フリーランスとして働いていたけれど、何らかの事情で正社員に戻りたいという人は多くいます。

生活を安定させるためだったり、会社に属してもっと大きな仕事をするためだったり、その理由は人によって様々。

どんな理由であれ、フリーランスとして働いていた経験が転職活動で不利にならないか心配になりますよね。

自ら営業や提案をして仕事を獲得して実績を積み重ねてきたフリーランスは、企業にとっては即戦力になり得る人材です。

フリーランスとしての経験や実績をアピールできれば、転職活動ではむしろ有利になります。

とはいえ、「フリーランスとしての職歴は、履歴書や職務経歴書にどのように記載したら良いの?」と悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フリーランスが転職活動する際の履歴書や職務経歴書の書き方、志望動機の伝え方をご紹介します。

ぜひ参考にして、希望の企業への転職活動を成功させましょう。

フリーランスの履歴書の書き方・記入例を紹介

履歴書は、採用・不採用を左右する大切な書類なので、正式な言葉で記入しなければいけません。

フリーランスの履歴書では、会社員の履歴書で定番の「○○株式会社 入社」「○○課 配属」といった言葉は使いません。

ではフリーランスに設立したときや廃業したときは、どのように記載したら良いのでしょうか。

ここでは、フリーランスの履歴書の書き方と記入例をご紹介します。

  • 設立時の書き方
  • 廃業時の書き方

それぞれについて解説していきます。

設立時の書き方

フリーランスは正式な名称ではありません。

法人を設立せずに個人で事業を行っている人は「個人事業主」と呼ばれます。

個人事業主として開業届を出している場合は「個人事業主として開業」、出していない場合は「個人事業主として活動」と記載します。

続けて、どんな仕事をしていたのかを具体的に記載します。会社員の履歴書でいう「○○課 配属」の部分ですね。

ライターであれば「ライターの仕事に従事」と記載します。

その後に「○○会社の仕事を請け負う」と具体的な実例を出すことで信頼を得られます。

クラウドソーシングで仕事を請け負っていた場合は、登録していたサイト名とどの職種で登録していたのかを以下のように記載しましょう。

「〇年〇月 クラウドソーシングサイト〇〇にライターとして登録」

どんな仕事をしていたのか、請け負った案件数なども記載しておくと良いでしょう。

廃業時の書き方

廃業した際は、個人事業主として開業届を出している場合は「一身上の都合により廃業」、出していない場合は「一身上の都合により活動停止」と記載します。

クラウドソーシングでサイトの閉鎖により廃業する場合は、「サイト閉鎖により登録解除」と記載しましょう。

フリーランスだと転職活動では不利になる?実績を話せば問題なし

フリーランスの経験を活かして、いかに企業に貢献できるかを伝えれば転職活動で不利になることはありません。

フリーランスとして積み上げてきた実績が認められれば、むしろ即戦力として期待されるでしょう。

どんな実績があり、その経験をどう企業に活かせるのかを具体的にアピールすることが大切です。

フリーランスの職務経歴書の書き方

これまでの経験をアピールするために重要な職務経歴書。

フリーランスの職務経歴書では、「〇〇株式会社Webコンテンツ記事 月間〇件作成」のようにどんな仕事をしてきたのかが一目で分かるよう具体的に記載しましょう。

目標に対する達成率やPV数、売り上げなどを数字で示すと分かりやすいです。

ライターやデザイナー、サイト制作では、実績が分かるURLも記載しておくと良いでしょう。

しかし、クライアントと極秘義務契約を結んでいる場合は勝手に企業名や案件の内容を公表することはできないので注意が必要です。

不安な場合は、職務経歴書に記載しても良いかクライアントに確認しましょう。

フリーランスからの転職は志望動機が重要

フリーランスからの転職活動では、志望動機がとても重要なポイントになります。

「なぜフリーランスから正社員になるのか?」を明確に伝えられる志望動機を考えましょう。

このとき、ネガティブな理由はたとえ事実であっても言わない方が無難です。

「フリーランスとして生計を立てることが難しくなった」「生活を安定させたかった」などのネガティブな理由は、あまり良い印象を与えません。

会社員だからこそできることに目を向け、ポジティブな志望動機にしましょう。

例えば、「フリーランスだと個人のためやれることが限られているので、より大きな仕事をするために会社で働きたい」といった理由だと、面接官も納得できます。

さらに応募先の企業を徹底的に調べ、この企業で何がしたいのか企業にどのように貢献できるのかを具体的に書くと説得力が増します。

フリーランスの活動を続ける場合は伝えよう

副業としてフリーランスの活動を続ける場合は、会社に伝えましょう。

働き方改革により副業を解禁する企業は増えてきていますが、就業規則で副業を禁止している会社も未だ数多くあります。

「フリーランスの活動も続けたかったのに、会社が副業を禁止していた…」と入社してから気付いても遅いですよね。

面接の段階でフリーランスの活動を続けたい旨を伝えておけば、入社後のミスマッチを防げます。

就業規則では禁止されていても、相談次第では認められることもあります。

会社は、「フリーランスと両立してちゃんと働いてくれるのか」という不安を抱えています。

会社の仕事に支障をきたさず両立するために、どのように取り組んでいくかを具体的に説明しましょう。

また、フリーランスの活動を続けていくことで本業に生かせる経験やスキルがあれば、それもしっかりアピールしておくと理解を得やすいです。

フリーランスの履歴書に関することまとめ

今回は、フリーランスが転職活動する際の履歴書や職務経歴書の書き方と、志望動機の伝え方をご紹介しました。

  • 履歴書には「開業・廃業」「活動・活動停止」と記載
  • 実績や経験を活かして企業にどう貢献できるのかアピールする
  • 実績はURLや数字のデータなど具体的に記載する
  • 志望動機はポジティブな理由を話す
  • なぜ会社員になるのかを明確に伝える
  • フリーランスも続ける際は伝えておく

転職活動する際は、フリーランスとしての経験が不利にならないか不安になりますよね。

しかし、即戦力になり得るフリーランスは企業にとっては採用したい人材です。

どんなことができるのか、どう貢献できるのかを具体的にアピールして、転職活動を成功させましょう。