副業するなら、稼げる副業をしたい!
稼げる副業をしたいけど、怪しいものは絶対にやりたくない!

そう考えている方は少なくないと思います。

たしかにどうせ副業するなら、なるべく稼ぎがいいものを選びたいですよね。

しかし、「稼げる 副業」で検索するとなんだか怪しいものが出たりとなかなか見つけるのが難しいです。

また、そもそも稼げる副業は人によって基準が違うと思いませんか?

そこで今回は、「稼げる副業の基準」や「稼げる副業」について紹介していきます。

もちろん、怪しい仕事は紹介しませんのでご安心を!

そもそも稼げる副業とは

そもそも稼げる副業って人によって感覚が違いますよね。

そこで今回稼げる副業を紹介するにあたり、稼げる副業の基準をこれら3つに分けました。

  1. 即金性が高い副業
  2. 経験次第で金額が上がる副業
  3. 将来的に大きく稼げる副業

この3つの基準がすべて合うならとてもいい副業ですね。しかし、そんな副業もないのが現実です。

基準についてそれぞれ説明します。

即金性が高い副業

即金性が高い副業は能力関係なく月10万円稼げる仕事です。例えば、転売やアルバイト、ウーバーイーツ配達員パートナーなど。

しかし、即金性が高いだけで報酬が高くなることはあまりありません。また後に紹介しますが、即金性の高い仕事は短期的に収入がほしい人におすすめです。

経験次第で金額が上がる副業

経験次第で金額が上がる副業は、業務委託のような自分のスキルを売って働く仕事です。例えば、「編集能力があるから、編集の仕事を請け負う」ようなイメージです。

はじめのうちは能力があっても、クライアントとの仕事経験がないので、報酬は高くありません。

付き合いが長くなるほど、同じ労働時間でも当初の報酬と2~3倍変わるので、稼げるようになります。

そのため、長期的に続けなければいけない仕事なので、長期的に副業をやる方はおすすめです。

後に紹介する仕事は、未経験でもできる仕事を紹介していきます。

将来的に大きく稼げる副業

将来的に大きく稼げる副業は、即金性はあまりないが、将来的に自分が仕事をしなくてもある程度お金を生み出してくれる仕事です。

すぐに収入につながらなくても、将来的には稼げる副業になるでしょう。

すぐにお金が欲しいと思っていない方で、長期的に副収入がほしいと思う人にはおすすめです。

自分が仕事をしなくても副収入を生む仕組みづくりがが主な仕事になります。後に紹介していきます。

即金性が高い仕事でおすすめはこの2つ

 転売

能力がなくても誰でも稼げる副業で「転売」はおすすめです。

Amazonやメルカリなどに販売店を設け、リアル店舗などから商品を仕入れてネットで販売するのが主な流れです。

狙い目の商品は、ネットで販売されているモノとリアル店舗で販売されているモノに大きな販売価格差があるものが良いですね。

価格差分が全て利益になるので、仕入れ商品によって副収入が変わります。

転売で考えるのが「仕入れ値」と「販売値」の2つなので、特別な能力がなくてもできます。

しかし、「アイドルグループのライブチケット高額転売」の影響もあり、転売に悪いイメージがついている方も少なくないでしょう。

転売に悪いイメージがある方にはあまりおすすめできません。

日雇いバイト

日雇いバイトは即金性が高く、出来高を気にすることがないので安定して稼げます。

とくに日給1万円を超える「引っ越し」のような仕事もあるので、即金性や報酬性を考えると大きく稼げますね。

しかし、高収入である「引っ越し」や「ガテン系の仕事」は肉体労働ですので、本業に影響が出ない範囲で行いましょう。

日雇いバイトは人材派遣会社から紹介されて、仕事にありつけます。

だから、多くの日雇い仕事が掲載されているランスタッドで派遣アルバイト登録しておくと働きたいときにスムーズに働けますよ。

経験次第で金額が上がる仕事でおすすめはこの3つ

ライター

未経験からでも始められるのがライターです。

ライティング能力がなくても、日本語は誰でも書けるので実力をつけながら記事を書いてみましょう。

クライアントの意図を汲んで、構成できる能力がついてくると徐々に報酬も上がります。

本業知識を記事に反映したり、ライティングの構成能力が本業でのコミュニケーション能力に活かせたりできるので、おすすめです。

下記記事ではライターで稼ぐ方法について紹介しています。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーも未経験から始められる仕事です。

Photoshop、Illustratorで造形ができるようになれば、仕事を請け負った経験がなくても仕事が取れます。

まずは簡単なロゴ制作から始めてみて、徐々にクライアントのイメージに合う物を作れると報酬が上がっていきます。

また、クライアントのイメージと全く違うものやクライアントの資金や事業方向修正がおきない限り、継続的に仕事を請け負うことができるのでおすすめですね。

関連記事:フリーランスのデザイナーはどんな仕事をしているのか?

Webデザイナー

webデザイナーはプログラミングの中でもあまり難しくないHTMLやCSSを使ったコーティングをする仕事です。

クライアントのホームページやweb広告、ライディングページを作ります。

技術が上がると、本格的なエンジニアへのキャリアにもつながるので、プログラミングに興味がある方はプログラミングの始めの仕事としてやってみてはどうでしょうか。

progateやドットインストールなど、定額でプログラミングを勉強できるので、ぜひ取り組んでみてください。

下記記事ではサイト制作での仕事獲得方法について紹介しています。

関連記事:副業でプログラミングを始めるなら、初心者にはサイト制作がおすすめ

将来的に大きく稼げる仕事でおすすめはこの2つ

ブログ・アフィリエイト

ブログやアフィリエイトは始めは収入がありませんが、将来的に自分が働かなくてもお金を生む仕事です。

仕事としては、商品紹介での有益な情報や集客をするためのマーケティング業務など、やることはたくさんあります。

全ては情報発信なので、ブログで自分の体験を発信するのもいいですし、あまり自分を出したくない人には何かのまとめサイトを作るのも選択肢の1つですね。

下記記事では本業を活かしながら副業でアフィリエイトしたいと考えてる人に一読してほしい記事です。

関連記事:アフィリエイトは副業に向いてる?本業を活かしたコンテンツでスキルアップ

YouTube

YouTubeも広告収入や商品紹介で稼ぐ仕事です。

短期的には収入が見込めませんが、将来的には自分が働かなくても収入を得られます。

YouTubeは上記のブログやアフィリエイトとは違い、面白いことや関心のある動画、話題性がある動画など、を投稿して視聴時間を伸ばします。

下記記事では副業でYouTubeをやってみたい人に向けて、YouTube情報をまとめました。

関連記事:Youtubeは副業でも稼げる?Youtubeの収入や動画をアップするための方法を解説

Youtubeは副業でも稼げる?Youtubeの収入や動画をアップするための方法を解説

自分に合った副業を始めよう

今回紹介した「稼げる副業の基準」や「さまざまな稼げる副業」を紹介してきました。

稼げる視点は人によってそれぞれ違うので、自分にあった副業を選びやりましょう。

しかし、自分に合う副業がよくわからないという方もいるので、面白そうだと思ったものは全てやってみてください。

その中で自分に合うものを選び、長期的に副業をやると稼げる兼業マンになれるでしょう。