在宅ワークをしていたりオークションで収入を得たりと、副業をしている主婦の方が増えてきました。

最初はお小遣い程度稼げればな〜と始めた副業もいつの間にか収入も増え、個人事業主の方が税金対策ができるという情報を見つけ、開業届を出そうか迷っている人も多いはず。

そこで一つ疑問なのが、「旦那の扶養に入っているけど、個人事業主になって平気なの?」ということ。

何も知らずに個人事業主になって、扶養から抜ける羽目になった!ということは防ぎたいものです。

ここでは、

  • 主婦の方が扶養に入ったまま個人事業主になることは問題なのか?
  • 扶養のまま個人事業主になる場合の注意点

について分かりやすくまとめました。

これから個人事業主になろうか考えている主婦の方は参考にしてみてください。

問題ないが場合によっては扶養を抜ける必要がある

旦那さんの扶養に入ったまま、個人事業主になることは可能です。

しかしそれは旦那さんの加入している社会保険によって変わります。

個人事業主になったら扶養に入れない場合もあれば、年収130万を超えなければ扶養のまま個人事業主になってもいいよという会社もあります。

扶養のまま個人事業主になることを考えている人は、まず旦那さんの保険組合に確認をすることから始めましょう。

130万を超えると扶養から外れる

これはいわゆる「130万の壁」と呼ばれるものです。

先述した通り、個人事業主になった場合は旦那さんの保険組合の条件で、扶養のままでいられるのかどうかが決まります。

もし、扶養に入ったまま個人事業主となっても、年収が130万を超えると旦那さんの社会保険から抜けなければいけません。

つまり扶養でいられなくなり、自分で保険料を納めることになります。

社会保険に関しては、収入の130万から経費は差し引きできますが、青色特別控除は適用外です。

扶養の範囲内でいたいのならば、130万円以下に収入を押さえたほうがいいでしょう。

※103万の壁について(参考)

「130万の壁」と似ている言葉に「103万円の壁」というのがありますが、こちらは所得税が掛かってくるかどうかの境界線です。

収入が103万を超えると所得税が発生し、それ以下であれば所得税は0となります。

「103万の壁」に関しても、パート(アルバイト)と個人事業主では少し異なります。

パートの場合は、給与所得なので、以下の計算式によって、課税所得が0となれば所得税がかかりません。

「収入(給料)–給与所得控除65万–基礎控除38万=課税所得」

給与所得者に必ず適用される給与所得控除35万円と所得者全員に適用される基礎控除38万円を合わせると控除額は103万円になります。

よって収入が103万円以内であれば、課税所得は0となり所得税が掛からないというわけです。

 

一方個人事業主の場合は、下記の計算式によって課税所得が算出されます。

「収入–経費–青色特別控除65万–基礎控除38万=課税所得」

※青色特別控除についてはフリーランス初心者向け 青色申告の必要性と方法を解説をご一読ください

 

パートの場合、収入が103万を超えそうになったら仕事量をセーブして収入を抑える必要があります。

しかし個人事業主の場合は、経費を引くことができるので、103万を超えても経費で調整できればパートよりも多く稼ぐことができます。

「これも経費になるのかな」と迷ったら領収書を取って置き、経費として申告しておきましょう。

扶養のまま個人事業主になる時の注意点

では扶養の範囲内で個人事業主になった場合の注意点と、万が一扶養を超えてしまった場合はどのような点に注意をすれば良いのかを解説していきます。

確定申告が必要

個人事業主になると原則確定申告をしなければいけません。

稀に旦那さんの会社から現状調査が入り、その際確定申告書の写しの提出を求められることがあります。

その時に確定申告をしていないのがバレてしまったら、無申告課税や延滞税などペナルティを受けることになりますので注意してください。

青色申告特別控除を忘れずにする

青色申告特別控除は最大で65万円です。

扶養の範囲内におさえるためには、必ず青色申告で特別控除を受けるようにしましょう。

白色申告だとこの特別控除は受けれませんので、開業届と同時に青色申告書も提出しておきましょう。

関連記事:フリーランス初心者向け 青色申告の必要性と方法を解説

万が一扶養の範囲を超えてしまったら

扶養に入っていて、もし130万円を超えてしまったら、どんどん稼いでしまいましょう。

というのも130万を超えた場合、扶養から外れ保険料(年間約30万円)を自分で負担することになります。

そうすると、たった1万しか扶養の範囲を超えていなかった場合でも、年間30万円もの保険料を支払うのは手取りが減って損になってしまうからです。

もし130万を超えた場合には、手取りを増やすためにも逆にどんどん稼いでしまった方がいいです。

まとめ

ここまで

  • 主婦の方が扶養に入ったまま個人事業主になることは問題なのか?
  • 扶養のまま個人事業主になる場合の注意点

について解説してきました。

主婦が扶養のまま個人事業主になっても、問題はありません。

むしろ、個人事業主になり青色申告をすることで節税に繋がるので家計を助けることにもなります。

仮に事業が大繁盛して明らかに扶養の範囲を超えてしまうようならば、扶養を抜けてしまえばいいのでまずは扶養の範囲内で個人事業主として活動してみてはいかがでしょうか。