会社員だと、社会保険は会社と折半になります。

何もしなくても勝手に毎月給料から天引きされるので、社会保険について深く考える機会はあまりないですよね。

しかしフリーランスになると、自分で社会保険に加入する必要があります。

フリーランスにも社会保険にはどんなものがあるの?
どうやって備えれば良いんだろう

など疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フリーランスの社会保険について詳しくご紹介します。

具体的には以下2つがフリーランスの社会保険です。

  • 国民健康保険
  • 国民年金

それぞれについて解説していきます。

前年度の所得で計算される国民健康保険

国民健康保険とは、区市町村が運営する健康保険制度です。

国民健康保険の金額は、前年度の所得によって計算されるため注意が必要です。

フリーランスになりたてだと、前年度までは会社で働いて給与を得ていた人も多いですよね。

前年度に会社員として高い所得を得ていると、現在はフリーランスで収入が安定していなくても、健康保険料が高くなってしまうことも多いです。

国民健康保険の他に、代わりとなる2つの制度があります。

  1. 任意継続
  2. 文芸美術国民健康保険組合(文美国保)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社会保険の「任意継続」

退職日までに2ヶ月以上継続して社会保険に加入していた方は、退職した後、社会保険の任意継続を使用できます。

任意継続を使用するには、退職日の翌日から20日以内に手続きする必要があります。

各都道府県の協会けんぽや各健康保険組合で手続きできるので、任意継続したい場合は退職したらすぐに手続きしましょう。

任意継続した場合、扶養家族は保険料の負担なしで加入できます。

扶養家族がいる人は社会保険の任意継続の方が保険料を抑えられます。

社会保険を任意継続できる期間は、加入してから2年間。その後は他の健康保険制度に加入する必要があります。

フリーランスになったばかりで収入を安定させるのは難しいもの。

国民健康保険は前年度の所得で保険料が決まるので、収入が安定していない状態で高い保険料を払わなければいけなくなります。

会社員として高収入を得ていた人は、社会保険の任意継続を検討するのがおすすめです。

フリーランスであれば文芸美術国民健康保険組合(文美国保)も利用可能

文芸美術国民健康保険組合(文美国保)は、国民健康保険組合のひとつです。

国民健康保険組合とは医師や、薬剤師、建築土木、フリーランスなど、同じ職種に就いている人たちを会員とする組織。

フリーランスであれば、職種は限られますが文芸美術国民健康保険組合(文美国保)を利用できます。

文芸美術国民健康保険組合には、文芸や美術、著作活動に従事しており、組合加盟団体に入っている人とその家族が加入できます。

「東京コピーライターズクラブ」や「日本イラストレーション協会」、「日本写真家協会」など64団体が加盟しています。

日本イラストレーション協会の職種は、イラストレーター、WEBデザイナー、漫画家、編集など細かく指定されています。

これに当てはまる事業をしているフリーランスは「日本イラストレーション協会」の会員として、文芸美術国民健康保険組合を利用できます。

文芸美術国民健康保険組合のメリットは、収入に関わらず保険料が一律なこと。

どれだけ収入が高くても保険料が上がらないので、収入が高い人にとってはおすすめの保険です。

目安として、所得が300万円を超える人は国民健康保険より文芸美術国民健康保険組合への加入を検討しましょう。

将来に備えるための国民年金

会社員は原則として厚生年金保険に加入しており、会社と折半して払っています。

フリーランスは厚生年金保険には加入しないので、国民年金のみです。

国民年金だけでは不安」という人は、確定拠出年金 (iDeCo)などを活用して自分で備えておく必要があります。

フリーランスだけでなく、会社員でも加入可能な確定拠出年金 (iDeCo)

確定拠出年金 (iDeCo)は、自分で作る年金制度です。

日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば原則誰でも利用できるので、会社員でもフリーランスでも加入可能です。

毎月一定の金額を積み立てて、予め用意された定期預金や投資信託といった金融商品を選び、自分で運用します。

積み立てたお金は60歳になるまで引き出すことはできず、60歳以降に年金または一時金で受け取ります

月額5,000円から積み立てられるので、収入がまだ低いフリーランスでも活用しやすい制度です。

傷病手当金の代わりに所得補償制度で備えよう

健康保険に入っている会社員の場合、ケガや病気などにより長期間仕事ができなくなったら、給料がもらえない分「傷病手当金」を受け取ります。

給料と同じ額とはいきませんが、3分の2ほどは受け取れるので収入が途絶える心配はいりません。

しかしフリーランスになると、傷病手当金がなくなります

変わる制度はないため、フリーランス協会の所得補償制度で備えておくと安心です。

フリーランス協会とは、フリーランスが働きやすい環境を整え、サポートする活動をしている協会です。

フリーランス協会に加入すると、任意で所得補償制度に加入できます。

病気やケガなどで仕事ができなくなった場合は、喪失する所得を保険金として受け取れる制度です。

所得補償制度はフリーランス協会に入らなくても加入できますが、フリーランス協会の会員は団体割引で安い価格で加入できます。

保険料を抑えられる上その他にも様々なメリットがあるのでお得です。

関連記事:フリーランス協会はフリーランスの味方!保険や福利厚生について解説

フリーランスの社会保険まとめ

今回は、フリーランスの社会保険についてご紹介しました。

  • フリーランスの社会保険は国民健康保険と国民年金がある
  • 前年度の所得が高い人は、社会保険の「任意継続」がおすすめ
  • 収入が高い人は「文芸美術国民健康保険組合(文美国保)」
  • フリーランスは国民年金のみなので、自分で備える

フリーランスになると、社会保険は全て自分で選択し、将来に向けて備える必要があります。

今回の記事を参考に、自分に合った保険制度を選びましょう。