「フリーランスになったら確定申告は必ずしないといけないの?」

新米フリーランスにとって、確定申告など税金関係の手続きはわからないことだらけですよね。

会社員であれば年末調整で会社が代わりに全て手続きをしてくれるので確定申告をする必要はほぼありませんが、フリーランスの場合、個人で確定申告をして税金を納める必要があります。

ここでは、フリーランスになってはじめて確定申告を迎える人へ

  • フリーランスに確定申告は必要なのか?
  • そもそも確定申告とは何なのか?
  • 確定申告の方法

について分かりやすく解説していきます。

確定申告は原則必要です


「フリーランスになったけど実際稼いでないし、確定申告ってしなくていいよね・・・?」

と思っている人もいるのではないでしょうか。

確定申告はある一定額以上の所得がある人は全て対象となります。

会社員の場合、会社の人事担当等が代わりに手続きを行ってくるので原則自分で申告する必要はありませんが、会社からの給料以外の所得がある場合は確定申告が必要になってきます。

確定申告が必要な対象者は?

一定額以上の所得とはフリーランス(自営業者)の場合38万円です。ちなみにこの38万円というのは基礎控除額です。

(基礎控除とは、確定申告や年末調整で総所得金額から差し引くことができる控除のひとつで、すべての納税義務者が無条件で対象となります)

基礎控除額(38万円)を上回る所得があるフリーランスは全て確定申告の対象者です。

所得とは、入ってきたお金収入)から必要経費を差し引いた金額のことです。

例えばフリーランスのWebライターが年間100万収入があり、仕事をする時の必要経費が40万円だったとします。

そうすると収入100万ー経費40万=所得60万となります。

この場合基礎控除額の38万円を上回るので確定申告が必要です。

逆に所得が38万円以下の人は確定申告は不要となります。

確定申告をしないとどうなるか

確定申告の義務があるにも関わらず、申告をしなかった場合は(それが発覚すると)無申告加算税が課せられます。

これは申告し納める義務がある税金の他に、納付すべき金額が50万円までは15%、50万以上は20%の税金が上乗せされるというかなり重い罰則があります。

ちなみに確定申告をしなかったからといってすぐに罰則があるわけではありません。詳しくは後述しますが、確定申告は自主申告制なので申告しなかったからといって必ずバレるとは限らないからです。

ただ、もしバレた場合は過去5年分さかのぼって税金の支払い義務が生じるので、無申告加算税が上乗せされて相当キツイ金額の税金がまとめて請求されます。

確定申告ってそもそも何?


独立してフリーランスになったばかりくらいの人は恐らくそもそも確定申告が何なのかいまいちピンと来てないと思います。

確定申告に関する情報はたくさんありますが、読んでもよくわからないという人は多いのではないでしょうか?

本項目では確定申告がいまいちわからない、ピンと来ないという人向けに解説します。

確定申告の目的は税金を納めること

毎年3月頃になると、

「確定申告!確定申告!言うけど一体なんやねん?」

って人は実は結構多いんじゃないかと思います。

確定申告は端的に言ってしまえば前年分(1月~12月)分に課せられる税金を納めるための制度です。

日本の納税制度は自己申告制といって、課せられる税金は自分で算出して税務署に申告する仕組みになっています。会社員だけ例外で会社が勤める従業員に代わって支払う税金を算出して税務署に提出します。

つまり確定申告とは、

「私は去年1月~12月まで〇〇万円稼いだので、これくらい税金を支払います」

税務署に申告をする作業です。

具体的な申告方法については後述しますが、税務署に確定申告に行くと、税金を納付するための納付書を渡されます。

自己申告なので申告しなくても分からない?

