働き方改革により、近年注目を集めている副業。

本業以外でも収入を得ることで、生活にゆとりとやりがいが生まれます。

英語力があるなら、それを生かして副業をするのがおすすめ。英語力は日頃から使っていないとどんどん衰えてしまいます。

副業で日常的に英語を使うことで、稼ぎつつも英語力をブラッシュアップできて一石二鳥です。

しかし、「どんな働き方があるのか分からない」という人も多いですよね。

そこで今回は英語が活かせる副業について詳しくご紹介します。

英語が活かせる3つの副業

英語が活かせる職業には、どんなものがあるのでしょうか。

今回紹介するのは以下の3つです。

  1. 翻訳ライター
  2. 英語講師
  3. 観光ガイド

それぞれについて詳しくご紹介していきます。

翻訳ライター

「英語を使う仕事」と聞いて、最初に思いつくのは翻訳の仕事ですよね。

翻訳ライターは、ただ海外の記事を翻訳するだけの仕事ではありません。海外情報をベースとして日本人向けに情報を付け足し、付加価値のある記事を書くことが求められます。

日本人がどんな情報を求めているのかを探るマーケティング力も必要です。

また、日本の情報を元に海外の人に向けて記事を書く仕事もあります。

近年増えてきているライターですが、その中でも英語が使えるライターは一握りです。競合が少ない分、稼ぎやすい職業といえるでしょう。

医療関係や不動産など、専門性の高い知識があれば高単価の仕事を受注できる可能性は上がります。本職と兼ね合わせることで相乗効果を得られます。

ライターの仕事はインターネット環境さえあれば場所を選ばずどこでもできます。

自宅や仕事終わりのカフェなどどこでもできるので、空き時間を生かして副業に取り組めるのが嬉しいポイントです。

翻訳ライターになるには

未経験から翻訳ライターの仕事を探すなら、クラウドソーシングを利用して実績を積むのがおすすめです。

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事を依頼したり受注したりできるサービスです。

ランサーズクラウドワークスなど様々なクラウドソーシングサイトがあります。複数のサイトに登録して受注できる案件を探してみると良いでしょう。

ライター募集しているメディアに直接連絡して依頼を受ける方法もあります。

クラウドソーシングで募集している案件の平均単価は英語1ワードにつき8~10円。

慣れてくると短時間で執筆できるようになり、報酬も上がります。

関連記事:【初心者必見】クラウドソーシングのオススメサイトと特徴を紹介

英語教師

国際化が進み、社内の公用語を英語にする会社が増えたり、小学校から英語の授業が始まったりと、英語が求められる社会になってきました。

それに伴い年齢に関わらず「英語を学びたい」という人は増えてきており、英語教師の需要も高まってきています。

ただ英語ができるだけではなく、人間対人間のやりとりなのでコミュニケーション能力も求められる仕事です。

人と関わるのが好きな人にはおすすめの仕事です。

英語教師になるには

英語教師と一言に言っても、学習塾や英語教室で教えるだけでなく、オンライン講師や家庭教師など様々な働き方があります。

学習塾や教室で教える教師になりたいのなら、副業OKな求人を探して応募しましょう。

アルバイトとしての募集もあるので、時間に融通を効かせたいならそのような求人を探すのがおすすめです。

オンライン講師なら、パソコンとスカイプを使えるネット環境ならどこでもできるので、自宅で自分のペースで働けます。

Flamingoで事業としてもできる

Flamingo」というアプリを利用して、事業として英語教師をすることもできます。

Flamingoとは、語学レッスンを受けたい生徒と語学レッスンをしたい先生のマッチングアプリ。

「近所のカフェでレッスンを受けたい」「仕事帰りに少しだけレッスンしたい」などお互いのニーズがマッチしたら、場所と時間を決めてレッスン開始します。

料金も時間も自由に設定できるので、稼ぎたい額や時間に合わせて自分のペースで働けます。講師側も生徒を選ぶことができるので、相性の良い相手と楽しくレッスンできるのも魅力です。

講師は5段階で評価されるので、満足度の高いレッスンを行って高評価を得るとたくさんの生徒を集めることができます。

インバウンド観光ガイド

海外からの観光客を案内する観光ガイドの仕事です。

英語でコミュニケーションを取りながら案内しなくてはいけないので、ネイティブとまではいかなくても日常会話レベルの英語力は必要となってきます。

お客さんは英語圏だけとは限らないので、相手に合わせてゆっくり話したり、ジェスチャーを交えたりと工夫も必要です。

近年では「定番の観光地巡りではなくて日本の普段の生活が知りたい。」というニーズも高まっています。

そのため、旅行会社が提供する観光ツアーではなくて個人が提供する観光ガイドを利用したいという外国人観光客は多いです。

個人対個人なので距離が縮まりやすく、お客さんが帰国してからも連絡をとりあい親交が続くケースもあります。「外国人の友達がほしい」「日本の良さを紹介したい」という人にはぴったりの仕事です。

インバウンド観光ガイドになるには

個人で活動するには、外国人観光客と日本人ガイドをマッチングするサービスを利用して仕事を探しましょう。

Huber.(ハバー)」や、「travee(トラビー)」など、様々なサービス」があるので自分に合ったものを見つけてください。業務委託でやっている会社もあります。

「料金の受け取りやツアーの内容決め、お客さんとの連絡など細かい作業は任せたい」「安定して仕事を受注したい」という方は業務委託がおすすめです。

Airbnbで事業としてもできる

格安で宿泊施設を探せるサービスとして人気の「Airbnb」。

Airbnbでは、宿泊施設だけではなく体験サービスの提供も行っています。

登録しておくことで、1人でもツアーの販売が可能です。

価格や内容は自分で決められるので、自由にツアーのルートを組むことができます。

英語の仕事はたくさんある

今回は、英語が活かせる副業をご紹介しました。

  • 翻訳ライター
  • 英語教師
  • インバウンド観光ガイド

英語がせっかく話せるなら、そのスキルを副業に使わない手はありません。

英語を活かした副業では、海外の情報に触れて視野が広がったり、海外の方との交流ができたり、お金だけでなく様々な経験を得ることができます。

英語力のブラッシュアップにも繋がるので、ぜひ英語を活かした副業に挑戦してみてください。