「自営業者は住宅ローンの審査が通らない」

という話をよく耳にしますよね。

会社員に比べると、自営業者のローン審査が通りにくいのは確かです。

かといって、全く審査が通らない訳ではありません。

ここでは会社員と自営業者の住宅ローン審査の違いや、自営業者でも比較的審査が通りやすいフラット35について紹介します。

これからローンを組もうと思っている人は参考にしてみてください。

自営業と会社員の審査のちがい

会社員と違い、自営業の場合は審査が非常に通りにくいです。

また金融機関によって審査基準は異なるので、一概に「これ!」と言えるものもありません。

その理由として、自営業の場合、社会的信用度が低いことが挙げれます。

会社員と自営業者の信用度の差とは「経営が安定していて、返済できる保証がこの先も続くかどうか」という点です。

住宅ローンの審査基準とは

住宅ローンの返済期間は20年や30年と長いですよね。

金融機関では「この人にお金を貸したらローンの返済を最後までしっかりとしてくれるのか?」という、継続的に安定して返済できるかどうかを審査します。

会社員の場合は毎月安定した給料が入るのに対し、自営業の収入は不安定で事業がこの先も安定して継続できるかということは分かりません。

その為、自営業の場合はローンの審査が通りにくいと言われています。

例えば会社員と自営業者がそれぞれ受託ローンの審査を出したとします。

自営業者の方が収入が多くても、会社員の方が借りれるお金が多かったりと審査結果が優遇されることが多いです。

住宅ローンの審査では、収入ではなく所得が審査基準になります。

自営業の場合、所得税対策として必要経費を差し引く為、所得をできる限り下げようとしますよね。

しかし所得が低すぎては審査が通らなくなってしまうんです。

住宅ローンを借りようかと考え始めたら、経費を引きすぎずに所得も増やして調整しましょう。

また、安定した収入があるかを確認する為、審査には直近3期分の確定申告資料が必要となります。

1回でも赤字になってしまっているとアウトです。

そして、他にも借金やカードローンがあるかどうかも審査の際にはみています。

もし他に借り入れがある場合、審査は厳しくなります。

経営状況の影響が大きい

1番重要なのが経営状況です。

景気によって売り上げが高くなる時もありますが、審査でみられるのは経営の安定性です。

「この先も事業は安定していく見込みがあるのか」

「利益は出せるのか」

という所を審査されます。

住宅ローンは20年、30年と返済期間が長いので、会社員よりも厳しく審査されます。

1番良いのは、個人事業主として独立する前に住宅ローンを組んでしまう事です。

ローンの申し込み基準に、「勤続年数1年以上(営業年数3年以上)」と提示されている事もありますが、これは会社員なら勤続年数1年以上、自営業者は開業して営業年数が3年以上という意味になります。

その為、自営業として開業しても3年間はローンは組めず、3年経過したとしても審査のハードルは会社員よりも高くなります。

自営業の住宅ローンはとおる?

審査が通りにくいとはいえ、住宅ローンが借りれないと困りますよね。

自営業でも比較的審査が通りやすいのが、フラット35という住宅ローンです。

フラット35とは

住宅金融支援機構が各銀行と提携して作られた住宅ローンになります。

住宅金融支援機構は政府関係の機関が運営している為、自営業でも民間銀行の住宅ローンよりも審査が比較的通りやすいと言われています。

また、民間銀行の住宅ローンの審査には過去3期分の確定申告資料が必要だったのに対し、フラット35の場合は1期分の確定申告資料で大丈夫です。

フラット35の特徴は以下の通りです。

  1. 固定金利
  2. 勤続年数が少なくても申込み可能
  3. 保証料、繰り上げ返済手数料0円
  4. 保証人不要
  5. 自営業でも審査に通りやすい

固定金利

金利変動型のローンとは違い、借入期間中は固定金利となります。

借入額が大きい住宅ローンの場合、金利が変動すると返済の負担が大きくなります。

しかし、フラット35は固定金利のため返済計画も立てやすいです。

ただし金利は取り扱う銀行によって異なります。

勤続年数が1年未満でも審査可能

勤続年数が1年未満であっても、フラット35の場合は審査が可能です。

開業して1年未満の自営業の場合、確定申告で申告した所得から「この所得金額なら1年経営した時の所得はこれぐらいだろう」と算出して審査をしてくれます。

銀行の住宅ローンが自営業の場合は営業年数3年以上だったのに対し、フラット35はハードルが低いのが特徴です。

保証料、繰り上げ返済手数料0円

住宅ローンでは保証料や繰り上げ返済時の手数料がかかる事もありますが、フラット35では0円です。

保証人不要

保証料がかからないなら、保証人は必要なのでは?と思うかもしれませんが、保証人も不要です。

自営業でも審査に通りやすい

フラット35が自営業でも審査に通りやすいと言われているのは、住宅金融支援機構という政府機関(国)が運営しているからです。

その為、最低限の利益だけあげれば良いので、保証料などを取らずにお金を貸すことができます。

銀行の住宅ローンの場合、各銀行が作った商品として住宅ローンを販売しているので、万が一ローンの返済が滞った場合その負担は全てお金を貸している銀行が背負うことになるので、審査が厳しくなっているのです。

しかし、フラット35の場合は国が作った商品を銀行が代理店として販売している商品になります。

万が一返済が滞っても負担を背負うのは住宅金融支援機構なので、販売した銀行に負担は一切かかりません。

フラット35の審査は、申し込んだ銀行が一次審査→住宅金融支援機構が二次審査を行う為、「審査が甘い」とよく言われています。

まとめ

このように自営業の住宅ローン審査は厳しいものです。

どの銀行でも審査に落ちたが、フラット35は審査が通ったという自営業の人もたくさんいます。

逆に審査が甘いフラット35に落ちた人は、他の銀行のローンは借りれないと思っておくと良いでしょう。

いずれにせよ自営業者が住宅ローンの審査に通るのはハードルが高いので、余裕を持って準備をしておくことをおすすめします。