近年何かと話題のふるさと納税、どんどん多くの人が利用し始めています。

ですが、いざふるさと納税を始めようと思っても、数あるふるさと納税サイトの中からどれを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

どの自治体に寄付して、何の返礼品をもらうか選ぶ上でも、ふるさと納税サイト選びは重要です。

ふるさと納税サイトってたくさんあるけど何が違うの?
結局どれを使うのがお得なの?
ポイントが貯まったりするって本当?

今回はこんな疑問に答えて、ふるさと納税サイトの選び方と、代表的なおすすめサイトを紹介します。

ふるさと納税サイトはそれぞれ特徴があるので、あなたにあったサイトを見つけてください。

ふるさと納税のサイトの選び方は2つ

まず基本となる、ふるさと納税サイトの選び方を紹介します。

選ぶ方がわかれば自分自身でそれぞれのサイトを比較して、どれが良いのか選べるようになるでしょう。

  1. 使い勝手の良さから選ぶ
  2. 普段利用してるサイト・ポイントに合わせて選ぶ

の2通りがあります。それぞれ説明していきます。

1.使い勝手の良さから選ぶ

当然ですがWebサイトである以上使い勝手の良さは重要です。レイアウトがぐちゃぐちゃだったり、デザインが見づらいサイトを使いたくないですよね?

これに関しての大きな評価基準は、

  • サイトの見やすさ
  • レビュー機能
  • 選べる返礼品の数

などが挙げられます。自分が考える使い勝手の良さを選びましょう。

普段から自分がWebサイトにどんな機能を求めるかによっても変わってくるでしょう。

2.普段利用しているサイト・ポイントに合わせて選ぶ

ふるさと納税は様々な大手ポイントと連動していることもあります。

例えば、楽天ユーザーなら楽天ポイントが貯まる「楽天ふるさと納税」を利用するなど考えられます。

他にもAmazonギフト券やANAのマイルが貯まるサイトもあります。

普段から自分がどんなサイトやポイントを利用しているかで、どのふるさと納税サイトがお得かも変わってきます。

どのサイトでどのポイントが貯められるのかは、のちほど説明します。

使い勝手の良さで選ぶ!おすすめふるさと納税サイト2選

ここからは具体的におすすめのふるさと納税サイトを紹介していきます。まずは「使い勝手の良さ」を重視した場合のおすすめ2選です。

1.返礼品登録数No. 1!「ふるさとチョイス」

ふるさと納税サイト最大手の「ふるさとチョイス」です。

特徴は以下の通り

  • 返礼品登録数No. 1
  • 申し込み可能自治体が1,400超でNo.1
  • ふるさとチョイス限定の返礼品もあり
  • ガバメントクラウドファンディングも利用でき、寄附としての側面も強い

なんといっても、最大手なだけあって返礼品の登録数が圧倒的にNo.1。なるべく多くの返礼品から選べるのは、利用者側からすると嬉しいですよね。ふるさとチョイス限定の返礼品もあるのも嬉しいポイント。

ランキングやレビュー機能もついており、サイトとしての使い勝手も非常に良いです。

 

また、ガバメントクラウドファンディングという仕組みで、各自治体が行うプロジェクト単位に対して寄付することも可能です。

寄付という、ふるさと納税本来の使い道に忠実に利用できるサイトと言えるでしょう。

それゆえにデメリットとして、各自治体と関係のない商品券や家電などの返礼品が少ないです。

≫ふるさとチョイスの公式サイトはこちら

2.ネットショッピングのような使い勝手の良さ「さとふる」

ソフトバンク系の会社が運営している、サイトの使いやすさに定評のあるふるさと納税サイト「さとふる」です。

特徴は以下の通り

  • レビュー機能が充実している
  • サイトデザインがシンプルで使いやすい
  • 返礼品を探しやすく初心者に優しい
  • 携帯料金と一緒に引き落としで支払える

「ふるさとチョイス」に比べて返礼品の種類などでは負けていますが、使いやすさにこだわっているのが「さとふる」の特徴です。

レビュー機能にも力を入れていて、レビューすると抽選でAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

 

また、決済方法が通常のクレジットカード決済・コンビニ支払い・銀行に加えて、ソフトバンクまとめて支払いやauかんたん決済なども利用可能で、携帯料金と一緒に引き落とせるのも、簡単で魅力的。

種類よりも、使いやすさなどにこだわりたい人は「さとふる」をおすすめします。

≫さとふるの公式サイトはこちら

普段貯めているポイントをよりお得に!おすすめふるさと納税サイト3選

次は普段利用しているポイントなどが貯まるふるさと納税サイトを紹介します。

具体的には、現時点で楽天ポイント・Amazonギフト券・ANAマイルを貯めることができるサイトがあります。

1.楽天ポイントがお得にたまる!「楽天ふるさと納税」

楽天が運営する「楽天ふるさと納税」では、通常の楽天での買い物と同様に楽天スーパーポイントが貯まります。

当然、楽天カードを利用していればそれだけポイントの還元率も良くなります。ポイントの還元率だけを考えるなら、「楽天ふるさと納税」が一番高いです。

サイト自体も楽天市場とほとんど変わらず、普段から楽天を利用している人なら通販で物を買う感覚でふるさと納税ができるのも嬉しいポイント。

レビュー機能も充実しているので、返礼品を選ぶ時の助けにもなります。

ポイント的にも、使いやすさ的にも、楽天ユーザーの方にはかなりおすすめです。

≫楽天ふるさと納税の公式サイトはこちら

2.Amazonギフト券がもらえる「ふるなび」

ふるなび」はクレジットカード決済で支払うと、ふるさと納税の寄付金額の1%分のAmazonギフト券がもらえます。

「なんだ。たったの1%か…」と思うかもしれません。

ですがふるさと納税では、5~10万円レベルで寄付するケースもあるので、決して無視できない特典です。

しかも、レビューを書くだけでもAmazonギフト券が貰えます。

 

また、家電製品や商品券など食品以外の返礼品が豊富なので、誰でも使いやすいという特徴もあります。

「返礼品で突然食品をそんなにもらっても困る…」という方には特におすすめです。

≫ふるなびの公式サイトはこちら

3.ふるさと納税の利用でANAマイルが貯まる「ANAのふるさと納税」

航空会社であるANAが運営する「ANAのふるさと納税」では、ふるさと納税の寄付金に応じてANAマイルが貯まっていきます。

ふるさと納税寄付金額の1%分のマイルが貰えるのが特徴。

デメリットとして、他のふるさと納税サイトに比べて寄付できる自治体の数も、返礼品の種類も、非常に限られています。

また、支払いもクレジットカード決済しかできない点に注意が必要です。

ANAマイルを貯めている人で、他のふるさと納税サイトに魅力を感じなければおすすめできます。

≫ANAのふるさと納税はこちら

あなたにあったふるさと納税サイトでお得に利用

ふるさと納税は使った方が確実にお得な制度です。

ですが、どうせ利用するならその中でもさらにお得に使ってください。人によって何がお得かというのは変わります。

なるべく多くの種類から選びたい人もいれば、とにかく使いやすいサイトで時間を節約したい人もいて、楽天やAmazonのポイントが欲しい人もいます。

ぜひ自分にとって一番お得だと思えるふるさと納税サイトを選んで、賢くふるさと納税を利用してくださいね。