ふるさと納税を知っていますか?

「名前は知っているけど、詳しいことはよく分からない…。」という人も多いのではないでしょうか。

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体やふるさとに「寄付をする」ことで返礼品を受け取ることができる制度です。

その土地の特産品を楽しむことができて節税対策にもなるとってもお得な制度で、近年注目を集めています。

今回は、ふるさと納税とは何か?またその仕組みやメリット・デメリットについて解説していきます。

この記事を参考にして、ふるさと納税を活用してみてください。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、生まれ育ったふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。

近年では若者の都会への移住が増え、地方の税収も減ってきています。

その格差を埋めるために生まれたのがふるさと納税制度。

平成20年にスタートし、寄付のお礼としてその土地の特産品などが貰えたり、手続きにより税金が控除されたりと寄付した側にも様々なメリットのある制度です。

特徴的なのが利用者の負担がたったの2,000円で済む点。簡略的な説明になりますが、10,000円分の返礼品をもらっても20,000円の返礼品をもらっても自己負担額はわずか2,000円です。

※寄付の上限額は年収に応じて変動します。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みについて、3つのステップで簡単にご説明します。

  1. 品を選ぶ
  2. 確定申告する
  3. 住民税が引かれる

品を選ぶ(納税、購入)

まずは、寄付をする自治体と品を選びましょう

多くの自治体では、地域の特産品などを寄付へのお礼として届けています。

お礼の品はその土地によって多種多様です。

美味しいお米やお肉、旬の食べ物やその土地ならではの特産品など、好きなものを選べるので、お取り寄せ感覚で楽しめます。

複数の地域に寄付することもできるので、日本各地の特産品を貰うこともできます。

後述するふるさと納税紹介サイトでは返礼品から寄付先を探すこともできます。

寄付をする自治体を決めたら、自治体に申込みをして納税しましょう。

後日、寄付をした自治体から指定したお礼の品が届きます。

寄付金受領証明書を受け取る

また、ふるさと納税をした証明として「寄附金受領証明書」という書類が届きます。

書類が届くタイミングは、自治体によって異なります。

  • お礼の品と一緒に届く
  • 1~2ヶ月後に郵送される
  • 確定申告の時期に1年分の寄付総額をまとめて郵送される

確定申告をするために必要な書類なので、無くさないように大切に保管しておきましょう。

確定申告する

ふるさと納税をすると、所得税や住民税の還付・控除が受けることができます。控除額は、収入や家族構成などによって変わります。

  • 自営業の方
  • 給料以外で一定以上の収入がある方
  • 医療費控除や住宅ローン控除を受ける方
  • 1年間に6か所以上ふるさと納税した方

が税金の控除を受けるには、確定申告が必要です。

お近くの税務署で申告書類を受け取るか、国税庁のホームページから申請書類を作成することもできます。

確定申告の期限は、寄付をした翌年の3月15日です。期限に間に合うように、早めに準備しておきましょう。

間に合わなかった場合は、5年間は遡って還付申告を行えます。還付申告を行えば納めすぎた税金の還付を受けることができます。

関連記事:確定申告って何?フリーランスは必ずしないといけないの?

確定申告の必要がない会社員の方は、「ワンストップ特例制度」を利用して税金の控除を受けることも可能です。

ワンストップ特例制度を利用すると確定申告の面倒な作業が不要になります。

ほとんどの自治体で、ワンストップ特例制度の希望を聞かれます。

ワンストップ特例制度を利用する旨を自治体に伝え、申請書と必要書類を郵送しましょう。

所得税・住民税が引かれる

確定申告をすると、寄付した金額から2000円を差し引いた額によって、その年の所得税から還付、翌年度の住民税から控除されます。

例えば10,000円のふるさと納税をした場合は、2,000円を引いて8,000円の控除を受けることができます。

所得税は既に納めた税金から還付、住民税はその年の所得税が確定してから決まるため翌年納める分から減税という形になります。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットを2つご紹介いたします。

