「ランサーズの提案が通らない…」と悩んでいませんか?

ランサーズを始めたばかりの人にとって、この悩みは誰しもが通る壁です。

当然ですが提案が通らなければ案件ももらえずお金を稼ぐことはできません。

他の人の提案を参考にしたいと思っても、見る機会もなく、なかなか改善は難しいですよね。

そこでこの記事ではライティング案件を例に、どうしたら提案文が通るのかの根本的な考え方と、通りやすい提案文の書き方を紹介します。

先に結論を言うと下記4ポイントを抑えれば提案の通過率を改善できます。

  • わかりやすく書く
  • 求められた情報に答える
  • クライアントが何を求めているかを考える
  • たくさん提案する

提案文で悩んでいる方はぜひご一読ください。

わかりやすく書く


ランサーズの提案文では、まず分かりやすく書くことが大切です。

クライアントはたくさんの提案を受けるので、ひとつひとつの提案文をじっくり確認する時間は取れません。

そのため、一目みて内容が分かりやすく書いてある提案文はクライアントに好印象を与えることができます。

ダラダラと長く書くのではなく、必要な情報だけをスッキリと分かりやすく書きましょう。

しっかり仕事ができるイメージを与えることで、仕事に対する信頼度もアップします。

実際に提案文を分かりやすく書くために、以下のことを意識しましょう。

  • 箇条書きにする

単価や納期などの条件、実績、得意分野など、箇条書きで並べることでスムーズに相手に伝わりやすくなります。

  • 項目ごとに分ける

経歴、自己PR、できることなど、項目ごとに分けて書くとスッキリとまとめることができます。

どこに何が書いてあるのか分かりやすくなるので、とても効果的です。

求められた情報に答える

提案文では、クライアントから求められている情報に答えるようにしましょう。

案件の依頼文には、「Chatwork IDを記入してください」や「過去の実績を貼ってください」など提案文に記載しておいてほしい情報が書かれていることも多いです。

しかし、こういった要望を無視して提案文を送ってしまう人がかなり多いのです。

クライアントはその時点で「この人は依頼文をしっかり読んでいないな」と判断し、選考から弾かれてしまいます。

依頼文には様々な情報が書かれているので見落とさないようにしっかりと読み、求められた情報には必ず答えるようにしましょう。

クライアントが何を求めてるか考える

通過しない提案文に一番多いのは、クライアントが何を求めているか考えられていないことです。

提案文の考え方は、就職活動の自己PR書と同じです。

自己PR書では、会社の事業を調べ、どんなことをしていて、どんな人材を求めているのか、そして自分はどのように力添えできるのか?をアピールしますよね。

自己PRだけして「あなたの会社でどう活躍できるか」を説明できなければ採用はされません。

これを提案に置き換えると、通過するには「その依頼に対して自分はどう貢献できるか」を説明することが大切です。

通過しない提案文は、自分のスキルや興味、やってきたことのみ書かれていることが多いです。

これでは、クライアントにとってどんなメリットがあるのかが伝わりませんよね。

通過しやすい提案文にするには、まずはクライアントが何を求めているのかを考えることから始めましょう。

メディアと記事の意図を考えよう

クライアントが何を求めているか考えるヒントは、何を目的にしたメディアなのか、記事の意図は何なのかを把握することです。

観光スポットに関するメディアを例に、目的について考えてみましょう。

まずはそのクライアントが何を目的としてメディアを運営しているのかを考えます。

そのメディアの会社概要などを参考にすると、分かりやすいでしょう。

会社概要を見ると、宿泊予約のサービスなどを行っている会社でした。

そうすると目的は、「観光スポットの魅力や役立つ情報を発信することで、旅行を促進し、宿泊予約のサービスの利用に繋げる。」であることが分かります。

目的を把握することで、それに対して自分がどのような記事で貢献できるのか明確に伝えることができます。

たくさん提案する

ここまでで提案文の質を上げるためのコツを説明しました。

質が上がったら、次に大事なのはたくさん提案して量を担保することです。

とは言え、ランサーズにはたくさんの案件があります。

中には条件があまり良くない案件や、自分が書きずらいジャンルの案件も。

「文字単価1円以上」「このジャンル以外」などと自分の中で基準を決めて、条件に合う案件に対してどんどん提案しましょう。

提案文の登録で効率化しよう

ランサーズでは、提案文を保存できる機能があります。

たくさん提案するためには、提案文のテンプレートを複数保存しておきましょう。

ジャンルごとに、それに関する経験やスキルをアピールする提案文を用意するのがおすすめです。

同じジャンルの案件には悩まずに提案することができてるので、時間短縮になります。

まとめ

今回は、どうしたら提案文が通るのか根本的な考え方と、通りやすい提案文の書き方についてご紹介しました。

  • わかりやすく情報をまとめる
  • 求められた情報に答える
  • クライアントの目的を考える
  • どんどん提案する

これらのことを意識することで、通りやすい提案文を書けるようになります。

ぜひ参考にして案件を獲得し、ランサーズで稼げるWebライターを目指しましょう。