

続いて、薬剤師の方がキャリアアップして年収を上げる方法をご紹介します。

年収を上げたいなら、マネジメントスキルを身につけよう

薬剤師の方が年収を上げたいなら、マネジメントスキルを身につけることがおすすめです。

マネジメントスキルを具体的に挙げると、

  • 求職者の面接対応
  • 労務管理
  • MRとのやり取り

と幅広いです。薬剤師の方はどうしてもすぐに辞める方が多いので、辞めないような雰囲気作りが重要になります。マネジメントスキルを身につけることで、どのドラッグストアや病院でも引っ張りだこな人材になることができ、年収アップにつながります。

マネジメントスキルを身につけるためには、今の職場で管理職につけるよう社内の評価を上げることから始めてみましょう。

薬剤師ならではのスキルを活かして副業をしよう

今回の記事をまとめます。

  • 薬剤師の副業は就業規則を確認
  • 公務員や管理薬剤師の方は注意が必要
  • ダブルワークよりも薬剤師としてのスキルが活かせる副業がおすすめ

薬剤師の方は専門知識が既にあるので、副業としての活かし方次第で稼ぐことが可能です。

薬剤師ならではのスキルを活かしてぜひ副業に取り組んでみてください。