フリーランスに特化した新しい保険サービスがリリースされた!と聞いて、初めて知った「FREENANCE(フリーナンス)」。

    金銭面でいろいろサポートしてくれそうなのは分かったけど、具体的にどういいのか分からない…と思っていませんか。

    存在は知っていたけど、面倒で登録していないフリーランスの方は、正直もったいないです。

    金銭トラブルが起きた時に、自分で対処をしなければいけないフリーランスの方は、利用しない選択肢はありません。

    今回は、FREENANCE(フリーナンス)を利用するメリットやデメリットを詳しく解説します。

    フリーランスで仕事している方は、読んでおいて損はない内容ですので、ぜひ参考にしてください。

    フリーナンスの公式ページはこちら

    フリーナンスとはフリーランス向け保険サービス

    フリーナンスは、簡単にお伝えすると

    • 仕事中に発生した事故の損害補償を受けられる
    • 取引先への請求書を即日買い取ってもらえる(売掛債権)

    というメリットのあるフリーランス向け保険サービスです。

    詳しくは後述しますが、写真撮影中に、商品を壊してしまった場合などによる損害を補償してもらえます。

     

    また、資金繰りに困った際に、今後支払われる予定の代金(売掛金)を即日メインバンクに振り込んでもらうサービスもあります。

    金銭トラブルと出くわしたときに、個人で対処するのは、楽なことではありません。

    そんな金銭面での心配事をまとめてサポートしてもらえるのが、フリーナンスです。

    自分の身は自分で守らなければならないフリーランスだからこそ、万が一の事故に備えて登録しておいたほうがよいでしょう。

    ここからは、フリーナンスについてメリット・デメリットを分かりやすく紹介してきます。

    フリーナンスの3つのメリット

    フリーナンスには、以下3つのメリットがあります。

    • 維持手数料0円で収納代行用口座を開設できる
    • フリーランス特化のあんしん保証がある
    • 請求書を即日払いしてもらえる

    具体的にどのような内容なのか、1つずつ説明します。

    維持手数料0円で収納代行用口座を開設できる

    フリーナンス登録時に、収納代行用口座を開設できます。

    収納代行用口座は、フリーランスとしての事業収入を振込先に指定できるフリーナンスの振込専用口座です。

    なお、フリーナンスの振込専用口座は、開設や維持管理費は一切かかりません。

    口座名義を自由に設定に設定できるので、取引先からの振り込みの混乱を防げます。

    フリーランス特化のあんしん保証がある

    フリーナンスに登録すると、フリーランス特化型の損害賠償保険サービス「あんしん補償」が自動付帯されます。

    あんしん補償とは、仕事中に発生した事故や納品物の欠陥によるトラブルに対して、損害補償を受けられるサービスです。

    例えば、

    • 業務遂行中の事故
    • 仕事の結果の事故
    • 受託物の事故
    • 情報漏えい
    • 著作権侵害
    • 納品物の瑕疵
    • 納期遅延

    で発生した損害賠償に対して最大5000万まで、フリーナンスが補償してくれます。

    万が一のトラブルが発生した場合、会社の保険が適応されないフリーランスによって、安心できますね。

    請求書を即日払いしてもらえる

    フリーナンスでは、取引先への請求書を買い取ってもらい、即日払いしてもらえるサービスが備わっています。

    依頼先からの請求が翌月や翌々月で、支払いサイクルが間に合わない場合に、早期に資金化できるためキャッシュフローが改善できます。

    なお、取引先に知られる心配はないので、すぐに現金化できるのは、フリーナンスを利用するポイントです。

    フリーナンスの3つのデメリット

     一方で、フリーナンスを利用するにあたり、下記のようなデメリットも存在します。

    • 即日払いは手数料が3~10%かかる
    • メインバンクの振込が週1回
    • 個人間の取引には利用できない

    大きく損をすることはないですが、事前に確認しておきましょう。

    即日払いは手数料が3~10%かかる

    即日払い(取引先の代金をフリーナンスが代わりに即日払いしてくれるあんしん補償)を利用する場合、手数料が3~10%かかります。

    フリーナンスが、未回収のリスクを背負うことになることや、手間がかかる分、手数料が発生するのは仕方がありません。

    しかし、上記のような請求書を買取り、即日現金化してくれる同様のサービスの手数料が、最大20%かかるところもあります。

    そう考えると、資金繰りが苦しいときに手数料3~10%で即日現金化してくれるのは、かなり良心的でしょう。

    メインバンクの振込が週1回

    収納代行用口座に入金された報酬は、そのままの状態では使えないので、普段利用している銀行口座に移す必要があります。

    この収納代行用口座から銀行口座に振込があるのが1週間に1度となっています。

    そのため最大1週間、資金が利用できない期間が発生しかねません。

    すぐに現金化をすることは難しいですが、振り込み手数料が無料で使えるのは、嬉しいポイントです。

    個人間の取引には利用できない

    フリーナンスは、日本法人口座からの振り込みの場合のみ利用可能です。

    なので、個人間の取引の場合、利用するができません。

    フリーナンスの登録方法

    フリーナンスの登録方法について、図付きで紹介します。

    全体の登録の流れは下記の通りです。

    1. メールアドレスまたはSNSアカウントで登録
    2. 受信したメールのURLを開き必要な情報を入力
    3. 申し込み完了・審査結果を待つ

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    メールアドレスまたはSNSアカウントで登録

    まずは、公式サイトからアカウント登録をしていきます。

    登録の際には、以下のいずれかが必要です。

    • メールアドレス
    • Facebookアカウント
    • Googleアカウント

    今回はメールアドレスで登録を進めていきます。

    メールアドレスを入力して、会員登録をしましょう。

    受信したメールのURLを開き必要な情報を入力

    登録したメールアドレスにフリーナンスからメールが届きます。

    受信したメールアドレスに記載されているURLを開いて

    • パスワードの設定
    • 電話番号
    • 個人情報
    • 口座情報
    • 身分証の登録

    の情報入力をしていきましょう。

    申し込み完了・審査結果を待つ

    申し込み完了後は審査結果を待ちましう。

    本人確認においては、最短3時間以内に審査が完了するそうです。

    なお、口座名義を独自の名前で設定するなどした場合は、3時間以上かかる場合もあります。

    審査が完了したら、登録したメールアドレスに、会員登録完了の内容が届きます。

    URLをクリックして、ログインに進んでフリーナンスを利用しましょう。

    フリーナンスについてのまとめ

    フリーナンスは、即日払い時のみ3~10%の手数料がかかります。

    しかし

    • 収納代行用口座を開設(口座名義も自由)
    • 最大5000万の損害補償
    • 請求書を即日に現金化

    できるのが最大のメリットです。

    社会的に立場の弱いフリーランスは、登録しておいて損はないでしょう。

    また、登録や維持費は無料なので、余計な経費は一切かかりません。しかも、最短3時間で審査も完了します。

    ぜひ、この機会に登録しておきましょう。

    フリーナンスの公式ページはこちら