web系フリーランスなら一度は聞いたことがある「レバテックフリーランス」というエージェントは実際どうなのでしょうか。

高単価や案件数がとても多い印象ですが、「実際の利用者はレバテックフリーランスにどのような評価をしているのか」はこれから利用するか考えている方にとって知りたいですよね。

そんな今回は、レバテックフリーランスを使おうか考えている人に向けて、レバテックフリーランスの評判と自分に合う案件の見つけ方について紹介していきます。

レバテックフリーランスとは

レバテックフリーランスとは、フリーランスの案件が豊富でweb業界に強いエージェント会社です。

業界の中でも高単価な案件を抱えているので、仕事を探す際に利用しているフリーランスも少なくありません。

もちろん、仕事の紹介や就業中のフォローもあります。

とくにレバテックフリーランスでは、マッチングコーディネートに力を入れているので、仕事のしやすさを評価指標として考えていきましょう。

レバテックフリーランス以外のサービス

レバテックフリーランスの運営会社「レバテック」では、レバテックフリーランス以外にもサービス提供しています。

フリーランスやクリエイター向けの仕事紹介以外にも、求人広告、就職・転職、エンジニア育成業など人材系で多方面に行なっています。

フリーランスの方は、エンジニアを中心とした案件が豊富です。

クリエイターの方は、ディレクターやデザイナー、プランナーなどのエンジニア以外のweb系案件が豊富ですね。

web系フリーランスならレバテックに登録しておこう

web系フリーランスならレバテックに登録しておくと、今後高単価案件を仕事をもらえるかもしれません。

レバテックはweb系フリーランスに特化した案件紹介・サポートを担っています。

実務経験・スキルが十分にあると判断されれば、自分の希望に合う仕事を紹介されます。

登録後、一度コーディネーターとの面談があるので、そこから仕事に繋げましょう。

レバテックフリーランスの評判を調査してみた

レバテックフリーランスを利用を考える上で、レバテックフリーランスの評判はとても参考になると思います。

今回は、レバテックフリーランスの評判を以下4つのテーマで調べました。

  1. 案件単価
  2. 案件内容
  3. 面談
  4. 対応

それぞれ見ていきましょう。

レバテック単価の評判

レバテック単価は高単価案件が多いという評価を受けていますが、本当に高単価なのでしょうか。

利用者からはこのような意見があります。

https://twitter.com/oniking0719/status/1129355139171536896

単価は思っているよりも高い印象のようです。

実際に自分の単価を知るためにはレバテックフリーランスのコーディネーターと面談しなければ判断されないので、自分の単価を知るためにも面談に行くのはどうでしょうか。

レバテック案件の評判

レバテックの案件数が豊富で常に1,000件以上を保有していること、内容についての評判はどうなのでしょうか。

利用者からはこのような意見がありました。

大手会社からの案件も豊富らしく、週5の派遣社員のように勤務する方もいます。

また、レバテック案件のほとんどがチーム開発案件で、規模が大きい開発になるでしょう。

リモート案件よりも常駐案件が多く掲載、紹介されているようです。

レバテック面談の評判

レバテックでは登録後に必ずコーディネーターとの面談があるので、面談はどのようなものでしょうか。

利用者からはこのような意見がありました。

コーディネーターは技術系がわかる人なので、自分の実力をしっかりと計られます。

レバテックではフリーランス案件の紹介だけでなく、転職などのキャリア形成も支援しているので、自分の今後の話もできるといいですね。

だから面談時に確認しておくこととしてはこれらが良いのではないでしょうか。

  • 自分ができること(スキル)
  • 案件の規模感
  • 案件開発環境と設備
  • 案件単価
  • 案件での評価方法
  • 今後のキャリア

これらを確認しておくと、案件取得後にトラブルがあった際も見直せる項目ではないでしょうか。

レバテック対応の評判

レバテックの案件対応について、実際のところどうなのでしょうか。

利用者からはこのような意見がありました。

このように丁寧かつスムーズに対応してくれる担当者もいれば、

インフラ系の案件によっては対応が遅れてしまうこともあるようです。

対応が遅れている際は電話を入れると急ピッチで対応してくれるようです。

また、このような意見も見られます。

人によっては明らかな対応ミスでも謝らないなどのケースがあり、人によってレバテックの対応は大きく変わります。

担当者も変更できるので、自分と合わない担当者の際には変更を申し出ましょう。

レバテックフリーランスで自分に合った案件の見つけ方

レバテックのコーディネーターに診断してもらうことで、自分にあった案件を紹介してもらいます。

まずは自分に合った案件を見つ方は以下の方法です。

  1. プロフィール登録
  2. コーディネーターが診断
  3. メールにて案件紹介

それぞれ説明していきます。

プロフィール登録

まずはプロフィール登録が必要です。

プロフィール登録では「あなたの能力がどれくらいあるのか」を判断する大切な指標になるので、プロフィールはしっかり書きましょう。

プロフィールの良し悪しで、受注できる仕事の幅や単価が違います。

下記記事では受注につながるプロフィール文の書き方を紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事:受注に繋がるプロフィール文の書き方を紹介

コーディネーターが診断

次にコーディネーターと診断をします。

はじめに書いたプロフィール文を元にコーディネーターがあなたと実際に話しながら診断していきます。

  • どのような案件が良いのか
  • あなたのキャリア感

など、さまざまな視点から案件のすり合わせをしていきます。

メールにて案件紹介

最後にメールにて案件紹介連絡があります。

レバテックが保有する案件の中からコーディネーターが選んだ合う案件を選び、メールで提案がきます。

メールは面談後、約3営業日後に届くようです。

中には非公開案件もあるようなので、公開案件を応募する前に一度診断してみると自分に合う仕事を獲得できるでしょう。

レバテックに登録して報酬をあげよう

レバテックフリーランスの評判・自分にあった案件の見つけ方について紹介してきました。

レバテックはweb系の案件が豊富かつ案件単価も高いです。

また、レバテックの特徴としてはコーディネートに力を入れています。

面談の評判はとても良いので、一度面談してみて自分に合う案件を獲得してみると良いでしょう。

≫レバテックフリーランスの公式サイト