終身雇用が当たり前では無くなってきたこの時代、「会社に頼らず稼ぐスキル」は今後重要となってくるでしょう。

そこで注目されているのが「副業」という働き方。

本業以外で収入とやりがいを得ながら、万が一のときのリスクを分散することができます。

しかし副業での収入が増えてきたら気になるのが、税金面の問題です。

会社員だと税金面を気にする機会はあまりありませんが、副業で一定以上の収入を得ると確定申告が必要になります

今回は、副業で確定申告が必要になる基準とその理由、副業した際の確定申告の手続きについてご紹介します。

副業で確定申告が必要な基準

副業で確定申告が必要な基準は、副業の雇用形態によって異なります。

アルバイトやパートの場合は、「収入」が20万円を超えたら確定申告が必要になります。

月に2万以上稼ぐだけでも、1年の収入は20万円。案外すぐに超えてしまうので、確定申告をしたくないという人は毎月の収入を調整する必要があります。

20万円以下でも所得が増えている場合には住民税の申告が必要になります。

クラウドソーシングや内職、フリーランス等で副業している場合は、「所得」が20万円を超えたら確定申告が必要になります。

所得は、売上から経費を差し引いた金額です。

そのため売上が50万円あったとしても、経費が35万円かかっていれば所得は15万円なので確定申告の必要はありません。

副業で確定申告する3つの理由

では、なぜ副業で所得が20万円を超えたら確定申告しなければいけないのでしょうか。

ここでは確定申告する3つの理由をご紹介します。

申告しなければ脱税になる

もし確定申告が必要なのにも関わらず申告しなかった場合、脱税になります。

マイナンバー制度によって、個人の全ての銀行口座や収入が紐付けられているので、申告しなくても税務署で結局バレてしまいます。

脱税になり、延滞税がかかって本来支払うはずだった額以上に払わなければいけなくなります。

税金の払いすぎを防ぐ

確定申告には、税金の払いすぎを防ぐ役割があります。

アルバイト先やクライアントが源泉徴収していた場合、税金を払いすぎている可能性があります。

源泉徴収とは、会社などの組織が個人に代わって税金を納める制度です。

税金の金額は本来年度末にならないと正確な額は計算できないので、源泉徴収では予想される額を支払っています。そのため、余分に税金を支払っていることがあるのです。

確定申告をすると、余分に支払われた税金分が戻ってきます。

また、控除と経費分が引かれて払いすぎた税金が戻ってくる可能性もあります。

事業で赤字が出たとき給与所得で差し引ける

副業で事業をしている場合、軌道に乗るまでは赤字が出てしまうこともありますよね。

確定申告をすると、給与所得と事業所得は損益通算できます。つまり、給与所得から事業の赤字分を差し引くことができるのです。

給与所得の額が下がることで所得税が下がり、源泉徴収された分から還付されます。

ここで注意してほしいのが、事業の所得が「事業所得」と「雑所得」のどちらに当てはまるのかです。

事業所得とは、且つ継続して安定した収入が見込めて、時間を費やしている事業による所得を言います。

それ以外の所得は「雑所得」とされ、給与所得との損益通算はできません。

自分の事業がどちらに当てはまるのかをしっかり見極めてから申告しましょう。

副業で必要な確定申告手続き

初めての確定申告だと、どんな手続きをしたら良いのか分からず戸惑いますよね。

ここでは、副業で必要な確定申告手続きについてご紹介します。

確定申告で用意するもの

確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。

確定申告で用意するものは種類によって異なるので、まずは青色申告と白色申告どちらがいいか決めましょう。

青色申告は、開業届を提出する必要があり、複雑な計算や手続きが必要だけど控除が多くてお得です。

副業で、個人事業主として大きな収入を得ている人はこちらがおすすめです。

白色申告は、簡単な手続きで済む分控除は少ないです。

アルバイトで収入を得ている、またはあまり所得が多くない人は、白色申告で申告しましょう。

白色申告で必要なものは、以下の通りです。

  • 確定申告書A
  • 源泉徴収票

青色申告で必要なものは、以下の通りです。

  • 確定申告書B
  • 収支内訳書
  • 源泉徴収票

源泉徴収票は、年度が終わった翌年1月ごろに会社から配布されます。

アルバイトやパートで収入を得ていた場合は、全ての事業所から源泉徴収票をもらったか確認しましょう。

確定申告の時期まで、失くさないように保管してください。

もし紛失してしまった場合は、会社に連絡して再発行してもらう必要があります。

関連記事:青色申告と白色申告はどっちにすればいい?違いを解説!

経費の計算を忘れずに

アルバイトやパートではなく個人で副業している場合は、売上から経費を差し引いて「所得」を計算します。

経費とは、その仕事をするために使ったお金全般のことです。パソコンを使った仕事の場合、以下のものが経費に当てはまります。

  • パソコン代
  • ソフト代
  • Wi-Fi等の通信費
  • 仕事場の光熱費や家賃(自宅と兼用の場合は、一部)
  • 接待費(打ち合わせで使ったカフェ等の代金)

確定申告の時期に慌てないよう、日頃からレシートや領収書を管理しておくことが大切です。

経費になるようなものは全て同じクレジットカードで決算し、カード明細を見て計算するのも手です。

経費をどれだけ差し引けるかによって税金の額も変わってくるので、経費計算は忘れずにやりましょう。

確定申告は副業収入20万円を超えたとき

今回は、副業で確定申告が必要となる基準とその理由、確定申告をする際の手続きの流れについてご紹介しました。

  • 副業収入20万円を超えたら、確定申告が必要
  • アルバイトやパートの場合は「収入」、個人なら「所得」
  • 確定申告しないと脱税になる
  • 個人の仕事の場合は、経費の計算を忘れずに

「確定申告」と聞くと、複雑な手続きが必要でめんどくさく感じますが、順を追って手続きすればそう難しいことはありません。

副業収入がアルバイトでの収入や雑所得だけなら、簡単な白色申告だけですぐに終わります。

副業収入が20万円を超えたら、この記事を参考に今から少しずつ確定申告の準備を始めましょう。