一人で働くフリーランスから転職して、チームで働きたい!」と思ったときにまず取り組むのが、転職活動。

転職活動をしていると、職務経歴書を求められることがあります。

会社員だとそれまで会社でやってきたことを記入するだけですが、フリーランスだとどのように記入したら良いのか悩みますよね。

難しそうに思えますが、下調べさえできていれば職務経歴書は3ステップで完成できます。

今回は、フリーランスが転職する際に職務経歴書は必要なのかどのように書けばよいのかについて解説していきます。

フリーランスだった期間をプラスに捉えてもらうために、武器となる職務経歴書を準備しておきましょう。

フリーランスが転職する際に職務経歴書は必要!これまでの経歴を伝えることができる

履歴書はアルバイトの面接や新卒での就職活動でも使うので馴染みがありますが、職務経歴書は転職活動でしか使いません。

「一度も書いたことがない」という人も多いのではないでしょうか。

職務経歴書は、これまでどのような活動をしてきたのかを伝える大切な書類です。「前職はフリーランス」という情報だけでは企業にとってはマイナス要素になりがちです。

しかし、職務経歴書をしっかり書くことによってフリーランスとしてどのような活動をしてきたのか具体的に伝えられます。

企業に合わせた実績を記載することで、自分がその企業に貢献できる人材であることをアピールできます。

職務経歴書の書き方を3ステップで解説

では、実際に職務経歴書を書いていきましょう。職務経歴書は以下の3ステップで完成します。

  • ステップ1.企業がどのような人材を求めているかを求人票などから探す
  • ステップ2.企業に対してどのような改善策を提案できるかを伝える
  • ステップ3.提案した改善策を実現できる根拠を伝える

順を追って説明していきます。

ステップ1.企業がどのような人材を求めているかを求人票などから探す

まずは、企業がどのような人材を求めているのかを探りましょう。

求められている人材が分からなければ、アピールすべきポイントも分かりません。

求人票や企業のホームページに記載された内容を読み込み、求められている人物像をなるべく具体的にイメージしてみましょう。

ステップ2.企業に対してどのような改善策を提案できるかを伝える

「どのような人材が欲しいか」は、「どのような問題を抱えているか」に直結します。

転職活動で重要なのは、相手のニーズを探ってそれに対して改善策を示せる提案力

フリーランスとして営業する際も、同じ方法で企業に提案しますよね。

志望する企業を徹底的にリサーチし、どんな問題を抱えているのか見つけましょう。

そしてその問題に対してどのような改善策があるのかを伝えることが大切です。

ステップ3.提案した改善策を実現できる根拠を伝える

ステップ2で提案した改善策に対して、なぜ実行できるのか自分がどう関わっていけるのか、これまでのフリーランスとしての経歴や実績を踏まえて根拠を伝えていきましょう。

フリーランスとして活動してきたあなたには、様々な実績があるはずです。

それらすべてを職務経歴書に書くわけにはいかないので、ポイントを絞って書きましょう。

どの実績を書くかの基準は「転職後に活かせるかどうか」です。

実績を書く際にはなるべく具体的に、仕事を請け負った期間や携わった工程、クライアント名も出せると良いでしょう。

クライアントによっては企業名を出すことを許可していない場合もあります。

許可されない場合は、どのような仕事をしたのか概要だけ記載しましょう。

大手企業からの案件だと、スキルが高いことを証明できて企業側からの評価も高まります。

企業はなぜフリーランスの人が転職活動してきたかが気になる

フリーランスの人が転職活動をしてきて、企業側が最も気になるのは、「なぜフリーランスをやめて会社員になろうと思ったのか」です。

「またフリーランスに戻ってしまうのではないか」「対人スキルに問題があるのでは」などマイナス要素として見られてしまうこともあります。

フリーランスから正社員を目指すようになったきっかけは、ポジティブなものばかりではないでしょう。

孤独に耐えられなくなった、思うように収入が得られなかった、安定した生活を求めたいなど、マイナスな要素が入っていることも少なくありません。

これらをそのまま面接官に伝えると、フリーランスとしての経験がマイナスに捉えられてしまいます。

転職活動を成功させるためには、なぜフリーランスから正社員になろうと思ったのかをポジティブな要素として伝えてあげることが大切です。

例えば「個人で働くのではなく、チームで働きたい」「この会社でこういうことがしたい」など、会社員だからこそできることをアピールしていきましょう。

企業が特にマイナス要素として捉えがちなのは、フリーランスの協調性。

これまで一人で仕事をしていたので、会社という組織の中で協調性を持ってやっていけないのではないかと懸念します。

このような不安を払拭するために、フリーランスとしてチームで働いた経験やクライアントと良好な関係を築けていたことなどをアピールしましょう。

職務経歴書を武器に転職活動を成功させよう

今回は、フリーランスが転職する際の職務経歴書のポイントについてご紹介しました。

  • 職務経歴書はフリーランスとしての活動を伝える大切な書類
  • 企業がどのような人材を求めているかを探る
  • 企業が抱える問題点とそれに対する改善策を見つける
  • 自分がどう企業に貢献できるか実績とともに伝える
  • なぜ転職したいのかポジティブな理由を伝える

新卒採用では、今後の成長を見込んでこれから育てていく人材を採用します。

しかし、転職において採用者に企業が求めるのは、企業の問題を解決してくれる即戦力となる人材です。

即戦力をアピールするために重要となるのが、職務経歴書です。

履歴書の情報だけではマイナス要素になりがちなフリーランスとしての経験も、職務経歴書で上手くアピールすることでプラス要素になることも多いです。

企業のニーズを捉え、これまでの経験と実績を具体的に記載することで、希望の企業への転職を叶えましょう。