「フリーランスには未経験からでもなれるの?仕事を獲得することはできるのかな」

フリーランスになりたいと思っている方で、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではフリーランスに未経験からなるための具体的な方法を解説します。

具体的には、

  • フリーランスになるための必要なスキル
  • フリーランスの仕事の獲得方法

の順番に重要なポイントをご紹介します。

フリーランスになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスになるにはスキルが必要

当たり前のことですが、フリーランスになるにはスキルが必要です。

スキルがなければ、仕事の単価を上げることができません。

もしスキル0で独立したら、低単価の仕事しかすることができずに、生活が苦しくなってしまいます。

そのため、スキルを身につけることが必要です。

では、どのようなスキルを身につけることでフリーランスとして働くことができるのでしょうか?

未経験からでもスキルを身につけやすい職種を紹介します。

Web系フリーランスは未経験からでもなりやすい

Web系フリーランスは、未経験からでもなりやすいです。

理由としては、Web業界は圧倒的な人手不足だから。

Web系フリーランスの中でも、以下3種はおすすめです。

  • 経験を活かせる「Webライター」
  • 需要が高まる「プログラマー」
  • Webサイト制作の仕事はまだまだ求められる「Webデザイナー」

それぞれについてみていきましょう。

経験を活かせる「Webライター」

Webライターは、これまでの経験を活かせる職業なので未経験からでも始めやすい職業です。

理由としては、Webライターのメインの仕事であるライティングは、これまでの経歴や趣味などを活かして案件の獲得ができるから。

例えば、転職経験がある方であれば、転職系のジャンルのメディアのライティングができます。

そのため、Webライターはこれまでの経験を活かすことができる職業です。

詳しくは関連記事で紹介しています。

関連記事:フリーランスのライターはどのような仕事内容か?

需要が高まる「プログラマー」

プログラマーは、フリーランスとして働きやすい職業です。

理由としては、今後スマホアプリや人工知能の普及に伴い、プログラマーの需要が高まっており、スキルのあるフリーランスに仕事を依頼したい企業が多いから。

ただし、現在フリーランスとして働いているプログラマーの方は、最初は企業に属して経験や実績を積んで独立した方が多いです。

そのため、企業に属したり、プログラミングスクールに通うなど、スキルを身につけることは必須。

スキルを身につけることで、フリーランスのプログラマーになることは可能です。

詳しくは関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスのプログラマはどのように仕事をしているか?

Webサイト制作の仕事はまだまだ求められる「Webデザイナー」

Webデザイナーは、Webサイトのロゴや装飾、コーディングなどを担当します。

Webサイト制作の仕事はまだまだ求められており、Webデザイナーはプログラマーと同様にフリーランスとして働きやすい職業です。

詳しくは関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスのデザイナーはどんな仕事をしているのか?

ここまで、フリーランスになりやすい3つの職業についてご紹介しました。

  • Webライター
  • プログラマー
  • Webデザイナー

では、フリーランスになって仕事はどのように獲得していくのでしょうか?

フリーランスの仕事の獲得方法について詳しく解説します。

フリーランスの仕事の獲得方法3つ

フリーランスが仕事を獲得するために押さえておきたい方法は以下の3つです。

  • クラウドソーシング
  • SNSやブログ
  • コミュニティにつながる

それぞれの方法について解説します。

1.クラウドソーシングを活用する

フリーランスとして活動し始めた人は、まずはクラウドソーシングを活用することがオススメ。

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい企業と仕事をしたい個人をつなげるプラットフォームのことです。

クラウドソーシングを利用することで、営業にかかる時間を大幅に減らすことができます。

クラウドソーシングの活用方法については、それぞれの職業ごとに詳しく関連記事で解説しています。

クラウドソーシングでの仕事獲得方法に続いて、SNSやブログを活用しての仕事獲得方法についてご紹介します。

2.SNSやブログから仕事獲得

SNSやブログを活用して仕事を獲得することは可能です。

理由としては、SNSやブログで有益な情報を発信することで、クライアントからの信頼を得ることができるから。

例として、Webライターが趣味であるキャンプについてブログを更新しており、その記事を見たクライアントがキャンプに関する記事を書いて欲しいと仕事につながったことがあります。

そのため、フリーランスはSNSやブログを積極的に活用しましょう。

詳しくは、関連記事で解説しています。

関連記事:フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説

続いて、コミュニティとつながって仕事を獲得する方法についてみていきます。

3.コミュニティとつながって仕事獲得

フリーランスは、コミュニティとつながって仕事を獲得するのがオススメです。

クラウドソーシングなどでオンライン上で仕事を獲得することはできますが、やはり対面でコミュニケーションを取りたいと考えるクライアントも多くいます。

そのため、コミュニティとつながって「こういった仕事ができます」とアピールすることで、仕事を獲得へつながります。

フリーランスはコミュニティとつながって仕事獲得へつなげましょう。

フリーランスになるための方法まとめ

今回の記事の内容をまとめます。

  • フリーランスになるためにはスキルが必要
  • Web系フリーランスは未経験からでもなりやすい
  • フリーランスは仕事獲得方法は3つ

フリーランスは、未経験からでもスキルを身につけることでなれます。

これからフリーランスになりたいと考えている方は、参考にしてください。