フリーランスにとって、名刺は仕事にきっかけとなる大事なものです。

名刺の持つ役割は、自分(の身分)を相手に知ってもらうことにあります。

名前や連絡先とともに、会社員ならどこの会社のどんな役職の人物なのか、フリーランスならどんな職業・肩書きなのかに加えて、自分のHPなどをさりげなく載せてアピールする人もいるでしょう。

そんなフリーランスの名刺の作り方について解説していきます。

フリーランスの名刺はどのような情報を載せるべきか

名刺は、あなた自身のプレゼンツールです。

プレゼンにおいてまず大切なのは、相手の気を引くこと・インパクトです。

後日、その名刺を見ただけであなたの顔を思い出すほど強いインパクトがあるのかどうか。

会社名のブランドや役職の力も持たない、言わば裸一貫のフリーランスが相手に第一印象でインパクトを与えるには、名刺そのもので勝負するのが最もシンプルで有効な方法です。

その上で、名刺に載せるべき情報を考えていきましょう。

名刺に載せる項目は一般的に、

  • 名前及び屋号
  • 肩書き、資格など
  • 住所及び電話番号
  • メールアドレスやSNS情報
  • 具体的な業務内容

などです。

その上で以下のポイントに注意しておきましょう。

印象に残る肩書き、コピーを記載しよう

 

例えば税理士なら「税理士」、会計士なら「会計士」、作家なら「作家」が肩書きとなります。

肩書きは最も重要で、多くの人は名刺をもらった際に肩書きに一番注目する言われています。

そういえば私も以前シェアオフィスの管理人に名刺をもらった際に「MBA」という肩書きに目が行ったのを思い出しました。

それくらい重要な肩書きですが、上記に挙げた士業以外であれば覚えやすいユニークな肩書きを付けても良いでしょう。

例えば、webデザイナーなら「埋もれないwebデザイナー」、マーケッターなら「右肩上がりのマーケッター」等…

フリーランスの場合、名刺にルールなんてないわけですから自分の好きなように作ってOKです。

ただし士業の場合、ユニークさよりも誠実さ、正確さが求められるので無難なものにしましょう。

 

住所は載せるべきか

住所は事務所を持っていて、渡す相手が訪問する可能性がある場合は記載しておきましょう。

自宅業務が中心で、訪問する可能性がない場合はどちらでも構いません。

郵送物等を考慮して記載しておいた方が良いですが、その場合記載しなくてもメールや電話等で確認を取ることもできるわけですから、必ず記載すべきとは言えません。

名刺に住所の記載があった方が信用度が高い業種であれば記載した方が良いですが、事務所を持っていない場合、ほとんどのケースで住所記載は不要であると言えます。

 

 

記載内容の違う名刺を使い分ける

 

フリーランスの場合、一人で全く別の業種、職種の業務を行っているケースは少なくないと思います。

例えば最近はファイナンシャルプランナーという業務の他にその知識を活かしてライター業務を行っているという人も多いです。

その場合、ファイナンシャルプランナーとして顧客の保険相談をする際に渡す名刺に「ライター」という記述は不要で、むしろマイナスに働く可能性が出てきます。

そういった全く違う2つ以上の業務を行っていて、一方で記載しない方が良いと思う場合は名刺を分けるべきです。

ウェブデザインとウェブライターのような業務の場合分ける必要はありませんが、片方でマイナスに働く可能性がありそうな場合は使い分けるようにしましょう。

名刺にHPやSNSなどの情報は入れた方が良い

ビジネスのために公開しているサイトやブログがあるなら、URLアドレスを載せましょう。

twitterやfacebookなどのSNSアカウント情報は、ビジネスに関連した投稿がメインならば、記載した方がいいでしょう。

プライベートな情報が混在しているときは、名刺への記載は控えたほうが無難です。

また、現在ブログサイトやSNSアカウントを所有していない場合はこれから作成することを強くお勧めします。

どちらも無料で作れますし、運用次第では絶大な集客力を誇ります。

 

