フリーランスや個人事業主の税金対策や、老後の為に確定拠出年金の加入を考えている人もいると思います。

しかし「確定拠出年金という制度があるのは知っているけど、詳しくは分からない」という人も少なからずいるはず。

ここでは、確定拠出年金に加入しようと思っているフリーランスや個人事業主向けに、確定拠出年金に加入するメリットとデメリットをまとめました。

これから確定拠出年金に加入を検討している人は参考にしてみてください。

個人向け確定拠出年金とは

では実際に確定拠出年金とはどのような制度なのかを説明していきます。

確定拠出年金には個人型と企業型の2種類があり、個人型はiDeCo(イデコ)と呼ばれています。

会社員や公務員は厚生年金に加入する為、年金額が比較的多いのに対し、フリーランスや個人事業主は国民年金のみの加入となるので、老後に受け取れる年金額は非常に少ないです。

そんな老後への不安を解消する一つの手段として、任意で加入する年金制度が確定拠出年金です。

詳しくは後述しますが、年金と言っても単純に積立をするだけではなく、定期預金や投資信託などの商品で掛金を運用し利益を出すことで将来受け取れる年金を増やすことができるのも確定拠出年金の特徴です。

そして毎月の掛金が全額控除、運用益が非課税となり節税対策にも繋がります。

個人が入れる年金制度の一つ

加入義務がある国民年金や厚生年金と違い、確定拠出年金は任意加入の私的年金です。

誰でも加入は可能ですが、加入条件は個人事業主、会社員、公務員、専業主婦によって異なります。

フリーランス・個人事業主の場合の加入条件は以下の通りです。

  • 満20歳〜満60歳未満
  • 国民年金を納付している(全額免除、半額免除を受けていないこと。ただし障害基礎年金受給者は除く)
  • 農業年金基金に加入していない