所得税・住民税が還付・控除される

ふるさと納税をすることで、所得税と住民税の還付・控除を受けることができます。

寄付金控除となる上限額は収入や家族構成などによって人それぞれ違いますが、特産品を楽しみながら節税対策にもなるのでとてもお得です。

お礼の品がもらえる

ふるさと納税では、多くの自治体が寄付した人にお礼としてその土地の特産品やサービスなどを届けています。

お米や果物、お肉、お菓子など、その土地ならではの美味しい特産品がたくさんあります。

食品だけでなく、航空券やフラワーアレンジメント、化粧品、伝統工芸品など、その土地によって様々な返礼品が。

ふるさと納税を通して日本各地の特産品を楽しむことができます。

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税を利用する時の注意点は2つあります。

上限の計算は本年度が終わらないと確定しない。

ふるさと納税の控除の上限は収入によって変わるため、本年度が終わるまでは確定しません

そのため、今年度どれだけの収入が得られるのか予想をしてからふるさと納税の計算をする必要があります。

会社員であれば前年度の収入からある程度は予測することができますが、部署が変わったり残業が少なかったり想定外の出来事によって収入が減ってしまうことも。

自営業であればなおさら、収入の予測は難しいものです。

収入が見込みより少なかった場合、せっかくふるさと納税をしても自己負担額が増えて結局節税にならないということもあります。

不安な場合は、少し余裕をもたせて少なめにふるさと納税すると良いでしょう。

欲しい「お礼の品」が品切れになる

お礼の品には限りがあるので、人気のあるお礼の品から売り切れになってしまいます。

特に12月が近づくとその年の収入がほぼ確定してくるので、調整のためにふるさと納税する人が殺到します。

その結果、欲しい品が売り切れていたり、届くのが遅くなってしまうことも。

お目当ての品がある場合は早めに申し込むのがポイント。

年始はまだ申し込みが少ないので、たくさんの品から選ぶことができます。

ふるさと納税おすすめサイト

ふるさと納税は、ふるさと納税サイトにてお申込みができます。

ここではおすすめのふるさと納税サイトを紹介していきます。

さとふる

豊富な決済方法から選べるのが便利なサイト。

ソフトバンクとauなら、携帯料金と合わせて支払うこともできます。

また商品ごとのレビューがあるので、口コミを参考にしながら品を選ぶことができるのもポイント。

どんな品なのか事前にイメージしやすく、失敗のリスクを減らせます。

スマホからでも見やすく、使いやすいサイトです。

さとふるで返礼品をチェックする

ふるなび

家電製品が多く掲載されているのが特徴です。

ふるなびグルメポイントサイトを運営しており、ふるさと納税で有名店の味をお得に味わうことができます。

また、寄付枠の多い方に嬉しい無料サービスがあるのも魅力。

年収2000万以上の方向けにふるさと納税の寄付プランの提案や申込みを専任のコンシェルジュが一括代行してくれるサービスがあるので、どこに寄付しようか悩む手間が省けます。

ふるなびで返礼品をチェックする

ふるさとチョイス

ふるさと納税の老舗サイトで、圧倒的な情報量を誇っています。

他のサイトには無い自治体や品も豊富に掲載されています。

ある程度欲しいものが決まっている場合は、ここで検索すると多数の候補を比較して選ぶことができるのでおすすめです。

ふるさとチョイスで返礼品をチェックする

ふるぽ

ポイント制の自治体に特化したふるさと納税サイト。

寄付金に応じたポイントを受け取り、お礼の品と交換することが出来ます。

有効期限内でじっくり品を選ぶことができるので、年末の調整におすすめです。

人気の品が売り切れていても、再入荷を待ってポイントと交換することができます。

ふるぽでで返礼品をチェックする

楽天ふるさと納税

大手・楽天が運営しているサイトです。

「楽天市場」と同じような仕組みとなっており、楽天ポイントを寄付に充当したり、寄付することで楽天ポイントを貯まる仕組みになっています。

通販と同様のサービスが魅力で、気軽にふるさと納税することができます。

楽天ふるさと納税で返礼品をチェックする

まとめ

ふるさとや自治体を応援しながら、日本各地の特産品を楽しみ節税対策もできるふるさと納税。

寄付する側にも、寄付を受ける自治体にもたくさんのメリットがある制度です。

難しそうなイメージがありますが、意外に簡単なので初めての方でも安心して始められます。

ぜひこの記事を参考にして、ふるさと納税でふるさとを応援してみてはいかがでしょうか。