フリーランスとフリーター、響きが似ているために混同してしまいがちですよね。

フリーランスもフリーターも正社員として会社に属しているわけではないので、「何が違うのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

確かに似ている点は多いですが、フリーランスとフリーターには大きな違いがあります。

フリーランスは、職種にもよりますが基本的には時間や場所の制約がなく、自由に働けるというメリットがあります。

今回は、フリーランスとフリーターの違いフリーランスになるための方法をご紹介します。

フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーターには、以下の3つの違いがあります。

  1. 雇用形態の違い
  2. 働き方の違い
  3. お金の違い

それぞれについて詳しくみていきましょう。

雇用形態の違い

フリーランスとは個人事業主として働いている人で、会社や組織に属さず個人で事業を行います。

ライターやエンジニア、デザイナー、イラストレーターなどその職種は多岐にわたります。

対してフリーターとは、契約社員やアルバイトなど、会社には属しているけれど非正規雇用で、正社員以外の働き方で生計を立てている人のことを指します。

働き方の違い

フリーランスの仕事は、委託がメインです。

委託とは、フリーランスが企業や組織と「いつまでに何を納品する」と契約を交わして仕事をすること。

そのため案件ごとに条件は異なりますが、働く場所や時間は自由に決められるので、自分の裁量で仕事をできます

また自分で仕事を選べるので、十分な収入さえあれば、苦手な仕事ややりたくない仕事はやらないという選択ができます。

 

対してフリーターは、お店や企業に雇用されている立場なので、上からの要望に応じて仕事をするのが基本です。

職場によってはシフトを柔軟に決められるところもありますが、仕事がある日は決まった時間、決まった場所に出勤するので、場所や時間はある程度固定されます

仕事内容を選ぶこともできないので、自分の好きな分野や得意な仕事ばかりやれるわけではなく、自由度は低いです。

お金の違い

フリーランスが得るお金は「報酬」と呼ばれ、一般的なサラリーマンやフリーターが得る給与とは違います。

報酬とは、委託契約において、労働やサービス、ものに対する対価として支払われる金銭のことです。

フリーランスは自分の裁量で仕事を調整できるので、稼ぎたいときはたくさん受注したり単価交渉したりと、自分の頑張り次第で収入を増やすことができます。

しかしフリーランスは、会社のように毎月決まった給料日があるわけではなく、締め日や報酬の支払い日はクライアントによって異なります。

いつどれくらいお金が入ってくるのか自分でしっかり把握しておく必要があります。

 

一方でフリーターが会社から受け取るお金は「給与」です。

給与も「労働に対する対価」なので報酬とそう変わらないように思えますが、報酬の場合との大きな違いは雇用関係を結んでいることです。

給与は、所得税や住民税などの税金が引かれた状態で口座に振り込まれます。

また社会保険の加入条件を満たしているフリーターは、社会保険料も天引きされます。

フリーターは時給が決まっており、入れるシフトもある程度固定されます。

そのため、給与の額はそこまで大きく変わりません。

たくさん稼ぐためには、アルバイトを掛け持ちしたり、たくさんシフトに入れる職場で勤めたりする必要があります。

フリーランスになるためには

ではフリーランスになるためにはどうしたら良いのでしょうか。

未経験からフリーランスを目指すのであれば、ライティングやサイト制作のスキルを身につけるのがおすすめです。

どちらも比較的身につけやすく、お金を稼ぐまでの時間も短いです。

それぞれのスキルを身に着けて、フリーランスになる方法をご紹介します。

ライティング

ライティングは、Webメディアや雑誌などの文章を書く仕事です。

未経験者におすすめなのが、Webメディアの文章を書くWebライター。

特別なスキルが無くてもすぐにお金を稼げるようになります。

ライティングのスキルを高めるには、様々な文章を読み語彙力をつけ、たくさん文章を書いてアウトプットすることが大切です。

はじめのうちは、経験を積むためにも幅広いジャンルで執筆するのがおすすめです。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

サイト制作

サイト制作は、HTMLやCSSなどの言語を用いてWebサイトを作る仕事です。

HTMLやCSSを学習するためには教室やオンラインスクール、書籍などもたくさんありますが、無料で活用できる学習サービスもあるので、まずはそれらを活用しても良いでしょう。

おすすめはProgateとドットインストールです。

丁寧で分かりやすいので、初心者が基本的なことを理解するためのツールとして最適です。

関連記事:ウェブ制作の仕事につながるhtml、cssの勉強方法を解説

案件を獲得する方法

未経験からフリーランスになる場合は、クラウドソーシングを活用するのがおすすめです。

クラウドソーシングとは、インターネットを介して仕事を受注できるサービスです。

ランサーズやクラウドワークスなどの大手サービスに登録しておけば、初心者でも案件を獲得しやすいので実績を積むことができます。

実際に仕事を受注して納品することで、編集者からのフィードバックをもらえることもあります。

実績ができてきたら、メディアや企業に直接提案してみましょう。

フリーランスとして仕事を獲得するには、提案力が必要不可欠です。

自分が相手に対してどのように貢献できるのかを明確に伝えられるスキルを身に着けましょう。

関連記事:フリーランスで仕事探しをするなら、提案力が必要。その理由を解説

まとめ

今回は、フリーランスとフリーターの違いと、フリーランスのなり方をご紹介しました。

  • フリーランスは時間や場所に縛られず自由に働ける
  • フリーランスになるには、ライティングとサイト制作がおすすめ
  • クラウドソーシングを活用して実績を積む
  • 仕事を受注するには提案力が大切

フリーランスとフリーターは、似ているようで全く異なる働き方です。

どちらも正社員と比べると不安定な面も多いですが、場所や時間に縛られず働けるのはフリーランスの大きな魅力です。

より自由に働きたいのであれば、フリーランスを目指してみてはいかがでしょうか。