「働き方改革」を受け、クラウドソーシングを利用する人が爆発的に増えています。

しかし、クラウドソーシング上で低単価案件による労働力搾取も問題視されているのが現状。

ひと昔前にテレビやネットでも「時給数百円」と騒がれていました。

副業としてライティングを始めるのもお金と時間に余裕が欲しいからであって、副業してまで搾取されたくないですよね。

そこでこの記事では、ライティング初心者が搾取されない方法を具体的に紹介していきます。

これからクラウドソーシングを始めた人も、ライティングを始めてうまくいってない人もぜひ参考にしてください。

低単価の案件を受けない

「ライティングで搾取されない方法」の答えはずばり低単価の案件を受けないことです。

クラウドソーシングでは、文字単価0.2円のライティング案件など、低単価の案件が多くみられます。

例えば文字単価0.2円の場合、1時間に2,000文字書いたとしても時給換算は400円になります。

2,000文字はA4の原稿用紙5枚分にあたります。それだけの文量を1時間で書き切っても400円しかもらえないのです。

10,000文字書いても2,000円。10万円稼ごうと思ったら50万文字書かないといけません。

なかなか現実的な数字ではないですよね。

単価が低い案件を選んでいる限りは搾取から抜け出せないので、単価が高い案件を選ぶのです。

しかし初心者の場合、どうやったら単価の高い案件を取ればいいかわからないですよね?

以下で高単価の案件をどうやって獲得するかを具体的に紹介していきますね。

高単価案件の獲得方法

高単価案件を獲得するために以下のステップを踏んでいきましょう。

  1. 基本的な準備を全て終える
  2. 1円以上の案件にのみ提案する
  3. 記名記事を書く

それぞれ説明していきます。

基本的な準備を全て終える

まずは基本事項が全て埋まっているかチェックしましょう。

  • プロフィール
  • プロフィール写真
  • スキルセット
  • 経歴/資格
  • スキル
  • 4つの認証

上記が全て埋まっていないと案件獲得できないわけではありませんが、あった方が獲得確率は上がります。

例えばあなたが仕事を依頼する側だった場合、プロフィールが空欄の人としっかり書いている人と、どちらも同じスペックだったらどちらを選びますか?プロフィールを書いている人ですよね。

クライアントは「仕事」として案件を依頼しているので、少しでも信頼度が高い人に仕事を頼みたいと思うものです。

時給単価を意識して提案する

プロフィールなどの準備が終わったら、実際に案件を探し始めましょう。

この時に必ず意識したいのが「1円以上の案件しか提案しないこと」です。

前述の通り低単価の案件を受注するから搾取されるのであって、単価の高い案件を取れば搾取されなくなります。

例えばランサーズでは、「こだわり条件」にて文字単価ごとで案件を表示させる機能があります。

この機能を使えば文字単価1円以上の案件も楽々探せます。

ランサーズのこだわり条件で文字単価を指定できる

クライアントの求めているものを予想して丁寧に提案文を書く

文字単価1円以上の良い案件を見つけたら、実際に案件に提案をしてみましょう。

提案文作成のコツは「わかりやすく」「相手が何を求めているかを考え」「丁寧に書くこと」です。

わかりやすく

まず、クライアントは案件を出したあと大量の提案文を受け取ります。

大量の提案文をさばく必要があるので、わかりにくい提案文はその時点ではじかれます

だらだらと長い文章を書くのではなく、わかりやすく端的に伝える工夫をしましょう。

具体的には以下のように工夫すると見やすくなります。

  • 箇条書きを使う
  • 「◆」や「■」などの記号を使う
  • 「経歴」や「スキル」など項目ごとにわける

パッと見て視覚的に捉えやすい内容を目指しましょう。

何を求めているか考える

少し上級の技術ですが、案件詳細の文章からクライアントが何を求めているのかを考えましょう。

例えば会社のサイトに載せる記事が欲しいのか、ブログに載せる記事が欲しいのかによっても提案できる内容は変わります。

クライアントの要望を先読みしてこちらから提案できるようになると提案の通過率は格段に上がります。

丁寧に

最後に、提案文を何度も見直し丁寧に仕上げましょう。

ライティングの仕事への提案文に誤字脱字があったら、その時点で信頼を無くしてしまいますよね。

当たり前のことですが、実は意外にも多いものです。

基本的なことだからこそしっかりとチェックしましょう。

記名記事を書く

「プロフィールも揃えて1円以上の案件に提案しているけどなかなか通らない…!」そんな時は記名記事をかけるメディアを探しましょう。

記名記事とは、あなたが書いた記事にあなたの名前をクレジットとして載せられる記事のことで、提案時の実績としても利用できます。

案件を出しているクライアントは当然損をしたくありません。

ですので、記名記事などの実績があるとそれを参考にランサーのレベルが測れるのです。

しっかりとした記事がかけていればそれだけで他のランサーと差別化ができるでしょう。

しかし記名記事でかける案件はあまり多くありません。

提案が通過した案件でお願いする、単価を下げる代わりに記名をお願いするなど、クライアントに確認してみましょう。

0.5円案件も1円案件も難易度は変わらない

高単価案件の獲得方法は以下の3ステップです。

  1. 基本情報を埋める
  2. 1円以上の案件のみ提案する
  3. 記名記事を書く

最後にここまで読んでも「私はまだ実力がないから、1円以上の案件はできない」と思っている方もいるでしょう。

ズバリ言ってしまうと0.5円の案件も1円の案件も難易度は変わらないです。

なのでどちらも気を抜いていいという訳ではなく、0.5円であれ1円であれ仕事として求められているスキルは同じです。

はじめは勇気が必要ですが、ぜひ挑戦をしてみましょう。