年金受給年齢は60歳〜となります。

通算加入期間受給可能年齢
10年以上60歳
8年以上61歳
6年以上
62歳
4年以上63歳
2年以上64歳
1ヶ月以上65歳

受取方法は年金、一時金また年金+一時金(最初の数年は年金、残りは一時金)を選べます。

金融商品を自分で選んで運用

確定拠出年金は金融商品を自分で選び運用していきます。

主な金融商品は、

  • 定期預金
  • 積立保険
  • 投資信託

となります。

途中で運用する商品を変更することは可能ですが、変更するタイミングや運用している商品によっては元本割れをすることがあるので注意が必要です。

【定期預金】

定期預金は、一定期間引き出しができない預金方法です。

予め決まった金利で運用され、満期時に元本と利益を受け取れます。

元本保証型なので積立保険や投資信託に比べリスクが少なく、金融知識があまりない人でも簡単に運用できる商品です。

【積立保険】

生命保険の「利率保証型積立年金」や損害保険の「積立傷害保険」があります。

どちらも確定拠出年金専用の保険となる為、死亡保障がついていないなど通常の保険の保障内容とは異なります。

こちらも定期預金と同様、予め決められた金利での運用となります。

定期預金よりも金利は高いですが、元本保障型ではないので中途解約すると元本割れをする恐れがあります。

【投資信託】

投資信託とは、専門家にお金を預け自分の代わりに株や債権などに投資し運用をしてもらうことです。

その為投資初心者でも運用可能な商品です。

定期預金や積立保険に比べ、大きな運用利益生み出すことができる為、積極的に利益を増やしていきたいと考えている人向けです。

掛け金は最大月68,000円

確定拠出年金の掛け金は月5,000円〜最大68,000円となります。

国民年金や厚生年金のように納付金額が決まっていない為、負担にならない範囲で掛け金を選ぶことができます。

また年に1回掛け金の変更が可能ですので、フリーランスになりたてで収入が少ないうちは5,000円で加入し、収入が安定してきたら掛け金を上げることもできます。

確定拠出年金のメリット

では確定拠出年金のメリットを解説していきます。

将来の年金受給額が増える

確定拠出年金は国民年金と違い、年金受給額を金融商品の運用で増やすことができます。

実際に増やせる金額は、掛け金や商品をどのように運用したかによって変わります。

金利は低いが元本保証がある定期預金と、リスクはあるがハイリターンを見込める投資信託では毎月同じ掛け金で加入していても、将来もらえる年金額は違います。

積極的に運用をしていけば、年金額を大幅に増やせるのが確定拠出年金の特徴です。

年間最大816,000 円の所得控除

確定拠出年金の最大のメリットは、掛け金が全額所得控除になるということです。

月5,000円の掛け金ならば、年間6万円。

月68,000円の掛け金ならば、年間816,000円の所得控除となります。

フリーランスや個人事業主は安定した収入を得ることも大事ですが、節税対策もとても重要になってきます。

例えば、課税所得が500万で掛け金68,000円で確定拠出年金に加入したとします。

そうすると年間の節税額は、816,000円×30%(住民税10%+所得税20%)=244,800円となります。

もし30歳で加入したとすると、満期の60歳までの30年間で7344,000円の節税になります。

毎月同じ額を貯金するよりも、確定拠出年金に加入して運用した方が年金も増やせ、節税にもなるのでお得ということが分かるでしょう。

運用中、受取時も税制面で優遇あり

通常、定期預金や投資信託、株などで発生した運用益や配当金には税金がかかります。

しかし確定拠出年金で運用した場合、運用益は非課税です。

確定拠出年金は、年金として受け取ることも退職金のように一時金として受け取ることも可能です。

年金、一時金どちらで受け取る場合も以下の控除が受けられます。

年金で受け取る場合は公的年金等控除

一時金で受け取る場合は退職所得控除

確定拠出年金のデメリット

年金額が増やせたり節税対策ができたりとメリットが分かったところで、確定拠出年金のデメリットを説明していきます。

途中払い出しができない

確定拠出年金は一度加入をすると、60歳までは引き出しも解約もできません。

万が一加入途中で支払いが厳しいと感じるようであれば、年に1回掛け金の変更(減額・増額)ができます。

例えば3万円で加入したけど、だんだん支払いが負担になってきたと感じたら最低金額の5,000円に減額ができますし、もし余裕が出てきたらまた増額することが可能です。

どうしても掛け金を支払うことができないという場合は、「運用指図者」になることで掛け金の支払いを止めることができます。

確定拠出年金に加入すると掛け金を支払い、商品を運用する「加入者」の立場になります。

運用指図者とは、これまでに支払った掛け金のみで商品を運用していくことです。

運用指図者になっても確定拠出年金の引き出しはできませんし、掛け金の全額所得控除はもちろんなくなります。

余裕が出れば再度「加入者」に戻り、掛け金を支払い商品を運用していくことができます。

基本的には途中で引き出しや解約はできませんが下記の場合は、60歳未満であっても給付金を受け取ることが可能です。

  • 高度障害になってしまった場合(高度障害給付金)
  • 加入者が死亡した場合(死亡一時金)
  • 一定の条件を満たした場合(脱退一時金)

脱退一時金の条件は法律で定められていますが簡単に言うと、預金がほとんどなく仕事ができない状態で生活が困難な場合です。

自分で金融商品を選ぶ必要がある

確定拠出年金に加入をすると、運用する金融商品を自身で選ぶ必要があります。

その為、各商品について多少なりとも知識をつける必要があります。

先述しましたが、金融商品には定期預金、積立保険、投資信託があり、元本保証型もあれば、元本保証のない商品もあります。

中でも投資信託は、ハイリスク・ハイリターンの商品ですので安易に選ぶと元本割れをする可能性が大いにあります。

最初は順調にリターンを受けれても、金融や経済情勢を受け60歳目前で元本割れをするということもあります。

定期預金で運用を始めたけど、やっぱり投資信託で年金を増やしたいと思ったら、金融商品は途中で変更することができます。

しかし商品によっては中途解約をすると元本割れをすることもありますので、途中で商品を変更する可能性がある人は最初に選ぶ商品もよく考えなければいけません。

まとめ

ここまで、確定拠出年金のメリットとデメリットについて解説してきました。

一度加入をすると途中で解約できないと言うデメリットはありますが、制度をよく理解し商品を運用していけばフリーランスや個人事業主にとって、長い目で見るとメリットの方が大きいのではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてください。