多くの会社員やアルバイトは職場に出社して働かなくてはいけません。

そのため、職場から遠い場所に住んでいる人にとっては、出社への負担が大きいですよね。

企業によっては、社員の負担を軽減するためにテレワーク、リモートワークなど、在宅で働ける対策を作っていますが、まだまだ多くはありません。

そんな中、在宅ワークで生計を立てている働き方としてフリーランスという職業もあります。

在宅で完結する働き方として魅力的であり、副業からでも始めやすい働き方として注目を集めています。

今回は在宅ワークで稼ぎたい人に向けて、在宅フリーランスの稼ぎ仕事獲得方法について紹介していきます。

フリーランスは在宅で稼げるのは間違いない

フリーランスは企業に属さずに業務委託で仕事をしている人のことです。

企業に属していないため、出勤する義務はなく、請け負っている業務が在宅で完了するなら家から出ずに在宅で稼げます。

これはインターネットサービスの普及により、仕事の獲得から支払いまで在宅で完結できるようになったからでしょう。

しかし、フリーランスは自由に働ける環境がある一方で、安定的に収入を得るのは簡単ではありません。

在宅フリーランスを目指したい方は副業的に小さく仕事を始めて見ることが良いでしょう。

最初はハードルが高い

ある程度スキルを持っている人であればフリーランスとして在宅で収入を得ることは難しくありません。

例えば、

  • アプリ開発
  • WEBサイトディレクター
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • オンライン秘書

などは会社に勤めている人も多いですが、自宅で仕事に従事することができます。

実際にこれらの仕事は、会社に勤めながら自宅で仕事をするいわゆるテレワーカー、在宅ワーカーが少なくありません。

そのため、現在これらの仕事をしている人は独立してフリーランスとして在宅ワークに切り替えることはそれほど難しくないです。

ただ、実際に現場に行かないとできない仕事(建設業やサービス業など)に従事している人は、在宅でも可能な仕事に切り替える必要があります。

そのためにはまず、在宅で出来る仕事のスキルを持たなければいけません、

フリーランスとして稼ぎ続けるハードルも高い

次に注意したいことは、在宅で働ける仕事のスキルを持っていても、フリーランスとして稼ぎ続けるのはかなり大変であるということです。

というのも、たとえWEBデザインができても、アプリ開発ができても、仕事を取ることができなければ収入は発生しません。

また、会社員の場合は仮に仕事が間に合わなかったとしても、その分給料がもらえないということがありませんが、フリーランスとして収入を得ると、仕事を完遂しないと報酬を得られません。

つまり、フリーランスは仕事をし続けなければ収入が得られない厳しい世界なんですよね。

オンライン秘書なんかも、秘書業務を出来る人はたくさんいると思いますが、それで自分で集客して生計を立てるのはかなり難易度が高いと思っています。

在宅で稼げるフリーランスの職業とは

ここでは実際に在宅フリーランスとして成り立ちやすい職種について解説します。

フリーランスの中にはインストラクターやカウンセラーなど、家から出ないと仕事ができない職業もあれば、在宅だけで稼げる職業もいます。

在宅で出来る仕事には、

  • ライター系
  • エンジニア系
  • デザイナー系
  • マーケティング系
  • 秘書、サポート業務

などがあります。

これらはインターネットがある環境があれば、在宅はもちろん、在宅以外でも仕事ができます。それぞれ解説していきましょう。

在宅で稼げるライター系職業

ライター系で稼げる職業はこれらです。

上記の職業は様々なwebメディアに業務委託で仕事を請け負っています。

ライターはコンテンツ記事やSEOを意識したライティングが求められていたり、編集者は記事の構成やライターが書いた文章の手直しなどを仕事にしています。

特にライターは未経験者からでも始めやすく、副業から始めている人も少なくありません。

翻訳者やコピーライターは専門的なスキルが必要とされているので、仕事単価も高い職業です。

 

在宅で稼げるエンジニア系職業

エンジニア系で稼げる職業はこれらです。

  • HTML・CSSコーダー
  • アプリケーションエンジニア
  • WEBエンジニア
  • ゲームエンジニア

コーダーはデザイン設計されたイメージをコーティングしてサイトにする仕事です。

その他のエンジニアはコーティング以外に、サーバーの構築やデバイスによってサイト設計を変えたり、コンピュータの知識は必須になります。

また、インフラエンジニアもエンジニアとして馴染みのある職業ですが、フリーランスで働く場合にはクライアントのネットワーク環境やハードウェアのプログラム等をを理解しなければいけないので、在宅だけで完結できる仕事ではありません。