名刺のサイズ・イラストデザインはどうすればいいか

名刺は自分のことを表現するもの

特にデザインの仕事をしているなら、作品の一つとしてこだわりたいものです。

自分でデザインするのに自信がない人は、専門の会社に外注したりテンプレートを使いましょう。

仕事のイメージや自分らしさが出るカラーやデザインを選びましょう。

サイズに規定はありませんが、一般的な大きさな、55×91mmです。

最近はこの大きさにこだわらず、形やサイズを自由に作った名刺も存在します

この場合、相手へのPR効果は抜群ですが名刺入れに入らないの問題があるので、もらう人の立場も考えて作った方がよいでしょう。

印象に残る顔写真や似顔絵やロゴを載せる

社名や事業名、氏名と肩書き、そして連絡先。

最低限それだけ載っていれば名刺として成り立ちますが、文字で出せるインパクトは、写真やイラストには敵いません。

もし、あなたが顔を出して仕事をしていきたいのであれば、名刺にも顔写真や似顔絵をアイコンとして載せるとよいでしょう。

特に税理士や会計士、行政書士等の士業やファイナンシャルプランナー等、誠実さ、信頼感が最も重要な場合は写真を載せた方が信頼性が出ます。

それ以外の場合は無理に顔写真を記載する必要はありません。

ただ、自身のブログやSNS等でも使える共通のロゴを作成して記載するとインパクトがあるのでお勧めです。

 

 

 

名刺作成におすすめのサイト

いまから名刺を作ろうと思っている人に、お勧めの名刺作成サイトはこちらです。

  • ライオン印刷:http://www.lion-meishi.com/
    Illustratorの完全データ入稿でリーズナブルに印刷が可能です。用紙も豊富で各種加工も選べます。
  • グラフィック:http://www.graphic.jp/
    「名刺作成と言えば」というくらい有名な名刺作成会社です。品質の高い名刺が作れるとデザイナーの間でも定評があります。
  • マヒトデザイン:https://mhtdesign.net/
    すばやく作りたい人のためのオンデマンド印刷や、手持ちの名刺と同じものを作ることができるそっくり名刺印刷などのサービスがあります。
  • ラクスル:http://raksul.com/
    納期に応じて値段が変わるユニークな設定で、リーズナブルデータ入稿して印刷するのにお勧めです。
  • プリントパック:http://www.printpac.co.jp/
    使用する紙質、両面片面、使用するカラー、印刷する枚数と、作りたい名刺の価格が一目でわかる丁寧なサービスの会社です。
  • クラウドワークス:https://crowdworks.jp/
    クラウドワークスとは仕事を発注したい人と受注したい人をマッチングさせるサービスです。名刺デザイン等の仕事を探している人も多いのでこちらでデザインを発注すると安く仕上げることが出来ます。クラウドワークスで名刺デザインを発注し、ラクスルやライオン印刷等で印刷してもらっても良いと思います。

ちなみにデータさえあれば近くの印刷専門店に行けばどこでも発行してもられます。対面で打ち合わせして作成できるのでデータを持っている場合はその方が確実かもしれません。

最小枚数等もあると思いますので、近くの印刷屋さんに相談してみてください。

まとめ

ここまでフリーランスの名刺について解説してきました。

名刺は事業の顔となるものなので、どうせつくるなら事業のテーマに相応しいものをつくりましょう。

印象に残る名刺は、言葉よりも雄弁に営業してくれることもあります。

現代では、パソコンで簡単に名刺がつくれるようになりましたが、デザインソフトを使いこなせないと、見栄えのいい名刺をつくるのはまだまだ難しいのが現状です。

豊富なテンプレートの中から気に入ったデザインを選び、各項目を当てはめるだけで簡単に名刺がつくれるWEBサービスや作成代行業者をうまく利用して、自分に合った名刺づくりにチャレンジしてみましょう。