「フリーランスが子育てと仕事を両立させることはできる?」
「どれくらい稼ぐなら扶養に入ったほうがお得なの?」

フリーランスとして働いていて、これから子育てを考えている方であればこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

これまでの仕事に加えて育児まで両立できるか不安になりますよね。

そこで、今回の記事ではフリーランスが子育てと仕事を両立するためのポイントについて解説していきます。

具体的には、

  • 子育てと仕事を両立するには柔軟さが重要
  • フリーランスが子育てするメリット
  • 扶養に入るほうがいいのかの目安

の順番に紹介していきます。

これから子育てを考えているフリーランスの方の参考になれば幸いです。

子育てと仕事を両立させるために重要なポイントは柔軟さ

フリーランスが子育てと仕事を両立させるために重要なポイントは、柔軟さです。理由としては、どうしても仕事よりも子育てを優先しなければならない時期があるからです。

仕事よりも子育てを優先する時期は例えば、子供が生まれてから保育園に預けられるようになるまでの期間です。保育園に預けるまでの期間は、子供がお昼寝したタイミングや夜寝かしつけた後などしか仕事でまとまった時間を確保することが困難な時期。

子育てと仕事どちらを優先するかを時期に合わせて柔軟に対応するのが、子育てと仕事を両立させるさせるためのポイントです。

保育園に預けるのは苦労するパターンが多い

「フリーランスが保育園に預けるのは苦労する」

というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には「フリーランスとして働いているから保育園に入りにくい」のではなく、「開業届を出さずに働いているフリーランスは、自治体が定めたポイント制で加点が得にくい」ということです。

この理由としては、認可保育園に入園希望の場合は各自治体が定めた条件があり、ポイント制であることが関連します。

詳しくは関連記事で解説していますので、ぜひご一読を。

関連記事:フリーランスの子供は保育園に入れるのか?入りやすい方法は?

病児保育も有効活用して仕事の時間を確保

病児保育は一般的に、親が就労していて保育園に通っている子供が病気になった時に、病気の子供の世話をすることです。病児保育を活用することで、子供が病気になった場合でも仕事の時間の確保ができます。

フリーランスはスケジュールを調整しやすいのがメリットですが、どうしても外せない仕事もあるかと思います。そのような場合に病児保育を有効活用してみるのがおすすめです。病児保育を利用するためには、事前に施設への登録が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

仕事と育児に追われないよう気分転換を

フリーランスは会社員と違って雇用保険などがなく、自分自身で守らなければいけないので常に仕事のことが離れないという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

子育てが始まると仕事の悩みに加えて、子育ての悩むも増えてきます。そのため、人によってはいっぱいいっぱいになってしまい疲弊してしまう方も。

そうならないためにも、気分転換を図るのが大切です。

  • パートナー
  • 両親
  • ベビーシッターサービス

などに子供のお世話をしてもらう時間を確保し、積極的に気分転換をしていくのがおすすめ。自分に余裕がないと、子供にも伝わってしまいます。

ここまでフリーランスが子育てと仕事を両立するためのポイントについてご紹介してきました。

子育てと仕事の両立は大変ですが、フリーランスが子育てするからこそのメリットも。続いてご紹介していきます。

フリーランスとして子育てするメリット2つ

フリーランスとして子育てするメリットは以下の2つです。

  • スケジュールを柔軟に対応できる
  • 隙間時間を有効活用できるようになる

それぞれのメリットをみていきましょう。

1.スケジュールを柔軟に対応できる

フリーランスが子育てするメリットは、スケジュールを柔軟に対応できることです。フリーランスであれば会社員と違い、自分でスケジュールを立てることができるからです。

そのため、子供のスケジュールに合わせて仕事量の調整なども可能に。また、子供が熱を出しても、同僚などに迷惑をかけることなく保育園などへの送迎ができます。

子育てと仕事を両立させるためには、日々のスケジュールで仕事のタスクを落とし込むのではなく、柔軟に対応できるよう週単位や月単位でのスケジュール組みがおすすめです。日々のタスクを落とし込んでいる場合、子供の突発的な用事で仕事ができなかった場合に「今日は仕事ができなかったな」と落ち込んでしまいます。

しかし、週単位や月単位で余裕を持ってスケジュールを組んでおくことで、突発的なことにも対応が可能です。

2.集中力が高まり隙間時間を有効活用できる

フリーランスが子育てするメリットは、集中力が高まり隙間時間を有効活用できることです。子育てと仕事を両立させるためには集中力が必要です。そのため、自然と家事や子育ての隙間時間を有効活用できるように集中力が高まります。

ただし、隙間時間だけでは対応できない仕事もあると思いますので、前述した保育園や病児保育、ベビーシッターなどを利用して時間の確保を行いましょう。

また、フリーランスは他にも

  • 通勤時間がない
  • 作業の合間に家事が行える

などのメリットもあります。フリーランスならではのメリットを活かして子育てと育児の両立に取り組みましょう。

ここまでフリーランスが子育てするメリットについてご紹介しました。

続いて、子育てに注力するから仕事量を抑えようと考えている方が、いくらまで稼ぐなら扶養に入ったほうがいいのかの基準について解説していきます。

38万円以上稼げるなら扶養に入らないほうがお得

結論から言いますと、所得が38万円以上なら扶養に入らないほうがお得です。理由としては、配偶者控除の控除額が38万円までだから。所得が38万円以下の場合は扶養に入るのがおすすめです。

注意点として、ここでの所得額は

収入ー必要経費=所得

なので、収入だけで判断しないようにしましょう。

「扶養内でパートするなら103万円までと聞いたけど違うの?」

と疑問に持たれるかもしれませんが、パートの場合は基礎控除の38万円と65万円の給与所得控除の合計の103万円が基準となるからです。

フリーランスの方は給与所得控除を受けることができませんが、青色申告で申告することで青色申告特別控除の65万円を受けることができます。

青色申告については関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:青色申告のメリットは?青色申告と白色申告はどちらにすべきか

子育てと仕事を両立してキャリアアップを目指そう!

今回の記事をまとめます。

  • 子育てと仕事のバランスは柔軟に対応しよう
  • 子育てはフリーランスだからこそのメリットも多い
  • 所得に応じて扶養に入るか検討しよう

子育てと仕事を両立させるのは大変ですが、フリーランスであればキャリアを諦めることなく仕事を続けることができます。子育てと仕事を両立し、キャリアアップにつなげていきましょう。