よく「確定申告しないとヤバイ」と言われますが、確定申告は先述した通り、自己申告なので申告しなかったからといってたちまちバレるわけではありません。

日本には個人事業主が1千万人以上いるわけで、毎年新しくフリーランスになる人、廃業する人が何万人もいるわけです。

そのため税務署は「どこで、誰が、どのくらい稼いでいるか」を把握できるわけがなく、そのための確定申告制度でもあるわけです(自分達じゃ把握しきれないから自分で申告してねという感じ)。

なので確定申告しなかったからといって税務署に発覚することは通常ありませんが、さまざまなきっかけで発覚することがあります。

例えば企業から百万円の受注をしたフリーランサーAがいるとして、わざわざ調べないとそのフリーランサーAは百万円の収入があったかどうか税務署には分かりません。税務署は当然お金の流れをすべて把握しているわけではなにので理由もなく調べたりはしません。

しかしその企業は百万円フリーランサーAに報酬を支払っているわけですから、その企業に税務調査(ちゃんと申告しているかどうか税務署が不定期に調査に来ることがあります)が入ればお金の流れが分かります。

そこでしっかり百万円受け取っているはずのフリーランサーAが確定申告をしていなかったら…もうお分かりですよね?

そういう事態になって発覚したりします。

また、先述した通り申告漏れは5年間さかのぼって調べられるのでずっと確定申告をしていないととんでもない金額の税金が課せられる可能性があります。

ちなみに税金の徴収はサラ金と同レベルかそれ以上です。滞納しすぎると銀行口座を差し押さえられます。

フリーランスが行う確定申告の方法


フリーランスが確定申告を行う場合、

1.会計ソフト等を使い自分で書類を作って提出する
2.税理士に依頼して代わりに申告してもらう

という2つの方法があります。

それぞれのメリット、デメリットと合わせて紹介します。

自分で申告をするメリット・デメリット

自分で確定申告をする場合、会計ソフトを使用するのが一般的です。

その場合の1番のメリットは、費用がかからないということです。

フリーランスになりたてで、税理士に依頼するほど費用面に余裕がない人は個人で確定申告を行なっています。

会計ソフトを使用すれば、個人でも比較的簡単に申告書類を作成することが可能です。

逆にデメリットは、確定申告の手続きに時間がかかるということです。

仕事の合間をぬって帳簿付けなど申告に必要な書類を作成するのは思いの外時間がかかります。

税金関係は普段あまり目にしない分、調べながらの作業になるので余裕を持って書類作りは進めたほうが良いでしょう。

税理士に依頼するメリット・デメリット

慣れない確定申告や税金関係はプロにすべてお任せするのが安心感がありますよね。

税理士に依頼する場合のメリットとデメリットを紹介していきます。

税理士に依頼する1番のメリットは正確な申告ができるということです。

個人で申告をすると計上できるはずの経費を申告しておらず、余分に税金を払っていたというケースが多々あります。

特に個人で青色申告をする場合は、会計ソフトでも手続きができるとはいえ複雑ですので、申告ミスが起きやすいです。

税理士に依頼するデメリットは依頼料がかかることですが、自分の仕事の時間を取られることなく、正確な申告手続ができるので税理士に依頼するフリーランスは多少依頼料はかかっても、時間と正確さを買うという人が多いです。

青色申告について

開業届を出し個人事業主となった人は青色申告という言葉を聞いたことがあると思います。

税金の申告書類は青色申告と白色申告で変わり、青色の方が手間が掛かりますが、その分税金面でのメリットがたくさんあります。

所得税青色申告決算書という書類をまとめる必要があり、この書類が青色(緑っぽくも見えるがどちらにしても青っぽい)なのが特徴です。

決算書は「損益計算書」、「損益計算書の明細」、「損益計算書の明細その2」、「貸借対照表」の合計4枚です。

参考サイト:確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等|国税庁

青色申告をすると、先述した基礎控除38万円の他に最大で65万円の控除が受けられますし他にも、

  • 赤字が繰り越せる
  • 家族の給料も経費にできる

というメリットがあります。

しかしこれらのメリットを受けるには、帳簿をしっかりとつけて細かな手続きを行わなければいけないという手間が生じます。会計ソフトを利用すると比較的楽ですが、理解するためには簿記3級くらいの知識は必要です。

まとめ

ここまで

  • フリーランスに確定申告はそもそも必要なのか
  • そもそも確定申告とはなのか
  • 確定申告の方法

について紹介してきました。

フリーランスになってはじめて迎える確定申告、直前になって慌てる事がないように余裕を持って準備を進めることをおすすめします。

面倒臭いから確定申告は税理士に頼もうと思っている人は、早めに税理士を探しておくと良いでしょう。

フリーランスになり、今回はじめて確定申告をむかえる方はぜひ参考にしてみてください。