在宅で稼げるデザイナー系職業

デザイナー系で稼げる職業はこれらです。

  • WEBデザイナー
  • イラストデザイナー
  • 3Dデザイナー

webデザイナーはwebサイトのデザイン、イラストデザイナーは企業やお店のロゴなどを制作しています。

デザインの仕事はPhotoshopやIllustratorなどのデザインツールを使うので、それらの作成ツールが使えることはもちろん、クライアントが求めているターゲットに合うカラーの選定も仕事の1つです。

デザイナーはアイディアやセンスよりの仕事なので、誰でも始めやすい職業ですね。

フリーランスのデザイナーはどんな仕事をしているのか?

在宅で稼げるマーケティング系職業

在宅で稼げるマーケティング系職業はマーケティングの中でもwebマーケティングに特化しています。

webマーケティングの中でもジャンルが様々あり、仕事としてはこれらになります。

  • webマーケティングコンサルタント
  • SEOコンサルタント
  • web広告運用代行

マーケッターによって得意な分野が分かれていて、webマーケティングのジャンルとしては上記のものが一般的でしょう。

就業未経験から始められるおすすめ在宅職業

月の収入を少しでもあげたいと考えている方や働いた経験が少ない専業主婦の方でも始めやすい在宅ワークを紹介します。

未経験からでも始められる職業はこれらです。

  • ライター
  • HTML・CSSコーダー
  • Webデザイナー

ライターは日本語が書ければ、誰でも始められる職業です。ただライターに必要なスキルとして文章力や構成力などが求められます。

単に、日本語が書けるからといって、継続できる職業ではありません。

また、HTML・CSSコーダーやWebデザイナーは未経験でも始めやすい職業です。

プログラミング言語は難しいと考えている人は少なくないかもしれませんが、言語を覚え、制作できる力を身につければ仕事受注までつながります。

ライターに関しては本サイトで詳しくまとめているので興味のある方は下記ページも合わせてご参考ください。

ライターが副業として始めやすい2つの理由を紹介!稼ぐための3ステップも解説

フリーランスが在宅で仕事を探す方法

在宅フリーランスは直接営業はあまりせず、在宅にいながら仕事を探しています。

フリーランスが在宅で仕事を探す方法として主にこれら2つです。

  1. クラウドソーシングを使う
  2. エージェントサイトを使う

それぞれ解説します。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングはフリーランスや副業の方向けの仕事求人サービスです。

有名なクラウドソーシングサイトはこの2つです。

上記2つのクラウドソーシングサイトには未経験からでも始められる仕事がたくさん掲載されているので、おすすめです。

クラウドソーシングに載っている案件は、細かな単位で単価分けされていて、案件の難易度もそれぞれです。

また、クラウドソーシングの特徴として、クライアントとの契約から支払いまで一括で仕事が完結します。面倒な事務処理がいらないので、フリーランスには嬉しいですね。

関連記事:クラウドソーシングは初心者でも稼げる?具体的な稼ぎ方を紹介

 

エージェントを使う

エージェントはクライアントを探してくれるエージェントを使い、仕事を見つけるサービスです。

有名なエージェントサービスはこの2つですね。

クラウドテックは未経験OK案件もあり、始めやすいかと思います。レバテックは経験者必須な高単価案件が多数掲載されています。

クラウドソーシングはとは違い、自分の条件に合った仕事が見つかりやすいのがエージェントです。

関連記事:フリーランスが利用するエージェントとは|おすすめエージェントを紹介

まず週1副業で月3万円を目指そう

今回は在宅ワークを考えている方向けに在宅フリーランスの実態について紹介してきました。

クラウドソーシングやエージェントから仕事を獲得すれば、在宅で仕事が可能です。

副業で行う方でも、未経験で初めて行う方でも、まずは月3万円から小さく稼げるか試してみましょう。

月3万円程度なら仕事量がすごく負担になることはありません。

この機会に在宅ワークを試してみてはどうでしょうか。