自営業の働き方についてご存知でしょうか?

会社員だと自営業の方と話す機会ってなかなかないですよね。

そのため、なんとなく自営業の働き方は想像できるけど、実際に会社員とどう違うのか詳しくは知らない。

という人が多いのではないでしょうか。

実際に会社員と自営業の働き方は全く違います。

そこでこの記事では、自営業と会社員の働き方を比較してどんな違いがあるのかを主にご紹介していきます。

自営業という働き方に興味がある方、必見です。

自営業とは?

自営業とは会社員のように会社に雇われ給料をもらう働き方とは違い、独立して全て自分で事業を行うことを言います。

独立をして働いている人の中には、株式会社として会社を設立して事業を行なっている人もいますが、自営業とは会社を作らず個人で事業を行なっている人のことを表します。

ラーメン屋さんや定食屋さんなど個人経営の飲食店を想像してもらうと、自営業の働き方が想像しやすいかと思います。

 実際に個人で事業をしている人増えてきているので、現在では自営業者の業種は多岐に渡ります。

  • ネイリスト、エステサロン、美容師
  • 税理士、弁護士、会計士
  • 設計士、大工
  • 花屋、八百屋、飲食店
  • デザイナー、プログラマー、ライター
  • ブロガー、アフィリエイター、youtuber

など実に様々な分野の職業の人が自営業やフリーランスとして働いています。

自営業とフリーランス

ここ数年で「フリーランス」という言葉も耳にする人が増えてきたのではないでしょうか?

フリーランスも自営業同様、独立して自分で仕事をしている人のことを意味しますので、どちらも大きな意味合いとしては同じです。

しかし、細かな部分でいうと

  • 個人で仕事を契約しているか
  • 企業に属さずに働いているか

という点で自営業なのかフリーランスなのかが分かれます。

例えば飲食店、八百屋、接骨院、ネイリストなどは、お店を構えて仕事をしているが企業に属しているわけではない為、自営業と名乗ることが多いです。

逆に、事務所や決まった職場を持たず個人で仕事の契約を取って働いている、デザイナーやプログラマー、webライターなどはフリーランスと名乗ることが多いです。

参考記事:フリーランスと自営業、起業の違い

自営業は全て自分でやる必要がある

 自営業会社員
働き方自分で決める必要がある会社で決める必要がある
給料自分で給料を決める。働いた分が給与になる。一定額の給与を定期的にもらうことができる
休日
自分で決める労働基準法に基づいて会社が決めた休日
社会保険・年金自分で決める保険と年金会社が決めた保険と年金
福利厚生自分で報酬を決める会社が報酬としてくれる
確定申告自分でする原則、会社がしてくれる

上記の表を見てもらうと分かりますが、会社員の場合は仕事内容や給料、休日、福利厚生は全て会社側が決めます。

しかしフリーランスの場合はこれら全てを自分で決める必要があります。

極端な話、やりたくない仕事はやらなくても良いのです。

会社員の場合、会社から給料をもらって働いているからには、やりたくない仕事もやらなければいけませんよね。

この点は会社員と自営業(フリーランス)の大きな違いと言えるでしょう。

確定申告も自分でしなければならない

会社員であれば年末調整を会社が行なってくれるので、面倒臭い手続きをする必要はありません。

その為会社から言われた期限までに必要な書類を提出するだけなので、そこまで年末調整を重要視している会社員の人はいないかと思います。

しかし自営業やフリーランスの場合は、確定申告を自分でやらなければいけませんし、申告額により納税額が変わる為重要な作業のひとつと言えます。

参考記事:確定申告の種類と特徴を解説

こちらの記事で詳しく説明していますが、自営業やフリーランスの場合は、青色申告で確定申告を行う人がほとんどです。

帳簿を付けたりと確定申告の為にやることが多く手間がかかりますが、その分青色申告の方が自営業者にとってメリットが大きいです。

また、納める税金をいかに少なくするかという税金対策も自分で考えていかなくてはいけません。

仕事の管理も自分でしなければならない

自営業やフリーランスの場合、仕事時間、休日、仕事内容や仕事量など全て自分で決めて仕事をこなさなければいけません。

会社員の場合は、1日の勤務時間が決まっていて、与えられた仕事をこなしていれば毎月安定した給料がもらえます。

しかし自営業やフリーランスの場合、会社員のように安定した収入の保証はありません。

報酬が高い仕事をたくさんすれば収入は増えますが、仕事量が減れば収入も減ります。

「〇〇万円の収入を得るためには、今月はこれだけの量の仕事をしないといけない、その為にはこれだけの時間が必要だ」

と、仕事量や仕事に費やす時間の管理を自分でしないといけません。

また会社員のように「仕事を与えてくれる人」はいないので、仕事を獲得する為の営業も自分でやらなければいけません。

逆に仕事管理や自己管理ができない人は、自営業やフリーランスとして働くのは難しいと言えるでしょう。

仕事管理や自己管理は、自営業やフリーランスとして働く上で1番重要なポイントです。

まとめ

ここまで会社員と自営業の働き方の違いについて紹介してきました。

自営業やフリーランスの場合全て自分で決めてやる必要があるという話をしましたが、仕事でミスをした場合は自分の代わりに謝ってくれる上司も守ってくれる会社も当然ないので全て自己責任です。

また、会社員と自営業(フリーランス)は社会的信用度にも大きな差があります。

とはいえ、仕事に関して会社員よりも自由度が高い自営業やフリーランスは魅力がある働き方です。

自営業やフリーランスに興味がある人はぜひ参考にして見てください。