確定申告が間に合わなかった…。
どんな手続きが必要なのかな

と焦っていませんか?

結論からいうと、確定申告が遅れた場合多少余分にお金が取られますが、出さないよりは何倍もマシです

確定申告の提出が遅れてしまった場合、どのような影響があるのでしょうか。対処法とともに確認しておきましょう。

確定申告、期日を過ぎたらどうなるの?

確定申告の提出期限は、毎年3月15日です。(3月15日が土日祝に重なった場合、翌営業日が締め切り日になります。)

基本的に期日内に終わらせるべきですが、期日を過ぎても「期限後申告」として提出可能です。

ただし、「期限後申告」には以下のようなペナルティが課せられます。

具体的には、

  • 無申告加算税
  • 延滞税
  • 青色申告特別控除の減額

のペナルティがあります。詳しくみていきましょう。

無申告加算税

1日でも提出が遅れると無申告加算税が課税されます。無申告加算税は本税に加算して支払います。

原則として、納めるべき税額の50万円までは15%50万円を超える部分には20%を追加で支払う必要があります。

税務調査前に自主的に申告すれば税率5%となっていますが、税務調査通知以降は10%、15%と引き上げられます。

ただし、期限後申告であっても、以下の条件をすべて満たしている場合は無申告加算税を課せられません。

  • 1. 法定申告期限から1ヶ月以内に、自主的に行われた期限後申告であること
  • 2. 期限内に申告をする意思があったと認められるa、bの条件に該当すること。
  • a. その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限(口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日)までに納付していること。
  • b. その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

参考:国税庁|確定申告を忘れた時

ペナルティを軽減するためにも、気づいた段階で早めに申告するようにしましょう。

延滞税

納付が遅れた日数分だけ延滞税が課税されます。

延滞税は納期が遅れたことに対する利息のようなもので、本税に加算して支払う必要があります。

申告期限から2ヶ月以内であれば税率は低いですが、2ヶ月を超えると税率が高くなります。

延滞税の計算は、国税庁のホームページでシュミレーションできます。

青色申告特別控除の減額

青色申告者が期限内に申告できない場合、大きな痛手を負います。

青色申告の大きなメリットである65万円控除が受けられません。

1日でも期限を過ぎると、控除金額が10万円に減額されてしまいます。

 

さらに2年連続で期限後申告した場合、青色申告の承認自体が取り消しになる恐れもあります。

青色申告の基礎控除が受けられなくなる影響はかなり大きいですよね。

こういった事態を避けるためにも、期限内に申告を行うのがベストです。

余談:還付金への影響は?

還付申告の場合、ペナルティはありません。

期限後の申告でも還付は受けられます。

多く納めた税金が戻ってくるので面倒でも申告した方がお得です。

還付金は5年さかのぼっての請求が可能なので、期限後でも申告しておきましょう。

確定申告が間に合わない時の対処法

期日を過ぎたくないがすでに〆切ギリギリの場合、以下2つの対処法があります。

  • プロ(税理士)に丸投げ
  • いったん仮の状態で提出

「もう自力ではできない!」という方は、プロに丸ごと依頼する方法もあります。

期限ギリギリでも対応してくれる税理士さんもいますし、今回の確定申告だけという単発依頼で受け付けてくれる場合もあります。

お金はかかってしまうものの、プロが見てくれるのはやはり安心ですね。

 

もしくは、仮の状態で一旦期限内に提出するのもおすすめです。

未完成であっても、期限内に申告したという状態にしておくことで、無申告加算税からは逃れることが可能です。

ただし後日修正申告することが前提ですので、早めに修正申告して、税務調査の対象とならないようにしましょう。

ギリギリに気づいた人へ!税務署に行かなくても確定申告はできる

「期限ギリギリで、税務署まで行く時間がない!」という場合は、郵送やネットでの提出方法を利用しましょう。

わざわざ税務署窓口まで行かなくても、確定申告は可能です。

郵送で提出する場合

郵送でも確定申告の提出ができます。税務署まで行く手間が省けるので、時間がない方におすすめです。

管轄の税務署宛に、必要な書類を添付して郵送しましょう。

郵送する場合、注意点が2つあります。

1. 郵送方法

確定申告書は「信書」扱いになります。

そのため、「第一種郵便物」または「信書郵便」として送付する必要があります。

郵便局の「ゆうメール」や「ゆうパック」、宅配便を使った送付はできないので気をつけましょう。

2. 提出期限

通信日付印で表示された日が提出日とみなされますので、3月15日消印有効で郵送されれば期限内に提出したことになります。

期限ギリギリで消印が心配な場合は、消印が確認できる郵便局の窓口で提出することをおすすめします。

郵便局の最終時間までに持ち込めば、当日の消印を押してもらえます。

e-tax

e-taxで、電子申告する方法もあります。

3月15日当日の24時までに税務署が受信すれば、間に合ったと見なされます。

税務署に足を運ぶ必要がなく便利ですが、事前申請やICカードリーダーなどの準備が必要なので注意しましょう。

最終手段は税務署の夜間ポスト

どうしても間に合わない場合は、税務署の夜間ポストを利用する方法もあります。

夜間ポストは、税務署の職員が締切日翌朝に確認します。

この時点で夜間ポストに入っていたものは、期限内に提出されたと見なされます。

そのため、夜通しで作成し3月16日の明け方に提出したとしても、ギリギリで間に合います。

管轄の税務署に夜間ポストが設置されているかを確認しておきましょう。

余裕をもって着手することが一番の対策

確定申告が間に合わない時のペナルティと対処法についてご紹介しました。

どうしても間に合わず期日を過ぎてしまったとしても、申告は必ず行いましょう。

放置してしまうのが一番のリスクです。

自分で対応しきれない場合は税務署に相談するという手もありますし、諸々のケースにおいて適切な回答をしてくれるでしょう。

損をしないためにも、確定申告は早めの着手を心がけましょう。