副業したいけど、働いて副収入を得るのは面倒
本業は忙しいので、副業で働いている暇がないけど他の収入が欲しい
お金は余っているので、何かそのお金を使って収入を得られないかな

そう考えている会社員の方は少なくないはずです。

結論から言えば、そんな方には副業としての投資がおすすめです。

自分が働くのではなく、投資をしてお金にお金を稼いでもらうようにしましょう。

とは言っても、投資についてよくわからない方は多いと思います。

そこで今回は、副業として投資を始めたい方に向けて、「投資でお金を稼ぐ仕組み」と「副業する時間がない方への投資商品」を紹介していきます。

副業で投資は時間がない人におすすめ

本業収入以外に副収入がほしいと思っていても、時間がなくて行動できない人が少なくないです。

投資は自分の時間を使わずにお金がお金を稼いでくれます。

しかし、「投資」と言われるとよくわからないことの方が多いですよね。

まずは投資でお金を稼ぐ仕組みについて説明してきます。

投資でお金を稼ぐ仕組み

投資は、お金を得る目的でお金が必要としている人にお金を貸したり、出資してあげることです。

投資で稼ぐ仕組みは、お金を貸して返済された時の利子や上乗せ金でお金を稼いでいます。

もちろん、返済の目処や出資先の成長が期待できなければ、お金を失うリスクもあります。

ただ、今時間がない人にとっては投資でお金を稼ぐ方がいいですよね。

お金を失うリスクは投資先によるので、お金を提供する相手を判断して投資しましょう。

昔は預金することが投資だった

余談になりますが、昔は預金することが投資でした。

預金とは、国にお金を預けることですよね。

これは、国にお金を提供しているのと同じです。その証拠に預金金利があります。

昔は預金金利が非常に高く、お金を預金するだけでお金が増えている仕組みでした。

しかし、今では金利が0.01%台で預金しててもお金はほとんど増えませんよね。

時間がない方が手頃で始められるオススメの投資商品

株式投資

株式投資の投資先は企業です。

企業の価値が成長しそうだなと思ったら、その企業の株を購入し、企業価値が高くなったらその株を売って差額を稼ぐ仕組みです。

急成長する企業もあれば、なだらかに成長する企業もあるので、リスクは企業によってそれぞれ違います。

業界の中でその企業がどういう立ち位置なのかを理解し、将来性について評価するのがポイントですね。

また、株式は売却益だけでなく株主配当金や優待券も提供している企業があるので、おすすめです。

FX

FXは外国為替取引の略で、外国に投資しています。

日本円と外貨は常に変動していて、購入時と売却時の変動差で稼ぐ仕組みです。

常に変動しているので、トレード時は常にレートを見ていた方がいいです。

そのため、会社終わりの夜中にFX取引を始める人が多いので、夜に時間を作れる方におすすめですね。

投資信託

投資信託は上記2つとは違い、自分で取引を行うのではなく、投資のプロである企業のファンドマネージャーに運用してもらいます。

投資信託が提供している商品によってリスクが大きいもの、小さいもの、投資するもの(株式や債券)が選べます。

また、企業が提供しているものなので商品購入時や報酬受け取り時などに手数料が別途かかるので注意しましょう。

投資は一定のリスクを抱えていますが、素人が投資するよりもプロに任せたいと思っている方にとってはおすすめです。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、個人投資家や企業から資金を募り、企業のプロジェクトにお金を貸し出す仕組みです。

投資するプロジェクトの利回りやリスクによって、稼げる幅は違います。

ソーシャルレンディングでは、金利が3%~10%前後の高い利回りで投資先を選べることや、1万円から投資できるので始めやすい投資です。

出資したらあとは放置したいと考えている方にはおすすめの投資ですね。

不動産投資

不動産投資でのお金を稼ぐ方法としては2つの方法があります。

    1. 事業として家を貸し出して家賃収入を得る方法
    2. 投資として不動産売却時に購入時との差額で収入を得る方法

です。

1つ目はアパート経営や賃貸経営をする必要があるので、時間がない方にとっては少し難しいかもしれません。

2つ目は日本ではすでに不動産や土地の価格がすでに上がってしまっているので、売却時に購入時よりも価格が上がっている可能性は低いです。

不動産投資をする場合は、これから発展する可能性がある東南アジアなどの途上国で不動産物件を購入しましょう。

たくさんの資金がある方は不動産投資がおすすめです。

株式・投資信託をするならNISA口座がおすすめ

NISAは金融庁が定めた投資による非課税の取り組みで、年間120万円の投資金やそれで稼いだ配当金や譲渡益に課税されません

また、非課税になる期間は投資してから5年間までで、それ以降は投資金120万円とそれで稼いだ配当金や譲渡益は課税されます。

NISAを実際に利用するためにはNISA専用で口座を開設する必要があるので、NISA専用の口座を作りましょう。

注意点として、NISAが適用するのは株式投資や投資信託などの決められた投資商品に限るのでそこは下記リンクからチェックしましょう。

参考:金融庁|NISAとは?

投資で稼げるようになったら確定申告を忘れずに!

本業収入とは別に副収入として20万円を超えてしまったら確定申告をしなければいけません。

投資の税務処理については、なかなか複雑なので結論からいいます。

源泉徴収されていないかつ非課税対象でないものは確定申告をしてください。

証券会社や投資信託会社によって、源泉徴収されている場合があります。

それら会社の口座が「特定口座」であれば源泉徴収が自動で行われている可能性が高いので、確定申告時には確認しましょう。

NISA口座は非課税対象なので、確定申告は不要です。

今回紹介した中では不動産投資、ソーシャルレンディングは確実に確定申告対象になります。

月1万円からでも副業投資をしてみよう

今回は、「投資でお金を稼ぐ仕組み」と「副業する時間がない方への投資商品」を紹介してきました。

時間がない方は副業で投資を始めてみると、自分の負担が少なく副収入を得られます。

しかし、投資で絶対稼げるとは言えないので、リスクの確認はしっかりと確認した上で投資先を選びましょう。

今回は、資金があまりない方でも月1万円から始められる投資商品を紹介したので、興味がある方は少しづつでも試してみてはどうでしょうか。