記者と聞くと新聞社や雑誌の出版社、テレビ局に所属して働く記者を想像する人が多いのではないでしょうか。

実際に記者として働いている人のほとんどが、会社に所属をして仕事をしています。

しかし、中には会社に属さずフリーランスの記者として働いている人もいます。

そこで今回はフリーランスの記者がどんな仕事をしているのかを解説していきたいと思います。

フリーランスの記者に興味がある人は参考にしてみてください。

主な記者の種類

記者と言っても、その働き方は様々です。

記者になる為の資格は特に必要ありませんが、新聞社やテレビ局に務める記者の場合は大卒以上を条件にしていることが多いです。

また、知識の豊富さや、記事を仕上げる文章力・表現力も必要とされています。

どこに所属し、どんなジャンルを担当するかにもよりますが、記者の収入は年収500万〜1300万と幅広いです。

しかしフリーの記者の場合は、年収がもっと低い人もいます。

新聞記者

新聞社に属し、事件や政治、スポーツ、世界のニュース、流行などを取材します。

新聞社によっては海外に支局を持っている場合があり、現地記者として常駐することもあります。

入社をすれば誰でも取材記者になれるわけではなく、多くの人は校閲記者や整理記者などの内勤の仕事に配属されます。

その後、適性や内勤業務の段階を積み、取材記者になるという流れが多いです。

採用試験では、作文や論文で文章力や構成力を求められます。

雑誌記者

出版社に所属し、雑誌に載せる記事を取材します。

事件、スポーツ、政治から芸能スクープまで様々な分野があります。

雑誌記者の場合、専門性の高い知識が必要とされています。

その為、自分の得意なジャンルで取材を行う記者がほとんどです。

雑誌は発行日が決められているので、締め切りが厳しく体力的にはかなりハードです。

週刊誌の記者を想像すると分かりやすいですが、1つのスクープを撮るために、忍耐強く調査し取材するという精神力も必要とされます。

雑誌記者の場合、学歴はあまり重要視されていません。

記者として比較的入社しやすい傾向にありますが、待遇や収入面に関しては記者の中でも低いです。

放送記者

テレビ局に所属し、アナウンサーが読む原稿の作成や取材に関わるのが放送記者です。

新聞記者と同じように、取材記者と内勤の編集記者に分かれます。

記者クラブに所属し取材にあたりますが、事件が起こればすぐに現場へ駆けつけ、場合によってはその場で記者自身が中継をすることもあります。

記者自身が中継を行い報道をするのは、放送記者ならではの仕事です。

そしてその後、編集された原稿がアナウンサーへ渡り、ニュース番組で読み上げられます。

放送記者の場合、テレビ局の報道部の採用試験を受けなければいけません。

アナウンサーより採用枠は多いですが、テレビ局の放送記者は高給取りと言われるだけあって倍率も高くなっています。

フリーランス記者

フリーランスの記者の場合、複数の雑誌や週刊誌と契約し仕事をします。

  • 新聞社、出版社などの採用試験に受からなかった人
  • 新聞社や出版社で働いた後、フリーになった人

が主に現在活動しているフリーランス記者です。

取材内容などは他の記者達と変わりませんが、フリーランス記者の場合は取材やアポイントを取るのが難しいです。

収入に関しては、取材実績の有無や取材内容により報酬条件が変わってきます。

報酬も原稿単位となるので、安定した収入を得るのが難しいです。

フリーランスでは記者クラブに所属できない

記者クラブとは中央官庁や企業団体などにあり、新聞社やテレビ局に所属している記者だけが加盟できます。

その為フリーランス記者の場合は、記者クラブに所属することができません。

様々な記者会見の現場に出席できないことは、他の記者に比べて大きなハンデとなります。

実績がないときつい職種

フリーランスの記者の場合、取材やアポイントを取るのが難しいです。

記者の世界は、「〇〇新聞社の記者」「〇〇出版社の記者」という肩書きが重要視されています。

フリーランス記者の場合は、様々な理由をつけて取材を断られるケースが多いです。

新聞社や出版社の記者を経験した人でも、フリーランスになったら仕事を断られたという事があるぐらいです。

肩書きで仕事をしていると言っても過言ではないです。

その為、初めからフリーランスとして働くには、厳しい世界です。

将来的にフリーランスの記者を目指す場合は、会社員として記者をしている間に人脈や業界のコネを作っておく必要があります。

まとめ

フリーランスの記者として仕事をしていくのは、覚悟がいる選択だと思います。

特に記者の採用試験に落ちてフリーランスの道を選ぶ場合は、まず仕事を得ることが難しいです。

出版社や新聞社には、正社員で働く記者と専属契約で働く契約記者がいます。

専属契約でどこかの出版社などに所属し、実績や人脈づくりなどを広げていく方が記者としての経験が積めるでしょう。

また、記者は休みの日でも事件が起きれば現場に直行しなければいけません。

フリーランスとして仕事をしていくには、常に色々な情報にアンテナを貼り、いつでも取材に行ける体制を整えるというのも大事になことです。

ハードな仕事ではありますが、記者がいなければ市民へニュースは発信されないので、やりがいは十分にある仕事と言えます。