「1人で自営業を始めたいけど、どうやったらいいんだろう?」

自営業をいつか始めてみたいと思っているけど、このような疑問を持っている方も多いはず。

周りに相談しようと思っても、周りに自営業の方いない場合相談も難しいですよね。

そこでこの記事では、どのように「1人で自営業を始めるのか」について解説します。

具体的には、

  • 自営業の始め方
  • 自営業を失敗しないための4原則
  • 1人で始めるのにおすすめな自営業4つ
  • 開業届について

の順番に重要なポイントをご紹介します。

1人で自営業を始める方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

自営業を1人で始めるなら、興味のあることをまずやってみよう

自営業を1人で始めるなら、まずは興味のあることを小さく始めてみることをおすすめします。

理由としては、いきなり会社員を辞めて0から自営業を始めることはリスクが大きいからです。

例えば、ネイルに興味がある方が自営業を始めるためのステップとしては、

  1. 友達に無料でネイルをしてあげる
  2. 評判がよければ休みの日にスペースを借りて集客してみる
  3. 集客できて、指名客もついてきたらネイルに専念する

が考えられます。上記のステップであれば、失敗した場合のリスクも抑えることが可能です。

そのため、まずは興味のあることを小さく始めてみましょう。

もし興味のあることがない場合は、「あんな人になりたいな」と思えるロールモデルを見つけるのも一つの手です。

次は、1人で自営業を始めて失敗しないための4原則について解説します。

1人で自営業を始めて失敗しないための4原則

「自営業を始めて失敗したくない」

これは自営業を始めようと考える方の誰もが思うことです。

そのためには、下記の4原則を抑えることで失敗を避ける確率がぐっと上がります。

  • 小資本で始められる
  • 在庫がない(あるいは少ない)
  • 利益率が高い
  • 毎月の定期収入が確保できる

この4原則を抑えることで、初期費用を安くでできるうえランニング費用がかからないため、失敗を避ける確率を上がります。

では、実際に4原則を抑えた職業はどのようなものがあるのでしょうか?

次に、具体的な4つの職業を紹介します。

1人で自営業を始めれる職業を4つ紹介

1人で自営業を始めれる職業で、なおかつ失敗しないための4原則を抑えたのは、以下の4つです。

  • 未経験からでも始めることができる「Webライター」
  • SNSの集客のみでも大丈夫!「ネットショップ」
  • 成果報酬型の広告を扱う「アフィリエイト」
  • これまでの経験を活かせる!「コンサルタント」

それぞれの職業について解説します。

未経験からでも始めることができる「Webライター」

Webライターは、未経験からでも始めることができる職業で、始めるハードルが低いのが特徴です。

理由としては、Webライティングは様々なジャンルの記事の仕事が募集されているため、あなたのこれまでの経験を活かして記事作成に取り組むことができるからです。

例えば、転職活動をしたことがある方であれば、これから転職活動を始める方向けのメディアで、実際に転職活動で困ったことやうまくいった方法を記事にすることができます。

そのため、Webライターは未経験からでも始めることができる職業です。

Webライターとして稼ぐ方法については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

SNSの集客のみでも大丈夫!「ネットショップ」

ネットショップの開業は、BASEなどのツールを使うことで無料で始めることができます。

また、扱う商品数を少なく始めれば、在庫の数も抑えて始めることが可能です。

「ネットショップを始めるのは無料だとわかったけど、どうやって集客するの?」

と疑問をもつ方も多いかと思います。

ネットショップの集客はSNSのみでもできます。

理由は、Instagramがショッピング機能がつき、より販売に繋げやすくなったからです。

例えば、子供服を取り扱うネットショップであれば、子供に服を着てもらった写真を投稿し、興味を持ってもらった人にそのまま購入してもらうことができます。

そのため、ネットショップは無料で使えるECサイト機能とSNSで売り上げを上げることは可能です。

成果報酬型の広告を扱う「アフィリエイト」

アフィリエイトは、Web広告の一種です。

Webサイトやブログに掲載され、訪問者が広告経由で商品を購入すると報酬が発生します。

アフィリエイトを始めるための費用は、広告を掲載するためのサイトのサーバー代、ドメイン代のみだけです。

そのため、初期費用を抑えて始めることができます。

アフィリエイトで稼ぐための方法や収入については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスのアフィリエイターの仕事内容は?リアルな実情を紹介

これまでの経験を活かせる!「コンサルタント」

コンサルタントの仕事は、これまでの経験を活かして、企業の課題を明らかにし、その課題を解決します。

あなたの経験を活かして仕事ができるため、かかる費用としてはあなたの人件費のみです。

しかし、どの領域でのコンサルタントでも業務経験が必須。コンサルタントを目指す方は、どのような分野・業種のコンサルをしたいかを考えることから始めましょう。

詳しくは、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスのコンサルはどんな仕事をしている?

開業届を提出して、晴れて個人事業主へ!

1人でも自営業を始める際は、開業届を提出することが必須です。

開業届を出すことで、確定申告の際に節税効果の高い青色申告が利用可能です。

他にも、屋号名で口座を作成できたり、小規模事業共済に加入できるなどのメリットがあるため、開業届は出すことをオススメします。

開業届については、関連記事で詳しく解説しているので、ぜひご一読を。

関連記事:フリーランス初心者必見!開業届を理解して最高のスタートを切ろう!

1人で自営業を始める方法まとめ

今回の記事の内容をまとめます。

  • 自営業を1人で始めるなら、まずは興味のあることを小さく始めてみる
  • 失敗を避けるために、初期費用が安くてランニング費用がかからない職種を選ぶ
  • 開業届は提出した方が得

インターネットの発達によって、1人で自営業を始めるためのハードルは低くなっています。

1人で自営業を始める方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:会社員と違う?自営業の年収はどのくらい?

 

また、自営業を始める前に会計ソフトへ登録をしておくのがおすすめです。

ご自身の所得や経費を知ることができ、税金への対策も簡単にできます。

初心者でも使いやすい、マネーフォワードクラウド(MFクラウド)なら簡単に試してみることができますよ。